観葉植物は、インテリアや癒しなどに最適なアイテムですが、枯れた、引っ越す、断捨離などで手放すこともあるでしょう。

観葉植物を処分する際は、どのように捨てればよいかお分かりでしょうか。捨て方は、様々あり、処分先によって費用が異なります。

今回は、観葉植物の鉢や土を捨てる方法や処分費用などについてご紹介します。

観葉植物の捨て方とは

観葉植物の捨て方とは

観葉植物を捨てる際は、鉢と土を処分する必要があります。鉢は、他の植物を育てる場合は、再利用できますが、処分したいという場合は、素材別で捨て方が異なります。プラスチックやガラス、陶器などの鉢は、自治体のルールに従って捨てましょう。

観葉植物の土は、庭にまいて処分することができます。しかし、マンションやアパートなどの場合は、気軽に土を捨てる場所がありませんよね。

自治体によっては、観葉植物の土の回収を行っています。例えば、神奈川県では、土を家庭ゴミとして回収していますが、一度にたくさん出さないことや自治体指定の袋に入れて収集日に出すなどの決まりがあります。東京都の場合は、プランター2個分程度までというルールもあります。

また、小さい観葉植物の場合、自治体によって異なりますが、可燃ごみとして処分できるケースもあります。観葉植物を捨てる際は、自治体のルールや捨て方を必ず確認した上で、正しく処分しましょう。

観葉植物の土の捨て方とは

観葉植物の土の捨て方とは

観葉植物の土は、自治体によって捨て方が異なり、可燃ゴミとして出すことができます。しかし、土は、ゴミではなく、自然に帰すということを原則としています。

例えば、仙台市では、土は廃棄物に当たらないので、自宅の庭に戻すことを想定しています。しかし、集合住宅などで難しい場合に限り、少量ずつ家庭ゴミに入れて出すことができると回答しています。

観葉植物の土は、家庭ゴミとして出すことが面倒でも不法投棄することはできません。土の処分に対応している業者もありますし、土を再生して、再度園芸用で楽しむという方法もあります。自治体によっては園芸用の土専用の回収を実施している所もあるので、まずは相談してみましょう。

また、観葉植物の土は燃えるゴミだけではなく、園芸店で引き取ってもらえるケースもあります。不要になった観葉植物の土は、ご自身が捨てやすい方法で、正しく処分しましょう。

観葉植物の土の処分にかかる費用とは

観葉植物の土の処分にかかる費用とは

観葉植物の土を無料で処分したい時は、自宅内の庭や畑などにまくことがおすすめです。しかし、マンションやアパートなどで、観葉植物の土を処分できない場合は、自治体を利用して捨てる方法をおすすめします。

観葉植物の土を処分する際は、できるだけ安い料金で捨てたいですよね。家庭ゴミで捨てる際は、自治体指定のゴミ袋代のみで、処分費用はかかりません。

しかし、自治体によっては、観葉植物の土の回収を行っていないこともあります。そのような時は、不用品回収業者を利用することをおすすめします。24時間対応や即日対応の不用品回収業者の場合、最短即日で処分することができます。処分費用の相場は、数千円程度ですから、自治体の処分費用よりも高くなりますが、トラック1台分の不用品を処分できるというお得なプランもあります。家具や家電など、観葉植物の土以外の様々な不用品も回収してもらうことができるお得なプランです。不用品の移動や搬出などは、全て業者が行いますし、スピード対応です。

観葉植物の土を処分する際は、捨て方を比較検討し、納得できる処分法を選びましょう。

観葉植物をホームセンターで処分する方法

観葉植物をホームセンターで処分する方法

観葉植物は、家庭ゴミで捨てることができますが、ホームセンターを利用することもおすすめです。ホームセンターでは、土専用の回収ボックスを設置している所もあります。

観葉植物を購入店舗ではなくても、土を無料で回収してもらうことができる店舗もあるので、ホームセンターがお近くにある場合は、問い合わせてみると良いでしょう。

しかし、観葉植物の土をホームセンターで引き取ってもらう場合は、自分で運び必要があります。店頭まで土を運ぶためには、運搬用の車も準備しなければなりません。

また、ホームセンターによっては、観葉植物の土の回収の際に、新しい土を購入しなければならないというルールがある店舗もあります。観葉植物の土を家庭ゴミ以外で処分したい時は、ホームセンターの決まりや処分費用などについて確認しておくことをおすすめします。庭や畑がある知人や友人がいる場合は、観葉植物の土を譲るという方法も検討すると良いでしょう。

観葉植物を捨てる方法や処分費用まとめ

まとめ

観葉植物の捨て方や処分方法、処分費用などについてご紹介しました。観葉植物を捨てる際は、様々な捨て方があることもお分かりいただけたでしょう。

観葉植物の他に、ご自宅内の不用品など、処分したい物がたくさんある時は、不用品回収業者を利用する方法もおすすめです。

不用品の捨て方は、様々ありますから、費用や処分方法などを比較検討して、ご自身が納得できる方法で、不要になった観葉植物を捨てましょう。

業界最安値

【07月20日 13時34分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 13時34分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事