ゴミ屋敷の清掃はお宝を見つける以上にゴミの山になっています。
そんなゴミ屋敷は清掃だけに集中して仕事をしないと片付きません。
そんな廃品回収業者は善良でゴミ屋敷の片づけを行って、ゴミとお宝を分ける時間がありません。時間的な余裕があればできることですが、そうもいかない事情もあります。

最近の廃品回収業者は減っていませんか

最近の廃品回収業者は減っていませんか

最近、今までどこの地域に行って見かけた軽トラックに拡声器を載せた廃品回収業者の姿を見かけなくなりました。
数年前でもだいぶ減ってきてはいましたが最近特に見かけなくなりました。
それがここ最近においてはほとんど見なくなり、見かけたとしても都市部の中心地などでたまに見かけるぐらいになってしまっています。
このような業者は 遺品整理やゴミ屋敷など部屋の片付けをやっているとよく見かける業者であることは間違いありません。警察にすべて捕まったなどで減ってきたわけではありません。
では、なぜこのような業者が減ってきたのでしょうか?
今回はその原因になった出来事について記載していきたいと思います。

廃品回収業者の収入源は海外進出?

廃品回収業者の収入源は海外進出?

まず、遺品整理やゴミ屋敷など部屋の片付けを行う業者はあまり関係ありませんが路上を走る「不用品回収業者」がなぜ減ってきたのでしょうか? 路上を走る廃品回収業者には2通りのパターンがあります。
一つは国内で販路を開拓し、純粋なリサイクル販売を目的に回収をしている業者です。
これは使える物だけを回収し、修理やメンテナンスを行って国内での再販が目的の業者といえます。
もしくは有料であったとしても家電リサイクル法などで適切に処理されれば特に問題もないと思います。

もう一つのパターンは海外向けに輸出するパターンです。
遺品整理やゴミ屋敷などの部屋の片付けをしていればたくさん出てくる廃家電品も日本から見た輸出先の国で現地の人たちの生活に再利用されているのであれば特に問題はありません。
ただ、この家電品の海外輸出に関しては数年前から色々と問題になっていた点もあります。
それはリサイクル使用されない廃家電もすべて輸出され、現地の環境汚染が深刻化してきたためです。

これは日本だけにとどまらない話ですが、世界の先進国が自国でリサイクルを行うのは大掛かりな設備投資が必要となるため、処分を行う際の費用が産業廃棄物の処理費用の中でも群を抜いて高くなっています。リサイクルをするために莫大な費用をかけて処理を行うといった矛盾がそこにあるためです。
通常の一般人の感覚から見ればリサイクルをすればエコでリサイクルされているように見えますが、色々な材質がまじりあう複合的マテリアルリサイクル設備を使うには莫大なエネルギーや設備投資などが必要になるという事です。</p>

プラスチックや金属、銅など色々なものがまじりあう家電品は、国内でリサイクルを行う場合、割高な処理費用になっていました。
そこで出てきたのが海外での資源分別をする廃家電の輸出です。

ただ、価値があるものについてはこのようにリサイクルされていますが発展途上国では技術的な問題でリサイクルしたくてもできないという別の問題が発生します。
このように発展途上国では国内で費用が掛かる廃家電品でも安価に処分ができ、なおかつ国内でそうした廃家電を集めていた背景もあったことから廃品回収業者は必死に廃家電費を集めていたわけです。

ゴミ屋敷の掃除を廃品回収業者に依頼

ゴミ屋敷の掃除を廃品回収業者に依頼

ゴミ屋敷は宝の山というわけになりそうですが、それ以前の問題で、回収するには費用対効果があまりないので処分費用として膨大な料金を依頼主に払ってもらわなければいけません。
廃品回収業者は輸出というよりはゴミ処理がメイン作業になります。

◇ゴミ屋敷清掃でかかる3つの費用

1.車両費
車両費は車両の大きさ・種類によって変わります。
実際の金額は状況によって大分変ります。しかし、車両の種類による金額の違いは、イメージしていただけるでしょう。

2.人件費
人件費は一般にスタッフ1人あたり、1万円~1万5000円とされています。作業を1日するわけではないのに高いと思う方もいるかもしれません。
確かに回収だけなら、移動も含めて半日程度で終わることが多いでしょう。しかし、持ち帰ってからゴミを適切に分別して処分しなければいけません。
この作業時間までを考えると妥当な金額ではないでしょうか。
これをせずに不法投棄をしたり、不法投棄とまではいかなくても「自治体のルールを無視した捨て方」をする悪質な業者もあります。

