照明を処分する際は、故障やお引っ越し、模様替え、買い替えなど様々な場面があるでしょう。

照明を自分で処分する際は、どのようにすればよいかお分かりでしょうか。照明の捨て方は、様々あり、処分先によって費用が異なります。

今回は、照明の処分方法、捨て方、処分の際にかかる費用などについてご紹介します。

照明の正しい捨て方とは

照明の正しい捨て方とは

照明を捨てる際は、お住まいの自治体によってルールは異なります。サイズが小さい照明の場合は、粗大ゴミではなく、家庭ゴミで捨てることができます。照明は、パーツの素材によって分類が必要なので、必ず自治体のルールを確認しましょう。

照明のサイズが多い場合は、粗大ゴミになります。照明を粗大ゴミで出す場合は、電話やインターネットで申し込みを行い、コンビニや郵便局などで券を購入して、予約した日時に指定場所へ出します。

また、照明器具の中には、小型家電リサイクル回収ボックスに投函できるタイプもあります。自治体によって異なりますが、シーリングライトなどの照明がリサイクル対象品目になっている場合、回収ボックスに入れるだけで、無料で処分できます。

捨て方や捨てる場所などについてわからないことがある時には、自治体や販売店などに確認して、正しい方法で照明を捨てましょう。

照明をお得に処分する方法

照明をお得に処分する方法

照明は、自治体の家庭ゴミで捨てる方法が、比較的安価な方法です。指定場所へ運ぶ手間はかかりますが、自治体によっては、無料又は数百円程度で処分できます。

しかし、照明の他にも捨てたい物がある場合は、不用品回収業者を利用もおすすめです。家具や家電などの不用品をまとめて処分したい時は、不用品回収業者を利用することで、自分で1つずつ処分するより、処分費用がお得になることがあります。

不用品回収業者では、24時間対応や家具の分解、解体サービスがありますし、トラック1台分で〇〇円というわかりやすい料金プランもあります。ご自宅やご実家などの模様替え、遺品整理、お引越し、断捨離など、様々な場面で利用できます。

また、照明を処分する際は、買取業者やリサイクルショップを利用することもできます。有名メーカーや未使用品であれば、高値で買い取ってもらえるケースもあります。

照明などの不用品を自分で処分する際は、捨てるのではなく、買取も視野に入れて、お得になる捨て方を検討してみることをおすすめします。

照明の引き取りサービスとは

照明の引き取りサービスとは

照明を処分する際は、引き取りサービスを利用するという方法があります。例えば、家電量販店で買い替える場合は、古くなった照明や使わない照明を処分できるだけではなく、購入時に割引を受けることができるケースがあります。

ヤマダ電機では、引き取りを行っており、買い替えで新しい商品を購入する際に、サービスを受けることができます。故障やお引越し、遺品整理など、様々なタイミングで、照明を引き取ってもらうことができます。

また、照明は、リサイクルショップへ持ち込むこともおすすめです。まだ使える、汚れや傷がない、未使用などの場合は、買取価格が高くなります。

更に、照明の処分方法として、フリマアプリやネットオークションなどを利用することもできます。照明の撮影や出品、梱包、発送などの手間はかかりますが、自分が納得できる値段で処分できます。自分で売るという楽しみもありますので、メルカリやラクマなどのフリマサイトを利用も是非検討してみませんか。

照明の処分費用とは

照明の処分費用とは

リビングやトイレなどの照明を処分する際は、できるだけお金をかけずに手放したいですよね。照明の捨て方は、自治体の家庭ゴミや不用品回収業者の利用が一般的ですが、処分先によって費用が異なります。自治体の粗大ゴミとして捨てる場合の費用は、数百円から1,000円程度です。不燃ゴミで照明を捨てる際は、指定ゴミ袋代のみで、処分費用はかかりません。

また、照明は、不用品回収業者を利用することで、即日処分も可能です。24時間対応やスピード対応の不用品回収業者の場合は、最短即日で、照明類を処分できます。費用は、5000円程度ですが、家具や家電などの不用品をまとめて回収してもらえるプランもありますので、捨てたい物がたくさんある方におすすめです。不用品の分解や移動、搬出などは、全て業者が行いますから、ご自身で何かする必要がありません。

照明を自分で処分する際は、捨て方や処分先を比較検討して、納得できる処分方法を選ぶと良いでしょう。

照明の処分方法、捨て方とはまとめ

まとめ

照明の捨て方や処分方法、処分費用などについてご紹介しました。自分で照明を捨てる際は、自治体や不用品回収業者、買取業者、下取りサービス、リサイクルショップなど、様々な方法があることもお分かりいただけたでしょう。

また、照明の他にも処分したい物がある時は、不用品回収業者を利用する方法もおすすめです。引っ越しのタイミングであれば、引っ越し業者に処分を任せることもできる場合もあります。

照明などの不用品は、捨て方が様々ありますから、費用や処分方法などを比較検討して、ご自身が納得できる方法を選択しましょう。

業界最安値

【07月20日 13時02分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 13時02分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事