背丈が低く、圧迫感がないローボードは、テレビ台として使われることが多いですが、模様替えやお引っ越し、年末の大掃除、破損などで処分しなければならないこともあるでしょう。

テレビやオーディオを置く場所にも最適なローボードですが、手放したいと思った時に、どのように捨てれば良いか、処分方法はお分かりでしょうか。今回は、ローボードの捨て方や処分方法などについてご紹介します。

ローボードを安く捨てる方法とは

ローボードを安く捨てる方法とは

ローボードの捨て方は、様々あります。例えば、家庭ゴミとして捨てる場合は、他の処分方法と比べると比較的安価です。小さいローボードや解体しやすいローボードの場合は、指定のサイズに分解して、可燃ゴミ、不燃ゴミとして出すことができます。

ローボードの解体や分解が難しい場合は、自治体の粗大ゴミとして出す方法もあります。まず、粗大ゴミの受付先へ連絡して、コンビニや郵便局などで券を購入します。そして、予約した日に、自分でローボードを指定された場所まで運びます。しかし、サイズが大きいローボードの場合は、人手が必要になるケースもあります。自分で運び出すことが難しい場合は、他の捨て方を検討する必要があります。

ローボードを処分する際は、家庭ゴミや自治体の粗大ゴミとして回収してもらうことが効率的で、安価な捨て方なのでおすすめですが、自治体によっては、素材別に分別する必要もあります。不明点がある場合は、自分で判断せず、各自治体へ相談した上で捨てることをおすすめします。

ローボードを業者に処分してもらう方法

ローボードを業者に処分してもらう方法

ローボードは、自治体を利用して処分する方法が最も安価な捨て方ですが、他にも捨てたい不用品・家具がある場合や自分で処分することが難しい場合は、不用品回収業者を利用するという方法もあります。

不用品回収業者の中には、24時間対応、即日対応、解体有りなど、様々なサービスがあり、処分したいものが多い時には割安です。例えば、トラック1台分〇〇円と提示している不用品回収業者の場合は、料金が明確なので、安心です。ローボードだけではなく、本棚・ラック、食器棚、マットレスなど、不用品をまとめて出したい方におすすめの処分法です。

また、リサイクルショップの中には、買取を行っている所もあります。出張買取を依頼することで、自分で搬出せずに、原則無料で引き取ってもらうことができます。ローボードの状態が良く、まだ使える状態の場合は、処分だけではなく、リサイクルショップでの買取も視野に入れて、お得な方法で捨てることをおすすめします。

ローボードの処分費用とは

ローボードの処分費用とは

ローボードを自分で処分する際は、少しでも安くしたいですよね。不用品の捨て方は、自治体や不用品回収業者、買取業者などの利用などが一般的ですが、それぞれ費用が異なります。

ローボードを粗大ゴミとして捨てる際にかかる処分費用は、自治体によって異なりますが、500円から1,000円程度が相場です。

ローボードを不用品回収業者へ依頼する場合の相場は、数千円から数万円ほどかかるケースもあります。しかし、トラック一台分詰め放題プランもありますし、ローボードなどの家具の分解や移動、搬出などの作業は、全て業者が行いますから、不用品が多い時には割安です。最短即日対応の業者もありますから、ローボードの他にも処分したい物がある、とにかくすぐに処分したいという方にはおすすめです。

また、ローボードの処分費用を無料にする方法として、ご近所や知人、友人に譲ることもおすすめです。まだ使える状態の場合は、周りに声を掛けて、ローボードの引き取り手を探しても良いでしょう。

ローボードの引き取りサービスを利用する方法

ローボードの引き取りサービスを利用する方法

ローボードの捨て方は様々で、処分にかかる費用も依頼先によって異なることがお分かりいただけたでしょう。ローボードを安く処分するためには、家庭ゴミや自治体の粗大ゴミとして出すという方法もありますが、引き取りサービスの利用もおすすめです。

引き取りサービスとは、新しい家具を買い替える際に、古い家具を引き取ってくれるサービスです。ローボードの引き取りサービスは、ニトリや無印良品、ネット通販のベルメゾン、ホームセンターなどで行っています。それぞれ引き取り料金や条件などが異なりますから、買い替えの際は、事前に各店舗へご確認下さい。

家具の引き取りサービスは、有料で実施している販売店が多いのですが、家具店の中には、期間限定で無料引き取りサービスを実施する店舗もあります。ローボードの買い替えと同時に古いローボードの引き取りを希望する場合は、購入する予定がある店舗に詳細を直接確認しておくと安心です。

ローボードの捨て方や処分方法とは?まとめ

まとめ

ローボードの捨て方や処分方法などについてご紹介しました。ローボードは、自分で分解や解体して、粗大ゴミとして捨てる方法が最も安価な処分方法です。しかし、まだローボードが使える状態であれば、オークションや買取サービスを利用することもおすすめです。

また、ローボードだけではなく、座イス、食器棚、マットレスなど、他にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者を利用するという方法もあります。

ローボードの捨て方は、様々な方法がありますし、依頼するところによって処分費用も異なります。ローボードを手放す際は、様々な捨て方を比較検討して、ご自身が納得できる処分方法を選択しましょう。

業界最安値

【07月20日 12時24分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 12時24分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事