不用品回収業者を選ぶ時にはいくつかチェックポイントがあります。
ポイントさえ押さえていれば、業者に騙されることなく、安く優良な業者に依頼できます。
実際に不用品を業者に依頼するときのポイントを詳しく紹介します。
ぜひ読んで、自分が不用品を処分する問いに業者選びの参考にしましょう。

不用品回収業者について

不用品回収業者について

不用品回収業者は、世の中に存在する不用品の片づけマンなので、お客さまからのご依頼があれば、どんなところでもかけつけます。
もちろん、メリットもあれば、デメリットもあります。
今回は、不用品を処分するにあたって、不用品回収業者を利用するメリットとデメリットを紹介します。<

◇不用品回収業者とは?

不用品回収業者は、世の中に存在する不用品の片づけマンなので、お客からの依頼があれば、どんなところでもかけつけます。
もちろん、メリットもあれば、デメリットもあります。今回は、不用品を処分するにあたって、不用品回収業者を利用するメリットとデメリットを一緒に確認していきましょう。

◇廃品回収を不用品回収業者へ依頼するメリット

1.日程調整ができる
自治体の不用品回収を利用する場合、ごみの処分は居住する地域の指定する方法で処分しなければいけません。
そのため、ゴミは、いつでも捨てられるというわけではなく、指定された方法で指定日時に処分が認められた場所に自分でじゃこばなければいけません。しかしながら、不用品回収業者を利用すれば、様々なメリットが得られます。

2.自治体で回収不可能なものを回収してもらえる
不用品回収業者を利用すれば、売却価値があるものを高価買取してくれます。
自治体を利用して処分する場合、売却可能な資源価値あっても、同じごみとして処分してしまいます。
しかし、処分の仕方を変えるだけで、現金が手に入ります。

通常、売却益を獲得する場合、Yahoo!オークションやメルカリなどの売却取引サービスなどを利用できます。
しかし、取引を始めるにあたり、出品者が利用手数料を負担したり、想像以上に引き落とし手数料が高く、サイト用の写真を取るために高度な写真撮影スキルなどが求められることがあります。
不用品回収業者なら、オークションサービスの利用に必要な手間をかけることなく売却益を獲得できます。

3.自宅まで取りに来てくれる
不用品回収業者のサービスを利用すれば、わざわざ自治体指定の回収場所に不用品を持ち運ばなくても、自宅まで回収に来てれます。自治体の回収サービスでは、既存のルールに従う必要があるため、指定場所まで持ち運ぶことが必須となります。
どんな場所に居住していても、不用品回収業者に相談すれば、自宅まで訪問後、回収してくれます。

4.部屋の破損の予防になる
不用品の処分でたまにあるのが、部屋の破損によるトラブルが起きます。
小さくて軽いごみの処分なら、どんな人でも処分できますが、木製の大きく重たい戸棚、昔ながらの重量のあるタンス、鉄製・木製の重たい勉強用デスク、冷蔵庫や洗濯機などの重たく大きな家電などは簡単には処分できません。
このようなものを作業に慣れない人が処分をしようとすると、壁にものをあててしまい壁紙を破ってしまったり、大きな穴を開けてしまうなどのトラブルが起きる可能性があります。

特に、重量のあるものは、持ち運ぶだけでも一苦労です。
saishinnno、注意を払って作業していても、作業後に床を確認すると大きく目立つ傷ができていることはよくあります。
自分で不用品を処分しようとした結果、壁紙の修繕費の方が高くついてしまっては、なんのために作業をしたのか分からなくなってしまいます。
廃品処分を慣れた不用品回収業者に依頼すれば、部屋を破損することなく、必要最小限のコストでごみの処分ができます。

5. 大量のゴミでもすぐに処分
もし、自宅にある小さく軽い掃除機を処分したいのなら、自治体の粗大ごみの回収を利用した方がお得です。
このようなごみの処分では、不用品回収業者に依頼するメリットはあまりありません。
周囲を見回してみると、不用品がたくさん見つかるものです。
不用品回収業者を利用する場合は、“まとめて処分する”ことで高い効果を実感しやすいです。
なぜなら、大量の不用品をごみ捨て場に運ぶ必要がなくなるからです。

6. 解体スキルが必要なごみの処分も依頼可能
不用品回収業者を利用するのは、一般家庭にだけではありません。
企業の粗大ごみを処分サウル場合も廃品回収業者に依頼する方が便利です。
「大人が両手で抱えても、トラックに乗せることができない大きなゴミがある。まずは、解体しなければいけないけれど、処分できるの?」というものは、不用品回収業者なら回収可能です。
一般的な不用品ではないため、解体スキルを持つ作業員を現場に派遣することで、運搬可能な状態にしてトラックに積み込みます。
会社の古い機械の処分に困っている方や工場を廃業したけれど重たい鉄製の道具が屋内に残っている場合は不用品回収業者を利用しましょう。

