古タイヤ(ホイール付可)は、劣化や買い替え、遺品整理などで処分しなければならない時もあるでしょう。

しかし、古タイヤ(ホイール付可)を処分する機会は、頻繁にないでしょうから、捨て方や費用などがわからなくてお悩みの方もいるようです。

今回は、古タイヤ(ホイール付可)の処分方法やお得な捨て方などについてご紹介します。

古タイヤ(ホイール付可)の捨て方とは

古タイヤ(ホイール付可)の捨て方とは

古タイヤ(ホイール付可)は、買い替えやタイヤの寿命など、様々なケースで処分しますが、捨て方がわからない方もいるでしょう。

古タイヤ(ホイール付可)は、お住まいの自治体によってルールが異なります。回収に対応している自治体もありますが、一般的には自治体での回収は行っていません。

古タイヤ(ホイール付可)は、環境省が適正処理困難物に指定しており、自治体では廃棄処分ができません。古タイヤ(ホイール付可)のほとんどがリサイクルされ、別の姿で役立っています。

古タイヤ(ホイール付可)を処分する際は、販売店やガソリンスタンド、ディーラーなど様々な場所へ依頼できますが、処分先によって費用は異なります。古タイヤ(ホイール付可)の処分時に買い替える場合は、作業料金や手数料のみで引き取ってもらえるケースもあります。古タイヤ(ホイール付可)を処分する際は、お得な方法を比較検討して、正しく捨てましょう。

古タイヤ(ホイール付可)を業者で処分する方法

古タイヤ(ホイール付可)を業者で処分する方法

古タイヤ(ホイール付可)は、自治体の粗大ゴミとして捨てることができません。しかし、古タイヤ(ホイール付可)を捨てる際は、様々な業者を利用することができます。

ご近所にガソリンスタンドがある場合は、古タイヤ(ホイール付可)の引き取りの有無を確認してみましょう。タイヤを販売している大手ガソリンスタンドであれば、古タイヤ(ホイール付可)の引き取りを行っているケースが多いので、手数料や処分費用なども問い合わせの際に確認しましょう。

また、古タイヤ(ホイール付可)は、不用品回収業者に処分を任せることもできます。不用品回収業者では、24時間対応、家具の解体サービス、トラック1台分で〇〇円というわかりやすい料金プランもあります。タイヤの買い替えだけではなく、遺品整理やお引越し、断捨離、模様替えなどでも利用できます。

古タイヤ(ホイール付可)を自分で処分する際は、処分先の手数料や処分費用を比較検討して、少しでも安く手放しましょう。

古タイヤ(ホイール付可)の処分でかかる費用とは

古タイヤ(ホイール付可)の処分でかかる費用とは

古タイヤ(ホイール付可)を処分する際は、できるだけ安い料金で捨てたいですよね。古タイヤ(ホイール付可)の捨て方は、様々ありますが、処分先によって処分にかかる費用も異なります。

古タイヤ(ホイール付可)をカー用品店やガソリンスタンドなどで捨てる際は、1本300円~が一般的な費用相場です。タイヤを購入する際には、タイヤ交換代のみで、処分費用がかからないというケースもあります。

古タイヤ(ホイール付可)をとにかく早く処分したいという方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。24時間対応や即日対応の業者の場合、最短即日で処分することができます。処分費用の相場は、数千円から数万円程度ですが、古タイヤ(ホイール付可)の不用品も回収してもらうことができるお得なプランもあります。不用品の移動や搬出などは、全て業者が行いますので、自分で何かする必要がありません。

古タイヤ(ホイール付可)を自分で処分する際は、捨て方を比較検討し、納得できる処分法を選びましょう。

古タイヤ(ホイール付可)を引き取ってもらう方法とは

古タイヤ(ホイール付可)を引き取ってもらう方法とは

古タイヤ(ホイール付可)の捨て方は様々あり、処分先によって費用が異なることもお分かりいただけたでしょう。古タイヤ(ホイール付可)を簡単に処分する方法として、交換時の引き取りサービスを利用することもおすすめです。引き取りサービスを利用すれば、手間がかからず、すぐに処分してもらうことができます。

オートバックスのようなカー用品店では、タイヤを交換する際に、古タイヤ(ホイール付可)を処分してもらうことができます。店舗によって異なりますが、タイヤの交換費用に処分費用が含まれている場合は、追加費用が発生しないので、お得です。

また、古タイヤ(ホイール付可)は、買い取ってもらえるケースもあります。状態にもよりますが、ミシュランやダンロップ、ブリヂストンなどは、買取価格が高くなります。

古タイヤ(ホイール付可)は、処分だけではなく、買い取り専門店で売るという方法もありますので、ご自身が納得できる方法を選ぶことをおすすめします。

古タイヤ(ホイール付可)の処分方法やお得な捨て方まとめ

まとめ

古タイヤ(ホイール付可)の捨て方や処分費用、お得に捨てる方法などについてご紹介しました。古タイヤ(ホイール付可)は、様々な方法で処分できることがお分かりいただけたでしょう。

古タイヤ(ホイール付可)以外にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者を利用する方法がお得です。1個ずつ処分するよりまとめて処分したほうがお得になるので、多くの不用品を一度に手放したいという方におすすめの処分法です。

古タイヤ(ホイール付可)を処分する際は、捨て方や処分費用などを比較検討して、ご自身が納得できて、正しい方法で手放しましょう。

業界最安値

【07月20日 13時43分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 13時43分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事