冬に活躍するコタツですが、年末の大掃除や破損、断捨離、模様替えなどで処分することもあるでしょう。

コタツは、天板やコタツ布団などのパーツがある家電です。処分する際には、「費用はいくら?」、「どこで処分してくれるの?」などコタツの捨て方がわからないという方もいるでしょう。今回は、コタツの効率的な捨て方や処分にかかる費用などについてご紹介します。

コタツの効率的な捨て方とは

コタツの効率的な捨て方とは

コタツは、模様替えや断捨離など使える状態で捨てることもあれば、寿命によって処分するケースもあります。コタツの寿命は、種類によって異なりますが、コードが切れかけている、温まりにくい、電源が入らないなどの場合は、捨てるタイミングです。

コタツの処分方法として、効率的で安価な方法は、粗大ゴミとして捨てることです。自治体によって回収方法や手順などが異なりますが、まずは電話やインターネットで申し込みを行います。コタツを粗大ゴミとして出す場合、自治体の不用品回収チケットをコンビニなどで購入して、予約した日時に処分したいコタツを指定場所へ出すだけです。

コタツの種類やパーツによっては、それぞれを分別する必要もあります。自治体によって出し方が異なりますから、詳細についても確認した上で申し込むと安心でしょう。

コタツを捨てる方法は、自治体の粗大ゴミとして回収してもらうことが効率的な捨て方ですが、事前準備や申込みなどがありますので、予め確認した上で利用することをおすすめします。

コタツを不用品回収業者に処分してもらう方法

コタツを不用品回収業者に処分してもらう方法

コタツを自治体の不用品回収で捨てる場合は、効率的で、比較的安価な費用です。少しでもコタツを安く処分したい時には、自治体の粗大ゴミで出すことをおすすめします。

しかし、コタツ以外にも捨てたい不用品、家具などがある、コタツが大きいので、自分で処分することが難しいなどの場合には、不用品回収業者を利用するという方法もあります。

不用品回収業者の中には、24時間対応や解体などのサービスがありますし、トラック1台分で〇〇円というわかりやすい料金プランもあります。コタツだけではなく、食器棚・リビングボード、テーブル、座イスなどの家具をまとめて処分したい方にはおすすめです。

また、リサイクルショップの中には、買取を行っている所もあります。コタツの寿命は、10年程度と言われており、状態によっては買い取ってもらえることもあります。コタツを自分で処分する際は、買取も視野に入れて、お得な方法で捨てることをおすすめします。

コタツを処分する際にかかる費用とは

コタツを処分する際にかかる費用とは

コタツの処分をお考えの際は、安い費用で捨てたいですよね。不用品の捨て方は、自治体を利用する、業者を利用するなどですが、選ぶ所によって処分費用が異なります。

粗大ゴミとしてコタツを捨てる際にかかる処分費用は、自治体によって異なります。数百円かかる所もあれば、無料で引き取る自治体もあります。自治体へ依頼する際は、事前に予約し、処分するために必要な券をコンビニや郵便局などで購入します。収集日時に指定された場所まで運べば、処分は完了です。

コタツの処分を不用品回収業者へ依頼する際は、5000円程度かかる所もあります。しかし、人件費や選ぶプランによっては、お得です。コタツ以外の不用品も回収してもらうことができるパックプランもありますし、不用品の移動や搬出などは、全て業者が行います。また、最短即日対応の業者もありますから、すぐに処分したいという方には特におすすめです。

コタツを捨てる際は、納得できる捨て方を比較検討し、最適で、安心できる方法を選ぶと良いでしょう。

コタツの引き取りサービスを利用する方法とは

コタツの引き取りサービスを利用する方法とは

コタツの捨て方は様々あり、処分する際の費用は、依頼する業者によって異なります。コタツを処分する方法として、家具の引き取りサービスを利用することもおすすめです。

引き取りサービスとは、新しい家具などを購入する際に、それまで使っていた家具を引き取るというサービスです。コタツを購入する際には、古いコタツを引き取ってもらうことができるので、下取りサービスとして行っているお店もあります。

コタツの引き取りサービスは、家具店やホームセンターなどで行っています。機能性に問題が無いこと、汚れていないなどの条件がありますが、新しいコタツと古いコタツの入れ替えができるので、コタツが部屋に増える心配はありません。

購入店によっては、引き取り費用がかかる、店頭への持ち込みが必要など条件もありますので、コタツの買い替えをご検討の際は、処分ではなく、引き取りサービスを利用することもおすすめの方法です。

コタツの捨て方や処分方法、処分費用とはまとめ

まとめ

コタツの捨て方や処分方法、処分費用などについてご紹介しました。コタツは、粗大ゴミとして捨てるだけではなく、家具店やホームセンターなどの引き取りサービスを利用できることもお分かりいただけたでしょう。

コタツ以外にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者を利用する方法がお得ですが、引っ越しのタイミングであれば、引っ越し業者に処分を任せることもできるケースがあります。

コタツなどの不用品を処分する方法は様々ありますから、捨て方や費用などを比較検討して、納得できる方法を選択すると良いでしょう。

業界最安値

【07月20日 12時15分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 12時15分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事