折りたたみ式テーブルを処分するタイミングは、様々です。年末の大掃除やお引っ越し、破損、断捨離など、様々なケースがありますがありますが、みなさんはどんなタイミングで捨てるでしょうか。

今回は、折りたたみ式の処分法として、おすすめの捨て方についてご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

折りたたみ式テーブルを自分で捨てる方法とは

折りたたみ式テーブルを自分で捨てる方法とは

折りたたみ式テーブルは、使わない時にしまっておくことができます。使用しない時には、部屋を広く使うことができますから、便利なテーブルですが、グラグラする、壊れた、他に欲しい折りたたみ式テーブルが見つかったなどで、処分する必要になることもあるでしょう。

折りたたみ式テーブルのような不用品は、燃えるゴミとして捨てる方法、自治体への依頼や運搬をして粗大ゴミとして処分する方法、引っ越し業者へ依頼する方法、不用品回収業者に依頼する方法などがあります。

粗大ゴミとして出す場合は、自治体の不用品回収チケットを購入し、処分したい折りたたみ式テーブルを指定された場所へ出すだけです。引っ越し業者では、引っ越しで出た不用品を有料で回収するサービスがあります。不用品回収業者へ依頼する場合は、トラックの大きさや作業スタッフの人数などによって費用が異なります。

折りたたみ式テーブルの捨て方は様々ありますが、業者の費用や内容を比較検討することで、効率的に、そして安く捨てる方法が見つかるでしょう。

折りたたみ式テーブルのリサイクルショップでの処分法

折りたたみ式テーブルのリサイクルショップでの処分法

折りたたみ式テーブルを処分したい時は、ゴミとして捨てるだけではなく、リサイクルショップを利用することもおすすめです。例えば、家具の買取を行っているセカンドストリームでは、折りたたみ式テーブルの売却が可能です。折りたたみ式テーブルだけではなく、食卓テーブル、食卓イス、食器棚などの家具の買取を行っています。

また、リサイクルショップへ持ち込む、出張買取サービスを利用するという方法もあります。小さい折りたたみ式テーブルであれば、自分で解体して捨てることもできますが、サイズが大きい場合は、出張買取がおすすめです。セカンドストリームであれば、処分費用がかかりませんし、状態が良い場合、高値での売却が可能です。

更に、セカンドストリームでは、折りたたみ式テーブルや家具などの出張・査定・搬入にかかる手数料は、0円です。予約日にご自宅まで担当者が来ますので、店頭まで持参する必要がありません。査定や見積もりはその場で行い、買取金額は現金での支払いです。

折りたたみ式テーブルを処分する際は、セカンドストリームのようなリサイクルショップを利用することで、手軽に処分することができるでしょう。

折りたたみ式テーブルの処分する際にかかる費用

折りたたみ式テーブルの処分する際にかかる費用

折りたたみ式テーブルをリサイクルショップや買取専門店へ依頼した場合には、処分費用がかかりませんが、ガタガタ揺れる、壊れている、買取ではなく処分したいなどの場合は、処分費用がかかります。

例えば、折りたたみ式テーブルを自治体の粗大ゴミとして捨てる際は、自治体によって処分費用が異なります。折りたたみ式テーブルの処分費用は、数百円から1000円程度です。処分費用としては安価ですが、自分で運び出す必要があるので、大きい折りたたみ式テーブルの場合は、人手が必要です。

不用品回収業者へ依頼する際は、数千円程度が相場ですが、処分費用の他に、人件費や諸経費などもかかります。しかし、自分で移動、搬出などをする必要はありませんし、トラック1台○○円というプランの場合は、折りたたみ式テーブル以外の不用品もまとめて出すことができます。

折りたたみ式テーブルを捨てる際は、複数の捨て方を比較検討し、ご自身が納得できる料金や捨て方で、効率的に処分しましょう。

折りたたみ式テーブルの処分費用を安くする方法とは

折りたたみ式テーブルの処分費用を安くする方法とは

折りたたみ式テーブルを処分する際にかかる費用は、大きさや数、依頼する業者によって異なります。粗大ゴミで捨てるという捨て方もありますが、大きい場合は、予約や運ぶなど手間も時間もかかりますので、リサイクルショップや不用品回収業者の利用がおすすめです。

また、ニトリなどの引き取りサービスの利用もおすすめです。ニトリでは、不要な家具を有料で引き取るサービスを行っています。配送設置商品を購入した場合に限るサービスで、一定の条件がありますが、配送や設置なども無料です。引き取りサービスは、ニトリの他、無印良品などでも行っており、配送する商品と同じ種類であれば、同じ数だけ引き取ってもらうことができます。

引き取りサービスでは、商品にもよりますが、数千円から数万円程度かかります。しかし、ご自身で処分先を探す、依頼するなどの必要はありません。折りたたみ式テーブルの買い替えの際は、引き取りサービスを行っているお店かどうかを確認した上で購入することをおすすめします。

折りたたみ式テーブルの処分法!おすすめの捨て方とはまとめ

まとめ

折りたたみ式テーブルの捨て方や処分する際にかかる費用などについてご紹介しました。折りたたみ式テーブルを捨てたい時は、処分するだけではなく、買取をしてくれるリサイクルショップを利用することができることもお分かりいただけたでしょう。

不用品の種類や数によっては、自治体の粗大ゴミで回収してもらったほうが良いケースもありますが、折りたたみ式テーブルだけではなく、食器棚やマットレス、コタツなど処分したい不用品がたくさんあるという方は、まとめて処分できる不用品回収業者を利用したほうがお得なケースもあります。

折りたたみ式テーブルを処分したい方は、様々な方法を比較検討し、ご自身が納得できる方法で捨てることをおすすめします。

業界最安値

【07月20日 11時45分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 11時45分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事