炊飯器は、突然の故障や買い替え、遺品整理などで処分しなければならない時もあるでしょう。

しかし、炊飯器の処分は、頻繁にあるわけではないので、「費用はいくら?」、「できるだけ安く捨てる方法は?」など、捨て方についてお悩みの方もいるでしょう。

今回は、炊飯器の捨て方や処分方法、自分で処分する際にかかる費用などについてご紹介します。

炊飯器の捨て方とは

炊飯器の捨て方とは

炊飯器は、買い替えや断捨離など、使える状態で捨てることもあれば、寿命によって処分するケースもあるでしょう。炊飯器の寿命は、6年程度と言われているので、それ以上お使いの場合は、突然故障することもあります。

炊飯器を捨てる際、一般的な方法は、自治体を利用して処分することです。お住まいの自治体によってルールは異なりますが、炊飯器のサイズが30㎝以下であれば、不燃ゴミとして自分で捨てることができます。

しかし、炊飯器のサイズが30㎝以上の場合は、粗大ゴミ扱いになります。炊飯器を粗大ゴミで捨てる際は、電話やインターネットで申し込みを行い、コンビニなどで券を購入して、予約した日時に処分したい炊飯器を指定場所へ出します。

炊飯器の捨て方は、自治体によって異なります。お住まいの自治体によっては、炊飯器が小型家電リサイクル法の対象になっているケースもあります。捨て方についてわからないことがある時には、自治体へ確認した上で捨てることをおすすめします。

炊飯器を不用品回収業者に処分してもらう方法

炊飯器を不用品回収業者に処分してもらう方法

炊飯器は、自治体のゴミとして捨てる方法が、効率的で、比較的安価な方法です。しかし、炊飯器の他にも捨てたいものがある時は、不用品回収業者を利用することがおすすめです。食器棚やテーブル、イスなどの不用品がある場合は、まとめて回収してくれる不用品回収業者を利用することで、お得に処分することができます。

不用品回収業者では、24時間対応や家具の解体サービスがありますし、トラック1台分で〇〇円というわかりやすい料金プランもあります。遺品整理やお引越し、断捨離などで、炊飯器だけではなく、コタツや食器棚、リビングボード、パソコンデスクなどの家具をまとめて処分したい方にはおすすめです。

また、炊飯器は、買取業者やリサイクルショップを利用して処分することもできます。有名メーカーや高性能の炊飯器の場合、状態や製造年月にもよりますが、高値で買い取ってもらえるケースもあります。炊飯器を自分で処分する際は、処分だけではなく、買取も視野に入れて、お得な方法で捨てることをおすすめします。

炊飯器の処分にかかる費用とは

炊飯器の処分にかかる費用とは

炊飯器の処分を検討している場合、できるだけ安く、お金をかけずに捨てたいですよね。炊飯器の捨て方は、自治体を利用する、不用品回収業者を利用するなどですが、選ぶ所によって処分費用が異なります。

炊飯器は、自治体の粗大ゴミとして捨てることが安価な方法です。自治体によって異なりますが、捨てる際にかかる処分費用は、500円程度です。自治体へ回収を依頼する際は、電話などで予約し、コンビニや郵便局などで必要な券を購入し、収集日時に指定された場所まで運びます。

炊飯器をとにかく早く処分したいという方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。24時間対応や即日対応の業者の場合は、スピーディーなので、最短即日で処分することができます。炊飯器を処分する際にかかる費用は、5000円程度が相場です。高く感じるかもしれませんが、炊飯器以外の不用品も回収してもらうことができるパックプランもあります。不用品の移動や搬出などは、全て業者が行いますので、自分で何かする必要がありません。

炊飯器を処分する際は、納得できる捨て方を比較検討し、ご自身が納得できる方法を選ぶと良いでしょう。

炊飯器の引き取りサービスを利用する方法とは

炊飯器の引き取りサービスを利用する方法とは

炊飯器の捨て方は様々あり、処分する際の費用は、依頼する業者によって異なります。炊飯器を処分する方法として、家電量販店の引き取りサービスを利用することもおすすめです。

家電量販店の引き取りサービスを利用すれば、炊飯器をお得に処分することができ、割引サービスを受けることができる場合もあります。

例えば、ジャパネットでは、炊飯器の下取りを行っています。新しい炊飯器を購入する際に、下取りを利用すれば、20,000円下取りという下取り後のお得な価格になります。

また、炊飯器は、リサイクルショップへ持ち込むことでも買い取ってもらえるケースがあります。お使いになっている炊飯器が壊れていない、汚れや傷がない、購入してまだ新しいなどの場合は、買取価格が高くなります。

更に、フリマアプリやネットオークションなどを利用する方法もおすすめです。出品や梱包、発送などの手間はかかりますが、ご自身が納得できる値段で、炊飯器を処分することができます。自分で売るという楽しみもありますので、ご興味がある方は、メルカリやラクマなどのフリマサイトを利用してみませんか。

炊飯器の捨て方、処分方法とはまとめ

まとめ

炊飯器を自分で捨てる方法や処分する際にかかる費用などについてご紹介しました。炊飯器の捨て方は、自治体や不用品回収業者、買取業者の利用、家電量販店の下取りサービス、リサイクルショップなど様々な方法があることがお分かりいただけたでしょう。

炊飯器以外にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者を利用する方法がお得ですが、引っ越しのタイミングであれば、引っ越し業者に処分を任せることもできるケースがあります。

炊飯器などの不用品は、処分する方法が様々ありますから、捨て方や費用などを比較検討して、ご自身が納得できる方法を選択すると良いでしょう。

業界最安値

【07月20日 13時08分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 13時08分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事