壊れてしまったり、使わなくなった洗濯機を処分するためには具体的にどうしたらいいでしょうか。
洗濯機は家電リサイクル法で指定されている家電4品目の1つなので、粗大ゴミとして捨てることはできません。
リサイクル料を支払って、回収してもらう必要があります。「どこに?」「どうやって?」はいくつかの方法がありますので、家電リサイクル法にのっとった洗濯機の処分方法をご紹介します。

洗濯機は家電リサイクル法

洗濯機は家電リサイクル法

洗濯機は、そのまま捨てることができないことはご存じですか?
実際に家電リサイクル法というものができて勝手に捨てられなくなりました。
その代わり家電リサイクル法に沿ってリサイクルに出すように変わったわけです。

◇家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)とは、事務所や一般家庭から排出されたエアコンや冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)から、再利用できる部分や材料をリサイクルして廃棄物を減量し、資源を有効に利用することを推進するために作られた法律です。
施行以前は、家庭から排出される家電ゴミを各市町村が粗大ゴミとして処理してきました。
家電の多くは大型で、部品には固い材料が含まれていて、粗大ゴミ施設で処理をするのはとても手間とお金がかかります。
また、家電製品にはメタルなど再利用できる資源があるのに、そのほとんどが埋め立てられていました。そこで、埋め立てる場所が少なくなってきて、廃棄物を減らすことと資源の有効利用を目的に作られたのが、家電リサイクル法です。
対象になるのが、家電4品目といわれる「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥機」の4品目です。
消費者がこれら4品目を廃棄したい場合は、小売業者が引き取りと製造元への引き渡し、メーカーが引き取りとリサイクルという役割を義務づけられるようになりました。
新しい製品に買い替えをしたら古いものを引き取ってもらう手順を購入した店やメーカーに確認しまします。

◇処分にかかる費用は?

壊れたりして不要になった洗濯機を処分するには、リサイクル料金と収集運搬料金が必要になります。
リサイクル料金はメーカー毎に異なり、収集・運搬料金は小売業者ごとに違います。
リサイクル料金の詳細については、家電製品協会のHPで確認することができて、洗濯機の主要メーカー パナソニック・東芝・三菱電機・日立・シャープのリサイクル料金は2,300円(税抜)となっています。

洗濯機の処分方法6選

洗濯機の処分方法6選

洗濯機が壊れてしまったり、古くなって新しいものに買い替えようとしているときに、古い洗濯機を処分しなければ新しい洗濯機の置き場がありません。
実は洗濯機の処分方法にはいくつもあり、今回その中の6つの処分方法について詳しく紹介します。

◇買取専門店に売却

買い取り専門店に買い取ってもらうには比較的状態のよい洗濯機で、お得かつ手軽な方法といえます。
売却という形になるため費用がかかりません。
さらに収入となるので買い替えや引越しの際もお財布の足しになります。
買取専門店も様々な店舗がありますが、無料で出張買取をしてくれたり、事前に査定を行えておおよその金額が分かるようなサービスを提供している店舗もあります。
買取専門店は手間もかからず、何店舗か比較することも可能なのでおすすめです。
また、古かったり壊れている洗濯機でもジャンク品として無料で引き取ってくれる場合と買取自体ができない場合があるので、一度確認してみましょう。
また、洗濯機の買取には製造年式が重要です。
一般的に製造年式が5年以内であれば買い取り査定ができます。
買取をしてもらうときのメリットは、費用がかからず収入になる・自宅まで引取にきてくれることです。
複数業者に見積もりを出してもらうことで、比較することで一番高い業者へ売却可能になります。
続いて、すべてインターネットで申し込むことができるようになっているところがほとんどで、簡単に見積もってもらえるのが特徴です。
処分する前に査定に出してみるのも手ではないでしょうか。
洗濯機以外にも不要になる冷蔵庫やテレビなどがあればまとめて査定に出すことで高値買取をしてもらえる可能性が高くなります。

◇廃品回収業者に依頼

家電リサイクル法がよく分からない人や自宅で簡単に洗濯機を処分したいといった方におすすめの方法が廃品回収業者に依頼することです。
料金はかかりますが、依頼をすると自宅まで取りに来てくれるので何も知らなくても簡単にお金に換えられます。
日時はこちらで指定できますし、電話1本で即日回収もできる場合もあります。
洗濯機を部屋から運びだしてくれるため、お年寄りや女性の方に特におすすめです。
ただし、洗濯機は家電リサイクル法の対象品となっているため、処分するしか方法がないのに、無料で回収していると謳うような業者は違法業者の可能性が高いので注意が必要です。

こういった違法業者に依頼してしまうと、回収後に多額の費用を請求されてしまうケースや回収したものが不法投棄されていたといったケースが発生する可能性があります。
このようなトラブルに巻き込まれないように業者選びは慎重に行いましょう。
違法業者を見分ける方法は一般廃棄物処理業の許可をしているかいないかでわかります。
一般家庭の不用品を処分するために回収できるのは「一般廃棄物処理業」の許可が必要です。
もし怪しいなと感じた場合にはHPやパンフレットなどで許可を確認するか、見積もり書などをもらいしっかりと確認する必要があります。
メリットとしては好きな日時で自宅まで回収に来てくれる、最短即日で処分可能だという事です。
不用品回収業者に初めて依頼する方は料金がどのくらいかかるのか、どんな業者なのか不安になることが多いのではないでしょうか。
エコノバといった廃品回収業者の一括見積・比較サービスを利用すれば、業者毎の料金やサービス内容を一回の問い合わせで取得することが可能で、納得いくまで自宅で比較検討することができます。

