新しいものに買い替えた場合や、調子が悪いなどのなどの理由から、今お持ちのテレビを処分したいと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。漠然とご存知の方も多いかと思いますが、テレビを処分する場合、簡単に捨てるといった方法をとることができません。その理由は、家電リサイクル法があるためです。

古いテレビ

家電リサイクル法とはどのようなものか

家電リサイクル法とは、一般の家庭などから廃棄される特定の電化製品を処分する方法を法律で定めたものとなります。特定の家電製品とは、具体的にはテレビのほか、エアコンや冷蔵庫、洗濯機などがあてはまります。これら家電製品の再利用可能な部品をリサイクルし、また廃棄物の量を削減することを目的としています。家電リサイクル法に乗っ取ってテレビを捨てる場合には、指定された処分方法に準じる必要があり、さらに費用が発生します。指定された処分方法はお住いの市区町村に不用品回収について問い合わせをする、指定引取場所に持ち込む、電気店などに引き取りを依頼するといった方法があげられます。またリサイクル料金は一律ではなく、商品や製造されたメーカーなどによっても異なります。

費用が発生しない方法ですてるには

テレビを廃棄する時に、家電リサイクル法を利用した場合には費用が発生します。ですが費用をかけずに捨てる方法もいくつかあります。方法としては、リサイクルショップやインターネットオークションを利用して売却を行う方法や、新しくテレビを買い替えるタイミングであれば購入した電気店に不用品回収で引き取ってもらうといった方法があげられます。リサイクルショップであれば、利用年数がさほどない場合やサイズが大きいなどのメリットがあれば、査定額としてお金がもらえる可能性もあるでしょう。電気店に引き取ってもらう方法では、お店にもよりますが無料で引き取りをしてもらえることもあり、買い替えによりテレビを捨てる場合にはおすすめできる方法と言えるでしょう。

安易に不用品回収業者を利用しない

このようにテレビを捨てるといった時にはいくつかの方法があります。ですが手間がかかる、費用が必要となる場合があるなどの理由から、何かで目にした不用品回収業者に依頼するといった方もおられるかもしれません。すべての不用品回収業者に問題があるわけではありませんが、中には無許可で行われている場合もあり注意が必要となります。そのような場合ですと、法律に準じた処分がされないばかりではなく、最初は無料と言っておきながら後から高額の請求があるなどのトラブルが発生してしまうケースもあります。不用品回収の場合、よほどよい状態のものでなければ無料で回収してもらえることはありません。そのため、無料で回収などを広告されている、また信頼性がないと思われる不用品回収業者には注意しましょう。

テレビを不用品回収で処分するまとめ

まとめ

テレビを処分する場合には、普通の家庭ごみのように捨てることはできません。テレビは何年も利用するものですし、捨てるタイミングもそれほど多いものではないと思われます。そのような理由から、実際に捨てなければいけない場合には戸惑われることも多いことでしょう。処分する方法としては、家電リサイクル法に準じる方法や、費用をかけない方法としてはリサイクルショップやインターネットオークションを利用する方法、購入時に電気店に古いものを引き取ってもらうなどの方法があげられます。買い替えや引っ越しなどでテレビを廃棄するタイミングが発生した場合には、事前に情報を集め、処分方法を検討しておくとスムーズに商品の入れ替えや廃棄を行うことが可能となります。特に買い替えの場合であれば、電気店に引き取ってもらうことが簡単な方法となりえます。そのため購入時に引き取りや下取りなどが可能なのか、確認することを忘れずにおこなうようにしましょう。

不用品回収業界最安値

【2018年12月13日 11時51分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事