3.処分費
処分費には明確な相場がありませんが、おおむね「1時間で片付くゴミの量で、1万円~2万円」とされています。ただ、これはあくまで目安と考えてください。
極端な話、ゴミがすべて「コンビニのお弁当だけ」だったら、処分は簡単です。まとめて一箇所におき、太いホースで一気に汚れを洗い落とし、プラスチックごみに出すだけです。
しかし、このようなケースはほとんどないのが現状です。
ゴミ屋敷のゴミは何がどのように混ざっているのか、一目ではわからないものです。
燃えるゴミに金属ゴミが混ざっているなどは当たり前で、まだオイルの残っているライターなど、きわめて危険なゴミも混ざっていることがあります。
このように複雑なゴミを処分するため、人件費だけでなく、さまざまな処分費用が必要になります。

廃品回収業者にできるだけ安く依頼する要素

廃品回収業者にできるだけ安く依頼する要素

ゴミ屋敷の片付けでも何でも、業者に支払う費用はできるだけ安くしたいものです。
しかし、単純に激安・格安を売りにしている業者を選ぶと失敗することも多いのは、わかりきっていると思います。
それでも、」できるだけ安く業者に依頼する手段はいくつかあります。

◇複数見積もりを取る

どんな買い物や契約をするときでも複数業者から見積もりを取ることは基本です。
法律で「独占禁止法」が定められているのは、独占的な業者によって、不当な価格設定をされないようにするためです。
このように業者を競争概念は、適正価格でサービスを利用するために不可欠です。
1軒の業者のみの見積もりで動くことはあなたが自ら業者の独占状態を生み出すことと同じなのです。
そうなれば当然、価格に関しては不利になります。できるだけ低価格でゴミ屋敷の清掃を依頼したいのであれば、必ず複数業者の見積もりをとるようにしましょう。
弊社の見積もりは「他社より1円でも高ければ値引きに応じさせていただく」というスタンスをとっているところは何の問題もありません。十分に依頼するに値する優良な業者ではないでしょうか。

◇その業者はなぜ安い

どんな業界でも同じですが、激安や格安をうたう業者の中には、しばしばサービスの質が低い業者が混ざっています。
こうした業者に依頼しないためには「なぜ激安・格安なのか」という理由を調べることが必要です。
安い理由が明確で納得できれば、信頼していいのではないでしょうか。
広告宣伝費をカットや間接費をできるだけカットしていれば価格も安くなります。
「激安・格安」の業者を探すときには、このように安さの理由がはっきりしている業者を選ぶようにしましょう。

◇免許番号は必須

低価格をうたうゴミ屋敷の清掃業者の中には、一部「違法な業者」も混ざっています。
具体的には下のような行為をはたらく業者です。
回収したゴミを不法投棄する
家に上がったあと、法外に高い料金を請求する
間取りなどを調べて窃盗団に売る
このように「犯罪まがい」の行為をする業者も存在します。
3つ目については「ゴミ屋敷に盗むものなどない」と思うかもしれませんが、これについては後ほど解説します。
ごく一部とはいえこうした業者が存在している以上、業者の信頼性をあなたが見抜くことが必要です。
そのために役立つデータの1つが、業者がホームページで公開している「免許番号」などの情報です。
免許番号はたとえば「古物商許可」などですが、他にも「スタッフが遺品整理士の資格を持っている」などの点も評価に値します。
特に古物商許可については、虚偽の記載は行政処分の対象になるので、ほぼ確実に正しい情報が記載されていると考えてください。

このような情報で業者の信頼性を確かめていただくと、より安全で低価格な業者を見つけることができるでしょう。

補足…ゴミ屋敷も窃盗の対象になる理由
ゴミ屋敷の片付けをした後、その物件を売却するのはよくあることです。
これは「ゴミ屋敷の買取」の段落でも書いている通りです。
売却が終わって別の人が住むようになれば、その家は十分に「窃盗の対象」になります。
また、そもそもゴミ屋敷というより「汚部屋」という程度の部屋なら、最初から対象になっています。

これらの理由からゴミ屋敷も十分に「窃盗のターゲット」であり、その間取りや住人などの情報を売る悪徳業者も存在するのです。

ゴミ屋敷廃品回収業者に依頼するまとめ

まとめ

ここまでごみ屋敷とお宝が眠る屋敷の違いについて詳しく紹介してきました。
ゴミ屋敷の清掃を依頼するのにどこが一番適しているのかなどを詳しく紹介してきました
その中で何ができるのかを考えてから行動しましょう。

業界最安値

【09月28日 14時22分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月28日 14時22分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事