カラーボックスは、様々な物を収納できますし、飾り棚としても使うことができて便利なアイテムですが、買い替えや引っ越し、壊れたなどで処分しなければならない時もあります。

しかし、処分する際には、カラーボックスの捨て方がわからず、どうすれば良いのか、処分方法に悩んでしまう方もいるでしょう。

今回は、カラーボックスの捨て方や処分方法などについてご紹介します。

カラーボックスの捨て方

カラーボックスの捨て方

カラーボックスは、様々な用途に使うことができる便利なアイテムですが、買い替えや模様替え、お引越し、破損などで不要になることもあるでしょう。カラーボックスの捨て方は、様々で処分費用も異なります。

カラーボックスの処分方法は、燃えるゴミとして捨てる方法、自治体への依頼やごみ処理場へ運搬をして粗大ゴミとして処分する方法、引っ越し業者へ依頼する方法、不用品回収業者に依頼する方法などです。

カラーボックスを粗大ゴミとして出す場合は、自治体の不用品回収チケットを購入して、処分したい不用品を出すだけです。引っ越し業者には、引っ越しで出た不用品を有料で回収するサービスがあります。買取できる物があれば、不用品ではなく、買取商品になるので、その分の金額をもらうことができます。不用品回収業者へ依頼する場合は、トラックの大きさや作業スタッフの人数などによって費用が異なります。

カラーボックスを捨てる際は、捨て方や業者の費用などについて比較検討することで、安く捨てる方法が見つかるでしょう。

カラーボックスを自分で捨てる方法とは

カラーボックスを自分で捨てる方法とは

カラーボックスを捨てる際は、家庭ゴミに出すという方法もあります。不用品になったカラーボックスを自分で分解し、自治体が指定するサイズにすることで、燃えるゴミとして捨てることができます。ノコギリ、電動ノコギリなどを使えば、どなたでも簡単に回収可能なサイズにすることができます。カラーボックスの素材に金属があっても、自分で解体できれば、可燃ゴミと不燃ゴミに分別し、家庭ゴミとして処分することができます。

しかし、自分で分解や解体する方法の場合は、手間と時間がかかります。カラーボックスのサイズにもよりますが、大きい場合には、小さくする作業に時間がかかるので、粗大ゴミとして回収してもらうほうが良いかもしれません。

粗大ゴミとして回収してもらう場合は、予約や券の購入、指定日時にカラーボックスを搬出する必要があります。しかし、処分方法としては最も安価です。安くカラーボックスを処分したいという方は、家庭ゴミや粗大ゴミとして捨てる方法をおすすめします。

カラーボックスの処分費用とは

カラーボックスの処分費用とは

カラーボックスを捨てる際は、少しでも費用を安くしたいですよね。不用品の捨て方は、自治体を利用する、業者を利用するなどですが、それぞれ費用が異なります。

自治体の粗大ゴミとしてカラーボックスを捨てる際は、市町村へ問い合わせて予約し、処分する際に必要な券をコンビニなどで購入します。自治体によってかかる費用は異なりますが、数百円程度から1,000円程度が費用相場です。

また、カラーボックスの処分を不用品回収業者へ依頼する際は、数千円程度が相場です。人件費や選ぶプランによっては、費用が高くなることもありますが、移動や搬出などは、全て業者が行います。自分で何かする必要がありませんし、即日対応の業者であれば、いつでもどこでもすぐにカラーボックスを処分することができます。

買取もしている不用品回収業者や引っ越し業者の場合は、数百円程度の買取料金が発生することもありますので、買取業者に依頼して、買値がつかない場合に手放すという捨て方もあります。カラーボックスの捨て方は様々ありますので、複数方法を比較検討した上で、お得に手放せる方法を見つけましょう。

カラーボックスを捨てる際におすすめの業者とは

カラーボックスを捨てる際におすすめの業者とは

カラーボックスを処分する際にかる費用は、サイズや状態、依頼する業者によって異なります。カラーボックスは、自分で捨てるという方法もありますが、業者へ依頼する場合は、複数社から見積もりをもらうことをおすすめします。

不用品を回収する業者は、市区町村からの許可が必要です。営業許可を取っている業者であれば、高額請求や追加請求などのトラブルなどを避けることができますので、必ず確認することが大切です。

また、見積書に内訳があるかどうか、キャンセルできるかどうかなどもトラブルを避けるポイントです。「無料」という言葉がある場合は、どこからどこまでは無料なのか、追加で請求されることが本当にないのかどうかなども確認しておくと安心です。

カラーボックスの状態が良ければ、買い取ってくれる業者や売ることができるフリマサイトもあります。引っ越しや買い替え、遺品整理などでカラーボックスを処分しなければならない時には、様々な方法を比較検討すると良いでしょう。

カラーボックスの捨て方や処分方法は?まとめ

まとめ

カラーボックスの捨て方、処分方法、費用相場などについてご紹介しました。カラーボックスは、自分で捨てる方法と業者に任せる方法があることもお分かりいただけたでしょう。

カラーボックスの数が少ない場合やサイズが小さい場合は、自分で解体してゴミに出す方法や粗大ゴミとして出すことができますが、他にも処分したい不用品がたくさんあるという方には、不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者は、全国にたくさんいますし、費用もそれぞれ違います。カラーボックスなどの不用品を手放したいとお考えの際は、複数の選択肢を比較検討して、納得できる捨て方を見つけましょう。

業界最安値

【07月20日 11時55分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 11時55分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事