サラリーマンの諸君には転勤は常に付きまとう厄介な辞令です。
転勤時には転勤する場所によってはアパート探しと引っ越しでてんてこ舞いになりかねません。
さらには引っ越し準備もかかります。
できるだけ安く済ませるためにいろいろな方法を紹介しています。
何をどうしたらいいのかわからない人には勉強になる情報ばかりを紹介しています。
詳細を見ていきましょう

転勤時期の引っ越し

転勤時期の引っ越し

サラリーマンをやっていると転勤は日常茶飯事です。
転勤を言い渡されると転居先を見つけてから引っ越しをしなければいけません。
引っ越しの時には、持って行けない大きな家電などは引っ越し先で買い替えた方が安くつくときもあります。
転勤時期には不用品も出てくるので、不要品の処分を同時にしなければいけません。

◇転居先を探すのが大変

転勤時期は転居先を探すのが大変です。
会社の社宅があればそこまで大変ではないのですが、どちらにしても引っ越しをしなければいけません。
できれば引っ越し費用は押さえたいものです。
引っ越し業者の時期別の費用相場を紹介します。

1月~3月の時期は特に多いのですが単身者は引っ越しがしやすい時期です。
全体的には混みまくりで、希望日に引っ越しするのは至難の業です

4月~5月は大分少なくなり引っ越しはしやすくなります。
ただし単身者には不向きな時期です。
一般的にじっくり探せます。

6月~8月は忙しくもなく日までもない普通に依頼で来て引っ越しも楽です。

9月~10月の引っ越しは多く、企業の移動時期でもあります。
この時期はファミリーが移動する機会が多くなり引っ越し業者探しも大変です。

11月~12月は忙しくもなく日までもない普通に依頼で来て引っ越しも楽です。

◇引っ越し業者探しが大変

引越し料金が高くなる時期は、繁忙期と呼ばれる3月と4月です。
この時期は、ほとんどの引越し業者が料金を高めに設定しています。
そのため、引っ越しの費用を少しでも節約したい方は、この時期の引っ越しは避けたいです。
また、繁忙期は引っ越しの依頼が集中するため、引越し業者のトラックが埋まりやすく、希望日に引越しできないということが度々発生します。
引越し料金を安くするには、次の3つのポイントがあります。
一番安い引越し業者を選ぶ
引越し料金が安い曜日を選ぶ
引越しに必要な費用を安くする引越し料金の相場は時期によって大きく変動します。
これは1年を通して、引越し業者に「通常期」と書き入れ時になる「繁忙期」があるからです。

引越しの依頼が集中する春先の「繁忙期」は、多くの引越し業者が料金を高く設定して業務を請け負っています。
例えば、同じ業者に同じ条件の引越しを、別々の時期に依頼した場合の料金は次のようになるイメージです。

通常期(5~2月)の引越し料金相場:31,000円

繁忙期(3、4月)の引越し料金相場:53,000円

通常期と繁盛記ではほぼ2倍近く料金に差が出ます

転勤するときの引っ越しで出る不用品の処分方法6選

転勤するときの引っ越しで出る不用品の処分方法6選

転勤をするときには、どうしてもゴミが発生します。
通常のゴミは一般ごみで捨てられますが、粗大ごみとなるとそう簡単にはいきません。
引っ越し時期と粗大ごみの処分を合わせなければいけませんし、業者にも依頼をするときにできるだけ希望の日に処分してもらいたいものです。

◇自治体の粗大ごみセンターで処分

自治体に連絡後、コンビニ等で購入できる粗大ゴミ処理券を貼って指定の日に指定の場所に置いておきましょう。
家まで回収に来てくれる場合もありますが自分で持ち込むことができれば、費用が安く済む可能性があります。
インターネットから申込みができるので時間がない人でも簡単に手続きはできますが、地域によって料金は異なるので事前に確認しておきましょう!