◇家電量販店に引き取りを依頼

家電量販店にリサイクルを依頼し引き取りに来てもらう方法があります。
新しく洗濯機を購入しようとしている店舗(新規購入先)、不要になった洗濯機を購入した元の店舗(購入元)、などの場合は古い洗濯機を引き取る義務が発生します。引き取りを依頼したら基本引き取らなければいけません。
そのため、洗濯機の買い替えを検討している方は購入時に案内されるため使いやすいでしょう。ただし、リサイクルにあたるため、リサイクル料金と収集・運搬料金を支払う必要があります。
リサイクル料金はメーカーによって値段が異なりますし、収集・運搬料金は小売業者によって異なります。
また、店舗によっては洗濯機の下取りを行っている場合もあるため、もっと安く回収してもらえる可能性もあります。
実際に洗濯機の処分にかかる支払費用=リサイクル料金+収集・運搬料金となります。

◇市区町村の回収サービス

購入した店が潰れてしまったり、思い出せない場合はお住まいの自治体に相談しましょう。
自治体によって異なりますが、洗濯機の回収を相談すると、市町村で回収してくれる、その他の正しい処分方法を提示される、協力店を紹介してもらえる、提携している取り扱い業者を紹介してもらえるの、いずれかを案内してくれます。

◇指定引取場所に持ち込んで処分

この方法は、支払いを郵便局振込方式で料金を支払い、指定引取場所に自分で直接持ち込む方法です。
郵便局には家電リサイクル券が備え付けられているので、必要事項を記入して窓口でリサイクル料金を支払うことで持ち込みができます。
あとは不要になった洗濯機と支払い済みの家電リサイクル券を持って最寄の指定引取場所まで運ぶだけです。
指定取引場所はこちらから検索できます。
指定取引場所には自分で運ぶため、収集・運搬料金がかからずリサイクル料金のみで済みます。

処分にかかる費用としてはリサイクル料金のみとなります。

◇オークション・フリマアプリを利用

洗濯機が故障していたり、あまりに古いものだと難しい処分方法です。
さらに自分で発送しなければいけないといった手間もかかります。
しかし、洗濯機といえば家庭には絶対に必要なものなので需要は高いといえます。
そのため、思わぬ高値で売却することができるメリットがあります。
ただし、取引が決まるまでの時間が掛かるため、今すぐ洗濯機を処分したいという方には不向きな方法だといえるでしょう。
オークション・フリマアプリの両方とも個人間の取引であり、情報を偽りなく相手に伝えるということは欠かせません。
様々な写真や傷や汚れなどの情報は必ず明記し、取引後のトラブルに注意して活用することが大切です。 メリットは、うまくいけば高値で売ることが可能、業者の方などと接する必要がないという事があります。

洗濯機の状態で処分方法を選ぶ

洗濯機の状態で処分方法を選ぶ

洗濯機の状態に応じた最適な処分方法をチェックしてみましょう。
ただし、個人の状況によって最適な処分方法は変化するので、あくまでも参考程度に見ておきましょう。

◇新しくてまだ使える

まだ使用できる洗濯機をお持ちの方は、リサイクル回収などに出す前に別の処分方法ができないか検討してみましょう。
発送の手間などが嫌ではないという方はオークションなどに出品し様子を見て、様々な買取業者の事前査定を利用して高く買い取ってくれそうな業者を探すことも可能です。
オークションであまりにも落札される気配がないようであれば、そのまま高く買い取ってくれる業者に依頼して売却する流れがおすすめです。
もし、オークションの手間が嫌な場合や時間がなくすぐに片付けたい場合は、最適な買取業者を見つけてそのまま売却してしまいましょう。

◇壊れてしまって使えない

故障しているからといってあきらめず、まずは買取業者を検討してみましょう。
人気モデルの洗濯機だと壊れていても部品だけでもリサイクルできる場合があるので、値段はつかなくてもジャンク品として無料で引き取ってくれる場合があります。

壊れた洗濯機の処分で注意する点

壊れた洗濯機の処分で注意する点

一般家庭から廃棄物に該当する使用済家電製品を引き取ることができるのは、「一般廃棄物処理業の許可」持つ業者のみです。
無料で家電を回収するなどと言って、廃家電を回収している無許可業者もいるため、注意が必要です。
無許可業者により回収された廃家電はその後不法投棄されたり、不適正処理がされるといった問題も起きています。
さらに、回収に高額な処理料金を請求されるといった問題も起きてしまいます。
環境省も、無許可業者を通して処分しないよう勧告をしています。

壊れた洗濯機の処分方法!おすすめ6選まとめ

まとめ

ここまで洗濯機の処分方法について6つの処理方法について紹介してきました。
どの処分方法でも損はしない方法なので、今から洗濯機を処分しようと考えている人は、良く読んで、自分の洗濯機にあった処分方法はどれなのかを選んでみてはどうでしょうか。

業界最安値

【09月30日 15時17分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月30日 15時17分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事