家にある大切なぬいぐるみや人形。使うわけでもないのに、どうしても捨てられないという方も多いでしょう。
捨てられないまま放置して押し入れがぬいぐるみや人形でいっぱいに・・・という方も少なくないはずです。

では、どうしたら処分できるのでしょう?
そこで、ここではぬいぐるみや人形の処分方法を中心に紹介していきます。

ぬいぐるみや人形をなかなか捨てられないのはなぜ?

ぬいぐるみや人形をなかなか捨てられないのはなぜ?

不要になったぬいぐるみや人形は、いざ処分しようと考えてもなかなか実行できない場合が多いです。
一体、その理由はなぜでしょうか?

愛着があるから処分できない!

特に、子どもの頃から大切にしていたぬいぐるみや人形はどうしても情が湧いてしまい、なかなか処分できないことが多いです。
ずっと一緒にいた存在なので色々な思い出がギュッと詰まっており、いざ処分するとなると寂しさを感じてしまいます。

縁起が悪くなりそうで処分できない

ぬいぐるみや人形には魂が宿る、と言われています。
特にホラー小説や怪談では、ぬいぐるみや人形が題材の話もあるほどです。
その影響から「何か悪いことが起きるのではないか」「呪われるのではないか」と考えてしまい、なかなか処分に踏み切れないという方も少なくありません。

どうしても罪悪感がある・・・

人によっては処分するのに罪悪感があり、ためらってしまうケースもあります。
ぬいぐるみや人形を手に取った際「やっぱり可哀そう・・」「なんだか後ろめたい・・」という気持ちから、処分するのが億劫になってしまうのです。

処分する前には気持ちの整理を

処分する前には気持ちの整理を

上述した理由から処分できない場合は、気持ちを整理するといいでしょう。
しかし、どうしたら気持ちを整理することができるのでしょうか?
基本的には気持ちを整理する方法は2つあります。

お礼の言葉を述べる

なかなか処分できない方というは、実際に言葉でお礼の気持ちを述べると良いでしょう。ぬいぐるみや人形と一緒の時間を過ごしたのはあなた自身ですから、「今まで本当にありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。
そうすれば気持ちが整理され、罪悪感や縁起が悪くなりそうといった思いが薄れるはずです。

ぬいぐるみの写真を撮る

ぬいぐるみや人形は、処分する前に写真を撮っておくといいでしょう。
そうすれば処分してから、ある程度年月が経ったときにふと「ぬいぐるみをもう一度見たいな」と思った時も、写真があれば見返すことができます。
そのため、後ろめたい気持ちが薄れるでしょう。

現在では、スマートフォンなどで撮って簡単にデータで保存ができるので、かさばる心配はなくとても便利です。

捨てる以外にもこんなにある!ぬいぐるみ・人形の処分方法

捨てる以外にもこんなにある!ぬいぐるみ・人形の処分方法

気持ちの整理がついたところで、処分を行いましましょう。
主に、その処分方法は以下の3つとなっています。

家庭ごみとしてゴミ収集日に出す

一般的な処分方法は、ゴミ収集日に回収してもらうことです。
この方法なら処分費用は無料なので、特にお金に関して心配は要りません。

ただし、処分する際にはぬいぐるみ・人形のパーツの素材を確認して、適切に分別することが大切です。
しっかり分別していないと回収してもらえない可能性もあるので、気をつけましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう!

リサイクルショップに、ぬいぐるみや人形を買い取ってもらう方法もあります。
これなら無料で処分できる上にお金が手に入るので、利用しない手はないでしょう。

しかし、買取り金額はお店によって大きく変わることが多いです。
そのため、リサイクルショップに買い取ってもらうなら事前にネットなどで口コミを調べて、少しでも評判の良いところに買取りを依頼することをおすすめします。

ぬいぐるみや人形を寄付する

恵まれない海外の国の支援をするために、ぬいぐるみや人形の寄付をする施設や団体も多数あります。処分ではなく寄付なので、他の人の元で大切に使ってもらえるため罪悪感などを軽くすることができます。

また寄付の方法は郵送が主となっていますが、その際に送料を負担する必要があるところや依頼料として2000円程度の費用を支払わなければならないところもあります。
ですから、寄付する団体を調べて費用が発生するか、チェックすることが大切です。

ぬいぐるみ・人形を処分する時の注意点

ぬいぐるみ・人形を処分する時の注意点

ぬいぐるみや人形を処分する際には、いくつか注意点があります。
では、その注意点を見ていきましょう。

リサイクルや寄付をする時には綺麗にする

ホコリまみれや汚れたままで、リサイクルや寄付を行うのはNGです!
リサイクルや寄付を行う際には、できるだけホコリや汚れを取って綺麗な状態にしましょう。そうすれば、次の人が使う時に不快な思いをしないで済みます。

家庭ゴミとして出すときは周囲に配慮!

家庭ゴミとして処分する際には、周囲の人が気づかないように紙や布につつんだりしましょう。
特に、人形などは周囲の方に不快な思いをさせたりする可能性もあるので、袋を二重にして顔を見えないようにすることをおすすめします。

大切なぬいぐるみ・人形の処分方法とは?捨てる以外の方法を知ろうまとめ

まとめ

人形が処分できないのは、愛情や罪悪感などさまざまな理由があるからです。
もし処分できないなら、お礼の気持ちを述べたり写真を撮ったりして気持ちの整理をするといいでしょう。

また、処分方法も家庭ごみとして捨てる方法をはじめ、リサイクルや寄付など色々あることが分かります。
もし、家にため込んでいるぬいぐるみや人形があったら、この機会に処分してみませんか?

不用品回収業界最安値

【2018年11月06日 10時01分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事