◇家電製品は購入した量販店で引き取ってもらう

家電の回収には家電リサイクル法があり、それに基づいてテレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機・エアコンは購入先の小売業者か、家電量販店に引き取ってもらえます。
家電リサイクル法は廃棄物を減らす事、資源の再利用のために制定された法律です。
家電をリサイクルする際にはリサイクル券を購入しなければいけません。

◇引っ越し業者に引き取ってもらう

引き取りも買い取りもしてくれるのはサカイ引越センター・アップル引越センター・ハート引越センターです。
基本的に家具家電はなんでも回収してくれますが状態などにより買い取り、無料、有料が異なります。
またエリアによっては引き取りができない可能性もあるので見積もりの際にきちんと確認しておきましょう。

サカイ引越センター
引取・買取のどちらも可能です。
回収料金は基本的に有料です。

アップル引越センター
引取・買取のどちらも可能です。
回収料金は基本的に有料です。

ハート引越センター
引取・買取のどちらも可能です。
回収料金は基本的に無料です。

◇リサイクルショップやオークションで売る

不用品がある場合、リサイクルショップに売りに行くこともできます。
ただし、リサイクルショップに持ち込みができる人は良いのですが、自分で持って行けない場合は回収に来てもらう事になります。
専門業者の場合、回収費用・養生費用などの細かい料金設定があるので注意が必要です。
基本的に店頭に持ち込む店頭買取、家まで査定に来てもらう出張買取がメインですが、業者によっては宅配買取やWEB買取といった方法もあります。
リサイクルショップもの訪問見積もりと出張査定は無料となっています。
見積もり後のキャンセルも無料なので、まずは査定依頼をしてもらいましょう。
次にネットオークションで売る方法ですが、 家電などは割と良い値段で売れますが落札者との細かいやりとりや梱包などを自分でする手間があります。
ヤフオクやモバオクは有名ですが 『有名だから安心』という訳ではないので、トラブルにならないように気を付けてください。
最近は掲示板に不用品を載せるだけで必要としている人が引き取りに来るサービスもあります。
売買する事も可能ですが無料で譲る事もできるので、ムダな費用をかけずに不用品を処分できます。
ただし、このサービスも最終的には個人でのやりとりになり、直接顏を合わせる事になるので細心の注意が必要です

◇廃品回収業者に依頼する

以前は廃品回収をするトラックがいましたが、最近は電話すれば専門業者が来てくれるサービスがあります。
廃品回収も出張見積もりは無料ですが、引き取りには費用がかかります。
廃品回収の引き取り料金はトラック1台分の料金になるお得なサービスがあります。
その場合は、ある程度の量がないとあまりメリットはありません。
個人で行っているところも多く無料のはずが有料だった、見積もりより高い金額を請求されたというトラブルも起こっています。

◇友人や知人に譲渡する

今度一人暮らしを始める、状態の良い物なら譲ってほしいという友人や知人がいれば、譲ってしまいましょう!
友人や知人相手なので売る事は考えず譲ってあげる方が親切です。

転勤を言われて引っ越しまでの時間があるときとないとき

転勤を言われて引っ越しまでの時間があるときとないとき

転勤の通達があってから移動するまでに十分な時間がある場合とない場合ではやるべきことのスピードが全然違います。
すぐに引っ越さなければいけない人のやるべきことと、引っ越しまでに時間がたっぷりある人がやるべきことについて詳しく見てみましょう。

◇転勤を通達されてすぐに引っ越さなければいけない

あまりにも急な転勤命令や家庭の事情などによって、荷物を分類するだけの十分な時間がない方もいます。
このような場合にはあえて分類しないで、空いた時間に目につくところから少しずつダンボールへ荷物を入れていくのも一つの方法です。
引越し当日までに梱包が間に合わなくなるよりは、ずっとリスクを低く抑えることができます。
ただしこの場合でも、先述したように、引越し当日まで残しておくものと、しばらく使用する予定のないものだけはしっかりと見極め荷造りしておきましょう。
引越し当日まで必要になるものは、新居に移ってからもすぐに必要になるものがほとんどでしょう。毎日の生活で必要になる最低限の食器類や洗面用具類などは、最後に梱包して最初に開封できるようにしておく必要があります。

