最近はゴミ問題で埋め立て地に、ゴミを埋めていくという土地が少なくなっていてゴミを処理できなくなってきています。
そこで制定されたのが小型家電リサイクル法です。
この法律で、小型家電はリサイクルできる部分はリサイクルしてゴミとしてできるだけ捨てないようにするものです。
そんな小型家電の品目を詳しく紹介しています。
その小型家電はどこで回収されてリサイクルされるのかについても紹介しています。

小型家電リサイクル法と対象家電

小型家電リサイクル法と対象家電

小型電子機器には金、銀などの貴金属や、レアメタルと呼ばれる希少金属などたくさんの金属が含まれています。
機器自体はもう使わなくなったり、壊れて使えなくなってしまっても、再利用できる部品が残っているので電子機器は資源として考えられています。
その為、家電をそのまま捨てるのではなく、回収して金属類を取り出し再利用できるように廃棄することで、結果的にゴミを減らし、今まで埋めていたごみ埋立地である最終処分場の延命化や、限りある資源の有効活用を可能にします。

◇小型家電リサイクル法とは

2013年から小型家電リサイクル法はスタートしました。日本で1年間に捨てられている小型家電は65万トンですが、そのうち28万トンがリサイクルして使える鉄・アルミ・金・銀・銅・レアメタルです。小型家電リサイクル法は28万トンの再利用できる金属をお金に計算すると、844億円になるのです。
これらの金属は、資源が少ない日本では掘り出すことが難しいので、手間とコストを削減するために、回収をして再利用をされるべきだとされています。
小型家電リサイクル法とは、資源の有効活用につながることはもちろん、自然破壊防止の観点から見ても、地球の資源を大切にすることを目的とした、地球にやさしい法律です。

◇対象となる家電製品は

単純に「小型家電」と言われても、どの家電が対象になるのかピンとこない方も多いと思います。
小型家電リサイクル法の対象品目は、なんと400品目以上あります。
電気や電池で動く家電が対象となります。
自治体によって回収してもらえる品目が微妙に違うので、確認してから回収ボックスに入れましょう。

パソコン関連
パソコン、モニター、タブレット、プリンタ、スキャナ、キーボードなどのPC周辺機器、外付HDなどがあります。

通信関連
スマートフォン、携帯電話、固定電話機、FAX、モデム、ルーターなどがあります。

カメラ
デジタルカメラ、フィルムカメラ、ビデオカメラなどがあります。

キッチン家電
炊飯器、トースター、電子レンジ、ポット、ホットプレー、IHクッキングヒーター、ジューサー、コーヒーメーカー、食器乾燥機、電気式の調理器などがあります。

家電
掃除機、除湿機、加湿器、空気清浄機、扇風機、電気シェーバー、ドライヤー、アイロン、電気毛布、電気カーペット、ミシン、電気ストーブ、ケーブル、リモコン、時計、電子辞書、電卓、カーナビなどがあります。

オーディオ関連
ステレオ、スピーカー、ラジオ、音楽用デッキなどがあります。

ゲーム、楽器等
ゲーム機、電子楽器などがあります。

小型家電を処分する4つの方法

小型家電を処分する4つの方法

小型家電を処分する方法としては4つあります。
その4つの処分方法について詳しく紹介していきます。

◇小型家電回収ボックスなど、自治体で小型家電を回収

小型家電の回収は、自治体ごとに決められた方法で行われています。
公共施設やごみ集積所などに小型家電回収ボックスを設置して回収を行っている自治体もあれば、粗大ごみや不燃ごみとして回収をしたあとで、手作業で回収対象の小型家電を仕分けて回収をしてくれる自治体もあります。

自治体で小型家電の回収をしてもらう場合、粗大ごみの処理手数料や、不燃ごみの指定のごみ袋代がかかるくらいで、特に費用はかかりません。
詳しい回収方法については、各自治体で決められたルールがあるので、自治体へ確認をしてください。

小型家電回収ボックスがある場所は
自治体によって設置されている数や場所が異なりますが、区役所や図書館、駅、駐輪場、公民館などに設置している自治体が多く見られます。スーパーや家電量販店に置かれている地域もあります。
地域によって小型家電回収ボックスに入れられるサイズが違う場合がほとんどなので、サイズをよく確認してください。
例えば横浜市は30センチ×15センチの投入口、北海道新冠町は30センチ×30センチとなっています。

◇小型家電を作った製造メーカーで回収

メーカーに回収を依頼できる小型家電と言えば、代表的なものはパソコンではないでしょうか。
メーカーでは、PCリサイクル法という法律に則って、PCリサイクルマークが貼付されているパソコンを無償で回収をしてくれます。
製造元のメーカーで処分をしてもらうという、大変安心できる方法です。
PCリサイクルマークが貼付されていないパソコンは、「無償」で回収をすることができませんが、回収費用を支払えば回収可能です。

