地上デジタル放送に切り替わって、かなりの年月が経過しました。
古いテレビゲーム機器などをプレイするときには、画素数の関係からアナログテレビを使ったほうが良い場合があります。
また、チューナーを取り付けてしばらくの期間アナログテレビを使っていたという方も少なくないようです。

自宅で今は使っていないアナログテレビや、現在主流となっている液晶テレビなどを処分したい場合、どのような方法があるかをまとめました。
買取ってできるの?そんな質問にもお答えしてまいります!

テレビを処分する方法はどんなものがある?

テレビを処分する方法はどんなものがある?

自宅にあるテレビを処分する方法にはいくつかあります。ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

①リサイクル品として回収してもらう

テレビは、粗大ごみとして処分することはできません。
そのため家電リサイクル法にのっとり、リサイクル品として手放すことになります。

処分するには、家電リサイクル券を購入したうえで、家電販売店に回収してもらうのが一般的です。リサイクルセンターに集められたテレビは、適切に解体されリサイクルに回されます。

②リサイクルショップで買い取ってもらう

アナログ放送の停波前にアナログテレビの生産はほぼ終了していますし、現在はアナログ用チューナーがなければデジタル派を受信できません。

そのため、アナログテレビなどは「製造年より5年経過」「使用用途がない」という理由で拒まれる可能性も否めませんが、リサイクルショップで買い取ってもらえることもあるようです。
買値はつかない可能性がありますが、テレビゲーム専用のテレビやビデオ鑑賞専用といった用途であれば、アナログテレビでも問題はありませんので売れる可能性が残されているからです。また、部品回収などの理由で買い取ってもらえることも考えられます。

テレビを無料回収してもらうことは可能?

テレビを無料回収してもらうことは可能?

先にも触れましたが、テレビはリサイクル家電法対象の家電ですので、リサイクル料として所定の料金を支払い、リサイクルを依頼しなければなりません。
そのため、基本的に「無料回収」はあってはならない、ということができます。

ただし、リサイクルショップなどで仕入品として販売できる余地は残されているので、無料で引き取りといった形で、買値をつけず引き取ることがあるかもしれません。
回収を依頼するお店によって対応は異なりますので、事前に問い合わせましょう。

また、地域を巡回する「家電無料回収車」は、ブラウン管テレビが活躍している海外へ輸出するための仕入れをしていることがあるようです。正規のルートに乗せずに輸出するケースも考えられるので、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

ブラウン管などアナログテレビと液晶テレビでは処分方法や回収費用は変わる?

ブラウン管などアナログテレビと液晶テレビでは処分方法や回収費用は変わる?

16インチ以上のテレビ・自社リサイクル工場を持っているメーカーのものを基準にして、家電リサイクル法による回収費用を調べました。
アナログテレビ、液晶テレビの回収費用は以下のようになります。

・ブラウン管式テレビ…2,376円(税込)
・液晶、プラズマ式テレビ…2,916円(税込)

使われている部品や構造が異なるため、費用に数百円程度の差が出ています。
また、処分方法に関しては液晶テレビもアナログテレビも同様に、事前に家電リサイクル券を購入し、家電販売店などに回収を依頼する方法が基本の処分方法となります。

テレビを買い取ってもらう場合の買取相場

テレビを買い取ってもらう場合の買取相場

リサイクルショップでは、どのくらいの価格で買い取ってもらえるの?という不安を持つ方も少なくありません。
リサイクル券を購入し回収を依頼するよりも、買取という形で不用品を回収してもらえる方が、お金も手元に入るためお得です。
誰もが気になるリサイクルショップにおける、テレビの買取相場を調べてみました。

液晶テレビ・プラズマテレビの場合は、32インチまでの小型のもので1,000円~2,000円程度が相場となります。また動作確認ができれば、製造から10年を経過したものでも買い取ってもらえることがあります。40インチを超える大型のテレビになると買取価格は1万円を超え、製造年が新しいものの方が高く買い取ってもらえます。

一方、アナログテレビは製造終了後7年以上の年月が経過しています。そのため、買い取りをせずにリサイクルを行うことが中心となっているようです。
また、家庭で眠っているアナログテレビも少なくなっている傾向にあるため、買取相場が出せない状況です。

先に触れた小型液晶テレビでも1,000円からの買い取りとなります。これをもとに考えると、アナログテレビはサイズを問わず、1,000円程度の買取価格になるのではと推測できます。

アナログテレビや液晶テレビの処分方法とは?テレビの買取相場も紹介まとめ

まとめ

一般的なアナログテレビや液晶テレビなどを処分する場合は、リサイクルに出すことが前提となります。
ただし、手のひらサイズなどコンパクトなテレビである「ポータブルテレビ」は「小型家電」に分類されるため、家電リサイクル法の対象外です。ですので、自治体が指定する方法で処分することができます。

また、大きなテレビなどを買い取ってもらうために、リサイクルショップへアポイントを取ることもあるでしょう。しかし家電リサイクル法が存在するため、テレビの買取を積極的に行わないお店も存在します。
すべてのお店が出張買取を行っているのではなく、持ち込みのみ対応としているお店もありますので、買取を希望する場合は事前に「出張買取が可能か」をお店に確認することをおすすめします。

不用品回収業界最安値

【2018年11月06日 10時48分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事