◇転勤を通達されて引っ越しまでに時間がある場合

突発的な事情があるにせよ、引越しの期日まで少しでも時間に余裕があるのならば、次の引越しのコツをいくつか紹介します。
それは、部屋やスペースをブロックに分けて荷造りや梱包を進める方法です。まず手順としては、キッチンやリビングあるいは玄関やベランダなど、各スペースを1つのブロックとして分類していきます。
なお、洗面所や風呂場といった用途あるいは位置関係が近いエリアは、まとめて1つのブロックとみます。
ブロック分けが済んだら、さらにそのブロック内を細かくグループに分けます。
例えばキッチンであれば、鍋やフライパンといった調理器具類、茶碗やお皿などの食器類、あるいはタワシやスポンジのような洗浄器具などがあります。
さらにリビングならば、ソファなどの家具類をはじめ、テレビやオーディオといった家電製品、花瓶や照明器具のような小物類のように、グルーピングしていきます。
ある程度までグルーピングしたら、いよいよダンボールへ詰めていきます。
この際に注意すべきポイントは、引越し当日まで使うものは残しておいて、使う予定のないものを先に梱包します。
また家のカギや金品あるいは高価なアクセサリーなど、貴重品についても梱包せずに残しておかないといけません
。これは引越しの過程で紛失してしまったり、どこに入れてしまったのかわからなくなるリスクを避けるだけでなく、引越し業者の保険が基本的に貴重品には対応していないためです。
引越し当日まで使わないものを梱包し終えたら、次にブロックとグループが分かるように、ダンボールにマジックで大きめに明記します。
例えば、キッチンのものであればキッチン・収納棚・食器類、洗面所ならば洗面所・キャビネット・化粧品といった具合です。なお、大きな家具や家電製品などについては、毛布やダンボール等をクッションにして巻きつけておきましょう。
続いては、引越し当日まで使うものをダンボールへ詰めます。ただし、あくまでも当日まで使用するものなので、フタをガムテープなどで封印せずに、開けたままの状態にしておきます。
そして、引越しの当日または前夜になってから封をしましょう。

◇転勤先が遠方の場合持って行けない大きな家電は

どんなに工夫して引越し作業を進めても、移転先には置けない家具や、不要な品物などは出てしいます。
移転先の住居環境によっては、ベッドや冷蔵庫あるいは洗濯機など、大きな家具や家電を処分する必要に迫られることもあります。
家具や家電の処分は、引越しを急いでいる場合だけでなく、一人暮らしや高齢者のみの世帯などにとっても、大きな負担になります。
そこでおすすめしたいのが、民間の廃品回収業者です。
廃品回収業者の中には、引越しサービスにも対応している業者があります。
そのため、そういった不用品回収業者に依頼すれば、引越しと不用品の回収と別々の業者に依頼する必要もありません。電話やホームページから予約を入れると希望した日時に自宅まで回収に来てくれます。即日対応が可能な場合もあります。大きな家具や、重たい家電を運ぶ技術やノウハウも持っているので、壁や床をしっかりと養生をした上で安全に運び出してもらうことができます。移転先に運ぶことはできないが、処分してしまうのも惜しい…という家具や家電があれば、業者によっては買取に対応してくれるところもあるので相談してみましょう。

引っ越しの粗大ゴミは急ぎの時は引っ越し業者に依頼

引っ越しの粗大ゴミは急ぎの時は引っ越し業者に依頼

引っ越しが急で粗大ごみを捨てる手続きが間に合わないという事はよくあります。
その場合は、廃品回収業者に依頼して指定の日に来てもらうか、引っ越し業者に依頼して引っ越しと同時に回収してもらうことができます。
一番簡単なのが引っ越し業者に引っ越しと同時に廃品回収も行ってもらうことです。

◇引っ越し業者に依頼するメリット

引っ越し業者に依頼するメリットは、まずは業者の選ぶ手間が不要になるという点です。
上でも触れた通り、引っ越し準備の忙しいタイミングで、不用品処分業者を選定するのはなかなか面倒な作業です。
これを省略できるだけでもかなりのメリットです。
また、引っ越し業者に依頼すると、引っ越し当日に不用品を引き取ってもらえます。
処分する予定の不用品とはいえ、引っ越し当日ギリギリまで使用できるのもメリットです。

◇引っ越し業者に依頼するデメリット

続いてデメリットを考えてみましょう。 引っ越し業者でも不用品の回収はしてくれますが、その処理までをすべて自社で行える業者はほとんどありません。
つまり、回収した不用品は、提携する廃品回収業者や産業廃棄物処理業者に委託して処理することになります。
この時当然費用が発生するわけで、その費用の負担は利用者ということになります。
もちろん引っ越し業者がそこに利益を乗せていれば、その分必然的に費用は高くなるということになりますが、このあたりは処分する荷物の量や種類、そして業者の対応によって変わってきますので、必ず高くなるというわけではありません。
ただし、回収費用が高くなる可能性があるという点ではデメリットと言えるでしょう。

転勤時期と引っ越しはセット!不用品の処分に困る!まとめ

まとめ

ここまで、転勤に伴って引っ越し先探しから引っ越しまで、いろいろな作業や作業に伴お金がかかることを紹介してきました。
急な転勤の特に注意が必要で、時間的な余裕がないため速やかにすべての作業を終えなければいけません。
その場合の対処法が詳しく書かれているので参考にしましょう。

業界最安値

【03月28日 17時34分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【03月28日 17時34分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事