7. リデュース・リユース・リサイクルに貢献
これから自宅の不用品の処分を考えているのなら、社会貢献(リデュース・リユース・リサイクル)を意識して、ごみを処分しましょう。
無料回収の不用品回収業者は、ごみを適切に処分しないで、近くの裏山やあぜ道に捨てて帰ってしまうことがあります。
これは、完全に不法投棄なので、そんな業者は利用してはいけません。
最近は、環境意識に対して高い注目が集まっているため、ごみを処分するなら地球環境にとってエコな方法を選びたいという方も多いでしょう。
そのような方こそ、悪質な無料回収業者にまどわされることなく、優良な不用品回収業者にごみの処分を依頼してください。
そのような心がけが、地球環境への大きな貢献となります。

◇廃品回収を不用品回収業者へ依頼するデメリット

ここまではメリットについて述べてきましたが、不用品回収業者を利用することにはデメリットもあります。
それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

1. ごみの処分にお金がかかる

2. 悪質な業者に騙される可能性がある
正式な許可を受けていない不用品回収業者ほど、上記のようなトラブルを引き起こします。
しかし、一般人が「無許可」の廃棄物回収業者かどうかを見分けられるかといわれたら相当難しいでしょう。
ちなみに、「無許可」の廃棄物回収業者は、無料回収業者であることが多いです。
同業者でも街中で軽トラックを利用した無料の不用品回収業者を100%違法業者だとは公式の場では断定できません。
しかしながら、無料回収業者は、99.9%違法な運営が行われている可能性が高いため、利用しない方が賢明です。

不用品回収業者選びから見積もりまで

不用品回収業者選びから見積もりまで

不用品回収業者に依頼する経験などあまりないのでどこに頼んで良いかよくわからないのではないでしょうか。
まずは、友人、知人で依頼経験者がいないか確かめてみる事が大事です。
もし、周りにいたら生の声を聞きましょう!こちらが一番確実な方法です。
意外と周りに利用経験者の方がいる可能性があります

◇不用品拐取業者の選定

1.候補業者の選定
回収業者選定方法として、①自宅に入っていたポスティングチラシ(新聞折り込みチラシを除く)、②自宅に入っていたマグネット広告、③スピーカーを使って大音量で巡回する軽トラック、④インターネットがあります。
手段は様々ありますが、まず①~③は完全に除外することです。
①②は広告料金をかなりかけて集客するタイプですから、回収料金は割高となります。
③は回収者により料金はまちまちですが、回収したものを中には、不法投棄する者もいることから、避けたほうが無難です。

2. インターネットで業者を選定
キーワード検索をして、広告を出している業者を除いたら、2~3社ほどのHPをよく確認します。
ホームページの確認箇所は、①料金体系が分かりやすいか?②見積もりは無料か?③スタッフはどんな人がいるのか?④所在地はどこか?実在しているのか?⑤どんなサービスがあるのか?⑥追加料金(オプション)は記載されているか?等です。

◇不用品回収業者への連絡

業者選定後は、電話もしくは、メールで連絡してみましょう。
比較的急いでいる方は電話が1番です。
電話オペレーターの対応が悪い場合は、依頼しないほうが良いでしょう。また、時間に余裕があって電話はちょっと・・という方は、お問い合わせメールから依頼内容を記入して送信してみましょう。
2~3日経っても連絡が無い業者は、辞めましょう!

◇不用品回収業者の見積もり

見積書は必ず発行依頼しましょう。
初めて依頼する業者の場合は、後々料金トラブルを防ぐために事前に見積書をよく見ましょう。
見積書は総額料金だけでなく、内訳としては、基本料金、処分費、運搬作業人数、車両費、オプション解体や吊り下げ、階段料金等もよく確認しましょう。
業者によっては人件費1名あたりになることもあります。
見積書で備考欄等に「当日の追加料金の請求はいたしません」や「当日不用品回収品が増えない場合以外、追加料金はありません」など記入されていると安心です。
もし未記入の場合は、記入依頼してみましょう。

廃品回収の見積もり

廃品回収の見積もり

廃品回収を業者に依頼するときに注意しておかなければいけない点がいくつかあります。
それは、見積もりを依頼するときの相手の対応はどうなのか、見積書にはしっかりとすべての費用が含まれているのかなどを確認します。
悪質な業者の場合であれば、最初は安い見積書を提出して追加でいくらでも費用を要求してきます。

