庭を広げる、土地を更地にして家を建てるなど、様々な理由から、庭石や砂利が不要になることが考えられます。

庭石や砂利が不要になった場合、どのように処分するのが良いのでしょうか?
そのほかにも、業者に回収してもらうときは、どんなところへ依頼するのが良いの?河原や山へ帰すというように自分で勝手に処分できるの?といった疑問にも迫ってまいります。

庭石や砂利をゴミとして出すことは可能?

庭石や砂利をゴミとして出すことは可能?

庭石や砂利をゴミとして扱うかどうかは、自治体によって見解が異なります。
とある自治体では、建築廃材同様「処理困難物」として自治体では受け入れできないとしている所があります。また、こぶし大までの石であれば、陶磁器やガラスゴミとして処分可能とする自治体もあります。

まずは、お住まいの自治体のゴミ収集のルールを再確認しましょう。

庭石・砂利の処分方法にはどんなものがある?

庭石・砂利の処分方法にはどんなものがある?

庭石や砂利を処分したい場合、どのような方法があるのかをご紹介します。

家庭ゴミとして出す

砂利や、握りこぶし程度の大きさまでの石であれば、家庭ゴミとして処分できる自治体があります。ただし、自治体によって取り扱いは異なりますので、必ずゴミ収集のルールを参照しましょう。

また、家庭ゴミとして処分できるかが不明な場合は、自治体のゴミ収集部署へ問い合わせを入れることをお勧めします。

造園業者や石材店へ処分を依頼する

庭石の処分の場合、建設業の資格を持った造園業者や石材店へ処分を依頼することができます。

一般的な造園業者の場合は、研磨してある玉砂利などは洗浄後にリサイクルができるため、無償で引き受けてくれることがありますが、庭石の場合は難しいことがあるようです。
理由として、石の撤去や搬出に重機や搬出用のトラック等が必須になるからです。重機のチャーター費用も掛かるうえ、石の撤去には人手も必要になります。

その反面、現在の庭造りでは、「庭石を置いて風景を作る」といった需要も少ないため、引き取っても、その後の処遇に困るという声もあります。
ただし、撤去回収後のリサイクルルートが確立している造園業者などは、石の撤去を行いますので問い合わせてみましょう。

解体業者へ処分を依頼する

建設業を営む解体業者であれば、重機や破砕器具などの設備があるため、すぐに引き受けてくれます。ただし、重機搬入などの費用を抑えるため、その場で庭石を破砕して小さくまとめて搬出することもあるようです。

「価値がある石」として庭に据えた場合は、造園業者などの専門業者に依頼することが先決です。解体業者への依頼は、あくまでも「最後の手段」として、とらえておくとよいでしょう。

個人間で譲渡を検討する

個人で庭づくりをしている人の中には、「庭石」を所望する人もいることでしょう。SNSやフリマサイトなどを利用して個人間での譲渡を検討する方法もあります。

地元のフリーペーパーなどで呼びかけをすることも、よいでしょう。
ただし、石そのものの取引が成立しても、撤去費用や買い手への搬送費用が莫大にかかります。トラブルの元にもなりますので、できれば業者を通した処分を検討することが大切です。

庭石を自分で処分することは可能?

庭石を自分で処分することは可能?

砂利などであれば、土のう袋などに小分けを行ったうえで、家庭ゴミとして処分することやホームセンターで行っている回収などへ持ち込むことができます。

大きな庭石の場合は、地中に石の一部が埋めてあったり、数百キロを超える大きな石であったりすることがありますので、このような場合には、重機を利用した撤去が必要になります。
重機が必要になる場合は、専門業者の介入が近道ですので、個人で撤去すると考える前に費用が掛かっても庭石などを撤去する専門業者を利用した方がよいでしょう。

自分で粉砕して処分できる?

自然の石は硬く、ホームセンターで購入できるホームユーズの電動ドリルなどでは到底歯が立ちません。また、一日では粉砕することが難しいとも考えられます。

騒音や粉砕後の処分方法に困ることがあるかもしれませんので、自分で粉砕して処分する方法は現実的ではないでしょう。

これは禁止!やってはいけない処分方法

これは禁止!やってはいけない処分方法

状況によっては、処罰の対象となる処分方法も存在しています。

河川や山へ処分する

「自然に帰す」という観点から、不要になった砂利や庭石を河川敷や山などへ捨てるという考えを持つ人も見られます。

しかし、山や河川には管理者や所有者が必ずいます。無断で大きな石や砂利を捨てれば不法投棄とみなされることがほとんどです。
また、河川に庭石を置くことで、生態系を変えてしまう可能性も考えられます。

こういった理由から、庭石等を自分で処分することは避けましょう。

土中に埋める

土の中に砂利や破砕した庭石を埋めることを考えることもあるでしょう。しかしこれは、場所によっては処罰の対象になるかもしれません。
海中や川の水の中に捨てることと同様に、山林や田畑などの任意の場所に埋めることは、こちらも不法投棄に問われます。

自宅の庭に埋める場合は私有地ですので、その時はよいかもしれません。ですが、もしも人手に渡したあとに土中からたくさんの石が掘り出された場合、売り手側の瑕疵を問われることがあるので注意しましょう。

不要な庭石は処分できる?庭石や砂利などの処分方法を紹介!まとめ

まとめ

庭にある庭石が好みに合わなくなった、改築を検討するため庭を見直すことになったというように、庭石の処分を検討する人も増えています。
不要な石の撤去を請け負う専門業者も存在しますので、お近くの業者に断られた場合は、専門業者にコンタクトをとってみることも一案です。

業界最安値

【2019年08月24日 00時56分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事