不用品を処分してもらうには廃品回収業者が一発で片付くため重宝します。
ただし、中にはお金を騙し取ろうと考えている悪質な業者もあり、騙されないようにしなければいけません。
その為には廃品回収業者の情報をできるだけ多く集めて、予防策を取るしか方法はありません。
実際に予防策を取るためのポイントや、どう見極めればよいのかを見てみましょう。

廃品回収業者とは何?

廃品回収業者とは何?

そもそも廃品回収業者とはどのような業者なのでしょうか。
不用品を回収してくれる業者であることぐらいはわかっていても、具体的にどのような作業を行ってくれるのかを詳しく紹介します。

◇廃品回収業者は何をするの?

廃品回収業者とは、使わなくなった不用品を回収してくれる業者のことです。
資源を再生する目的で回収しています。
基本的にはどんな種類の不用品もまとめて回収してくれるため、不用品の処分を希望している人にとって一度に全部を処分できるので大変便利な存在です。
回収方法や料金システムは業者によって変わるため、中には不用品買い取りや清掃などのサービスを行っているところもあります。

◇廃品回収業者へ依頼するときのメリットとデメリット

廃品回収業者を利用すると、自宅まで不用品を回収しに来てもらえます。
自分の時間の都合に合わせて利用できるため、忙しい人にとっても大変便利です。
大量の不用品がある、分別するのが面倒、大型の不用品がある、自分で運ぶことができない、不用品を処分する時間がないといったときに利用します。

ただし、廃品回収業者の中には悪質な営業をしているところもあるため、業者選びには注意が必要という点がデメリットです。

◇最近の廃品回収業者の傾向

最近は、回収だけでなく廃品の買い取りや部屋の清掃・遺品整理などさまざまなサービスを行う業者が多くなっています。
そのため、引っ越しや空き家になった実家の片づけなどを廃品回収業者に依頼する人が増えてきています。
体力がなくて片づけが困難、遠方に住んでいるので何度も足を運べないという人にとっても、大変ありがたい存在になってきているのではないでしょうか。

廃品回収業者を見極めるポイント

廃品回収業者を見極めるポイント

不用品回収業者の中には優良な業者もあれば悪質な業者もあります。
そんな業者の中でどうやったら優良な業者を探し出せるかが重要です。
優良な業者を選ぶためのポイントを詳しく紹介します。

◇一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ている

家庭から出た不用品を回収するためには、自治体ごとに発行される一般廃棄物収集運搬業の許可が必要です。
この許可は簡単に取得できないため、取得している業者であれば安心できます。
また、不用品の買取・転売を行うには、警察から発行される古物商の許可が必要になります。
買取も依頼する場合は、必ず両方の許可について確認しましょう。

◇実績はどのくらいあるのくらい

業者のホームページを細かくチェックし、創業年数や過去の実績を確認しておきます。
悪質業者であれば、長年にわたって経営を維持することはできないはずです。
金銭トラブルや不法投棄を繰り返すだけ繰り返し、逃げてしまうのが悪徳業者の手なのです。
会社の歴史は信頼の証しと考えてよいでしょう。

◇見積書の内容は明確?

悪徳業者を見極める上で、見積書の内容は非常に重要です。
安い金額の見積書を出しておき、後になってさまざまな理由をつけて金額をつり上げる悪徳業者はたくさんいます。
そのため、不用品1つ1つの単価を明記していない・追加料金の有無についての記載がない業者は、悪徳業者と考えたほうがよいでしょう。

◇業者は住所と電話番号は明かしているか?

住所や固定電話の番号を明らかにしていない業者は、ほぼ確実に悪徳業者です。
特に多いのが、業者のホームページがなく住所も公開していない、チラシなどに携帯電話の番号だけを載せて宣伝している業者です。
所在地を明らかにしないのは、いざ何かのトラブルがあったときに居場所をつきとめられないようにするためです。

◇無料回収をする業者

無料回収業者を利用する際は、なぜ無料で回収が可能なのか、その理由をきちんと説明できる業者を選びましょう。
優良な業者であれば、回収した不用品を再販売・再資源化することで利益を得ている旨をしっかり説明できるはずです。
まずは、ホームページに理由が記載されているかチェックしてみましょう。

廃品回収業者とのトラブルと予防

廃品回収業者とのトラブルと予防

不用品の無料回収を宣伝しておきながら、実際には作業終了後に高額な料金を請求してくる業者もいます。
払えないのであれば元に戻すための作業量を請求してきたりします。
不用品をトラックに積み込んだ後で基本料金は無料だが、積み込み料金がかかる、リサイクル料金が別途発生するなどといわれることがあります。
事前に説明がなかったことを抗議しても相手は完全に無視というケースがほとんどでしょう。