◇廃品回収の見積もり依頼時の注意点

不用品の数が少ない場合、優良業者は総額料金をお電話で即お伝えするはずです。
しかし、回収品が多岐にわたり、量も多い場合は、どの業者も現地見積もりが必要となります。
まずは、見積に訪れたスタッフをよくみることです。
スタッフをみたり、質問したりすることが大事です。
ここである程度、優良な業者かどうか見分けることが可能です。
注意ポイントは、①約束した時間通りに来たか、②服装や身だしなみはしっかりしているか、③言葉遣いは丁寧か、④質問にわかりやすく答えているかです。④の質問は、後から追加料金がないか、追加料金がある場合はどのような時か、マニュフェストの発行は可能か、回収できないものは無いか、別途費用はかからないか等を聞くとよいでしょう。歯切れが悪かったり、曖昧な返答の場合は要注意です。

◇見積書の見方

見積書は必ず発行依頼しましょう。
初めて依頼する業者の場合は、後々料金トラブルを防ぐために事前に見積書をよく見ましょう。
見積書クリックすると拡大します。
見積は総額料金だけで判断してはいけない
見積書は総額料金だけでなく、内訳に書かれている基本料金、処分費、運搬作業人数、車両費、オプション解体や吊り下げ、階段料金等もよく確認しましょう。
業者によっては人件費1名あたり50,000円と高額な場合もあります。

2 見積書のここに注目
見積書で備考欄等に当日の追加料金の請求はしませんや当日不用品回収品が増えない場合以外に、追加料金はありませんなど記入されていると安心です。
もし未記入の場合は、記入依頼してみましょう。

不用品回収業者の回収品

不用品回収業者の回収品

最近は、オークションサイトやフリマアプリを利用する人も多いですが、不用品の写真撮影、購入者とのやり取り、梱包に発送と何かと手間がかかります。処分したいものはたくさんあるけれど、売れそうなものがほとんどない場合や量が多い場合に利用できる不用品回収サービスはご存知ですか?
不用品回収業者のサービス内容と、依頼することのメリットをご紹介いたします。

◇不用品回収業者が回収するもの

不用品をゴミとして処分しようとすると、ゴミの種類によって細かく分別する手間がかかります。
捨てられる曜日も違いますし、特定の家電のようにゴミとしては捨てられないものも含まれている場合は厄介です。
値段が付きそうなものであれば、オークションサイトやフリマアプリを利用して売ることもできますが、自分がいらないものは他人にとってもいらないものである場合が多く、梱包や発送の手間がかかります。
それでは、古書店やリサイクルショップを利用するのはどうでしょうか。
一品ずつオークションサイトやフリマアプリに出品する手間と比べると、手間は格段に減るかもしれません。
しかし、個人で持ち込むには持ち込める量にも限度がありますし、ジャンルによって扱う品が限定されるショップがほとんどで、CDやDVDやゲームや本、家電や家具までまとめて買い取ってくれるショップはなかなかありません。

その点、不用品回収業者であれば、どんなに汚い物を一気に引き取ってくれるので複数のショップを訪れる手間がありません。
買取を希望するものだけでなく、ゴミとして処分したいものも引き取ってくれるのが不用品回収業者を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

◇捨てる予定の品物が高額買い取りされる

「断捨離」という言葉が使われるようになって久しいですが、物をため込んでしまう人が多いのは日本人にもったいないという精神があるからかもしれません。
いつか使うかも、誰かが使うかもと言って取っておおくと、家の中がモノで溢れてしまいますし、生活スペースも狭くなってしまいます。
かつて夢中になったけれどいまは卒業してしまった趣味の品々や、読み終わった本や漫画など、自分にとってかつては必要だったけれど、いまはもう必要なくなってしまったものでも、他の誰かにとっては価値があるものかもしれません。
また、引っ越しによってそれまで使っていた愛用の家財を処分せざるを得ない時もあるでしょう。br>そんな「断捨離」と「もったいない」の気持ちでどうしても揺れてしまうときにこそ利用したいのが、不用品回収業者です。
不用品回収業者にお願いすれば、ゴミとして捨てるしかないと諦めていたものにも値段がついて買い取ってもらえるかもしれません。
捨てるにはもったいないけれど、必要としてくれる他の誰かの手に渡るのなら…という思いがあれば、手放す決心がつくかもしれません。

まずは買取が可能かどうか相談してみます。
捨てずに済むのであれば環境にも優しいですし、心の痛みも抑えられるのではないでしょうか。

不用品回収業者選びのチェックポイント!まとめ

まとめ

ここまで廃品回収業者選びでは、見積もり依頼時や見積書の詳細を細かくチェックする必要があることを、よくわかったのではないでしょうか。
優良な廃品回収業者を見つけるためには、依頼するまでの業者選びでは手を抜かないようにしましょう。
ただや市から選ぶのではなく、見積内容に嘘はないのかなどをしっかりと確認して納得できたら依頼するようにしましょう。

業界最安値

【07月04日 15時32分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月04日 15時32分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事