◇小型家電をヤマダ電機やケーズデンキなど、家電量販店で回収

パソコンは、多くの家電量販店で、下取りサービスや買取りサービスといった形で回収してくれます。
新しく購入予定のパソコンを値引きしてもらえ、その場で買取り金額を受け取ることができたりと、各家電量販店で独自のパソコン回収サービスが用意されているので、ぜひ活用してみましょう。
パソコン以外の小型家電の回収については、家電量販店によって対応がさまざまですので、回収をしてもらいたい小型家電がある場合はまず問い合わせてみてください。
家電量販店では、特に買い替え時の下取りサービスが充実していることが多いため、小型家電の買い替え予定がある場合はお得に回収してもらえる可能性はあります。

◇小型家電を廃品回収業者に回収

廃品回収業者では、小型家電だけではなく、そのほかの不用品についても同時に回収をしてくれる業者もあります。
基本的にどんなものでも回収をしてくれるので、パソコンなどの特殊なものでも問題なく回収をしてくれます。
業者によっては、新しいものや状態の良いものの買取りをしてくれることもあるため、依頼をする際に一度確認してください。
また、パソコン専門の回収業者も存在していて、ほとんどのパソコンを無償で回収をしてくれます。また、パソコンの回収をすると同時に、他の小型家電の回収もしてくれるサービスがある業者もいます。
回収を依頼したい小型家電にパソコンが含まれている場合は、パソコン専門の回収業者も検討してみましょう。

小型家電を処分するときの注意点

小型家電を処分するときの注意点

小型家電にはパソコンなども含まれていて、処分するときに注意しなければいけないことがいくつかあります。
それがパソコン内に含まれているデータです。
データには個人情報が含まれていて、捨てるだけであれば個人情報が丸わかりです。
そんな情報を悪用しようと考えている人もいます。
悪用されないようにするために、回収するときにデータの削除も含めてやらなければいけません。
個人情報の処理について詳しく紹介しています。

◇個人情報に注意

最も身近な小型家電として、パソコンやスマートフォンなどが考えられます。
パソコンやスマートフォンには、たくさんの個人情報が含まれているため、これらの処分をするときは特に注意が必要です。
個人情報を消さないまま処分すると、自分だけでなく周りの人にも迷惑をかけてしまう可能性があります。
できるだけ速やかにデータを消去するかハードを破壊してから処分しましょう。

◇自治体ではパソコンは回収しない

小型家電の中でも、パソコンの回収は特殊ですので、注意が必要です。
例えば、パソコンは他の小型家電と違って、ほとんどの自治体で回収をしてもらうことができません。
一部の自治体では回収を行っているところもありますが、その回収方法は自治体ごとにばらつきがあります。
処分方法がわかりづらいのが現状です。

一方で、パソコン専門の回収業者が存在するなど、パソコンの処分方法には、そのほかの小型家電の処分方法とは異なる部分があります。パソコンの処分をする場合は、状況に合わせた一番お得な処分方法を選択するようにしましょう。

◇家電リサイクル対象商品に注意

小型家電リサイクル法とは別に、家電リサイクル法という法律があります。
この法律は、小型家電リサイクル法よりも前に制定され、馴染み深い法律になりつつあります。家電リサイクル法とは、冷蔵庫、テレビ、エアコン、洗濯機(乾燥機)の4品目についての回収について定められた法律となります。
家電リサイクル法では、対象の4品目に対して製造元メーカーでのリサイクルを義務付けています。
私たちは、不要となった家電が、無事に製造元メーカーまで届くよう決められた方法で処分をする必要があります。
一般的には、家電量販店に回収をしてもらうケースが多いです。
家電リサイクル法対象の4品目と、小型家電リサイクル法対象品目では、回収方法が全く異なります。混同してしまわないように気をつけて、それぞれ正しい方法で処分をしましょう。

小型家電に関する知恵袋

小型家電に関する知恵袋

小型家電の回収と言ってもほとんどの場合が、ねらぅていましたが、今では誰でも与勝多のではないでしょうか。

◇小型リサイクル法制定前

小型家電リサイクル法が制定される前には、小型家電はゴミとして捨てられていました。
すべての小型家電を埋め立て地に一緒に埋めてその上を土地として利用していたため、なんでも捨てられている状態で、年間65万トン以上の小型家電のごみがしょりされていました。
ただし、ゴミを埋めるための埋め立てる土地自体が少なくなっていいて、小型家電はリサイクルできるものはリサイクルするという法律が完成しました。

◇小型リサイクル家電制定後

小型家電がすべて捨てられていた時期から資源不足が起こり始めて資源のリサイクルをすることで輸入コストが高い海外からの地減の輸入を極力抑える目的で、今使っている豊富な資源を持っている小型家電リサイクル法によって様代わりしています。
海外からの

◇無許可廃品回収業者を見極める

小型家電の意サイクル法が制定されてからは、資源をリサイクルして作りだすというリサイクル法が制定されています。
小型家電リサイクル法が制定されてから、資源に関する考え方が変わってきています。

小型家電とは何?処分する4つの方法!まとめ

まとめ

ここまで小型家電の品目や処分方法について詳しく紹介してきました。
同じ小型家電でも注意しなければいけないものがあるという事がわかったのではないでしょうか。
処分方法を考えてやらないといけない小型家電の処分を、どのようにしなければいけないのかもわかったのではないでしょうか。
今からパソコン等を処分しようと思っている人には参考になる情報です。

業界最安値

【03月28日 19時03分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【03月28日 19時03分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事