◇無料回収のはずが高額な料金を請求

無料で不用品を回収しますと宣伝しておいて、実際に利用したら費用を請求された例はたくさんあります。
特に、トラックでスピーカーを使ってアナウンスしながら近所を回っているような業者に多いでしょう。
この場合、不用品をトラックに積み込んだ後で苦情を言っても全く聞き入れてもらえません。
そのため、積み込み作業を開始する前に、何度でも相手の返事があるまで本当に費用が発生しないのか、必ず確認してください。

◇見積もりの3倍以上の金額の請求

事前の無料見積もりで出してもらった金額より、3倍以上高額な料金を請求された事例もあります。
思ったより多かった、リサイクルしにくいものが含まれていたなど、都合のよい理由をつけて引き取り金額をつり上げてきます。
見積もりと違うので払えないというと脅された例もたくさんあります。

◇業者が回収した不用品が不法投棄した

回収してもらった不用品が、後日道ばたに捨てられていたというケースもよくあることで珍しくありません。
不法投棄は持ち主の責任になるため、行政から注意を受けることになる可能性もあるのです。
慌てて業者に連絡をしたが、連絡がつかないという事態になる場合がほとんどでしょう。

◇不用品を相場よりはるかに安い金額で買取

不用品回収業者の中には、不用品の買取を同時に行っている業者もあります。買取を依頼したとこで」、相場よりはるかに安い金額で買取されてしまった例も少なくないでしょう。
「相場を調べてみたところ、本当は3倍以上の価値があった」というように、悔しい思いをする人も多いのです。

優良業者選びのポイント

優良業者選びのポイント

では、どのような業者を選べば安心なのでしょうか。
業者選びのポイントや注意点をまとめました。

◇選び方のポイント

廃品回収業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にしてください。
十分な実績があるか、HPの内容が充実しているか、無料見積もりを受け付けているか、見積書の内容が明確であるかです。

事務所の住所と電話番号が明記されていてスタッフの対応が丁寧であるかも重要です。

◇料金の見極め

最初から1社だけに絞るのではなく、複数の業者に無料見積もりを依頼し、提示された見積書の内容を比較してみましょう。
そうすることで、大まかな費用相場を把握できるはずです。
提示された見積もりが高すぎるのか安すぎるのか判断できるため、料金トラブルの回避につながるでしょう。

◇見積書で判断

見積書は事前に、必ず書面かメールでもらっておくようにしましょう。
口頭だけだと証拠が残らないため、トラブルの原因になります。
また、積み込み料金や処分料金などが別途発生することはないかも確認し、その旨を書面に記載してもらうよう徹底してください。

◇領収書をもらう

回収後、不用品をどのように処分するのかも確認します。
優良な業者であれば、処分方法をきちんと説明してもらいます。
万が一、不法投棄されてしまった場合、自分が責任を問われる可能性もあるということを忘れないでください。

◇不用品の処分方法の確認

回収後、不用品をどのように処分するのかも確認しましょう。
優良な業者であれば、処分方法をきちんと説明できるはずです。
万が一、不法投棄されてしまった場合、自分が責任を問われる可能性もあるということを忘れないでください。

◇複数の業者の見積もりを比較

最初から1社だけに絞るのではなく、複数の業者に無料見積もりを依頼し、提示された見積書の内容を比較してみましょう。
そうすることで、大まかな費用相場を把握できるはずです。
提示された見積もりが高すぎるのか安すぎるのか判断できるため、料金トラブルの回避につながるでしょう。

◇注意点

その業者について実際に利用してみなければ、分からない点もあります。

利用する前に少しでも知るためには、インターネットで口コミや評判を検索してみてください。
口コミを見ることで、実際にその業者を利用した人たちの感想は、ある程度参考になります。
ただし、業者自身が書き込んだニセの口コミも混ざっている可能性があるので見極めが大切です。
できるだけ複数の口コミをチェックし、業者に依頼しても大丈夫かどうかをある程度判断しましょう。

廃品回収業者を見極めるポイント!トラブル予防!まとめ

まとめ

廃品回収業者について作業内容や回収してくれる不用品などを紹介してきました。
紹介した内容で不用品回収業者が何をしてくれるのかは、分かったのではないでしょうか。
大量の不用品をどう処分しようかと思っている人に、は参考になる情報だったのではないでしょうか。

業界最安値

【09月27日 14時11分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月27日 14時11分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事