ウォシュレットを処分したい時は、引っ越しや故障、遺品整理、買い替えなど様々なタイミングがあります。また、突然故障することもあるでしょうから、ウォシュレットの捨て方や処分にかかる費用などがわからないという方もいるようです。

今回は、ウォシュレットを処分する方法や処分費用などについてご紹介します。

ウォシュレットの捨て方とは

ウォシュレットの捨て方とは

ウォシュレットなどの不用品を捨てる際は、お住まいの自治体によってルールは異なります。ウォシュレットの捨て方として安価な方法は、自治体の粗大ゴミで出すことです。粗大ゴミで捨てる場合は、電話やインターネットで申し込み、予約した日時に指定場所へ出します。また、小型家電リサイクル法の対象になっている場合は、小型家電回収ボックスを利用することもできます。回収ボックスに入れるだけですし、無料で利用できます。

しかし、ウォシュレットを処分する際は、自分で取り外す必要があるので、業者に依頼するという方法もあります。例えば、ウォシュレットの販売店へ依頼して処分してもらうこともできます。家電量販店では、電化製品の引き取りを行っており、買い替えることで下取りや処分費用無料などのサービスを受けることができるケースもあります。

ウォシュレットの捨て方についてわからないことがある時には、自治体や販売店、家電量販店などへ確認し、正しい方法で捨てましょう。

ウォシュレットを不用品回収業者で処分する方法

ウォシュレットを不用品回収業者で処分する方法

ウォシュレットは、自治体の粗大ゴミとして捨てることが安価な方法です。自治体によって異なりますが、ウォシュレットのサイズが小さい場合は、家庭ゴミで捨てることができるケースもあります。

しかし、他にも捨てたい家電や家具がある時は、不用品回収業者を利用することをおすすめします。食器棚やテーブル、イスなどの不用品がある場合は、まとめて回収してくれる不用品回収業者を利用することで、お得に処分することができます。

不用品回収業者では、24時間対応、家具の解体サービス、トラック1台分で〇〇円というわかりやすい料金プランもあります。遺品整理やお引越し、断捨離、模様替えなど、不用品を手放したいタイミングで、いつでも利用できます。作業は全て、不用品回収業者が行いますから、ウォシュレットの取り外し、不用品の分別、解体するなどの手間もかかりません。

ウォシュレットを自分で処分する際は、様々な方法を比較検討し、お得な方法で捨てることをおすすめします。

ウォシュレットの処分費用

ウォシュレットの処分費用

ウォシュレット捨て方は、自治体や不用品回収業者などの利用ですが、選ぶ所によって処分にかかる費用も異なります。

ウォシュレットは、自治体の粗大ゴミとして捨てることが安価な方法です。自治体によって処分費用が異なりますが、300円から500円程度なので、比較的安価です。粗大ゴミで捨てる際は、予約してコンビニや郵便局で必要な券を購入し、収集日時に指定された場所まで運ぶだけです。また、自分でごみ処理場へ持ち込んで捨てる場合は、処分したいタイミングで捨てることができます。

ウォシュレットの取り外しも回収もして欲しいという方には、不用品回収業者への依頼がおすすめです。24時間対応や即日対応の業者の場合、最短即日で処分できます。処分費用は、5000円程度が相場ですが、ウォシュレット以外の家電や家具も回収してもらえるお得なプランもありますから、引っ越しや遺品整理などで、不用品をまとめて処分したい方におすすめです。

ウォシュレットを自分で処分する際は、捨て方を比較検討し、納得できる処分法を選びましょう。

ウォシュレットの下取りサービスとは

ウォシュレットの下取りサービスとは

ウォシュレットの捨て方や処分費用は、処分先によって異なります。ウォシュレットを処分する方法として、家電量販店の下取りサービスを利用するという方法もあります。

家電量販店の下取りサービスは、ウォシュレットの処分だけではなく、買い替えを検討している方におすすめのサービスです。新品を購入する際の割引、無料引き取りなど、内容は家電量販店によって異なります。

例えば、下取りサービスがあるジャパネットでは、新しい商品を購入する際に、古い品の下取りを利用することで、商品価格が安くなることがあります。

また、ウォシュレットは、買取専門店を利用して処分することもできます。トイレ用品専門の買取店であれば、未使用に近いウォシュレット、数回利用のウォシュレットなどの買取を行っているので、捨てるのではなく、売却が可能です。

ウォシュレットを処分する際は、捨てるのではなく、下取りサービスや売却なども視野に入れて、お得な方法で手放すことをおすすめします。

ウォシュレットを処分する方法や処分費用とはまとめ

まとめ

ウォシュレットの処分方法や処分費用などについてご紹介しました。ウォシュレットは、粗大ゴミや不用品回収業者、買取業者、家電量販店の下取りサービス、リサイクルショップなどを利用できることもお分かりいただけたでしょう。

また、ウォシュレット以外にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者を利用する方法がお得ですし、引っ越しのタイミングであれば、引っ越し業者に処分を任せることができるケースもあります。

ウォシュレットの他、家具や家電などの不用品を処分する方法は、様々ありますから、捨て方や処分費用などを比較検討し、ご自身が納得できる方法を選択しましょう。

業界最安値

【07月20日 12時47分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 12時47分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事