ゴミ屋敷の片づけをしなければいけないとい人のために、どうすればゴミ屋敷をきれいに片付けられるのかプロの技を詳しく紹介します。
自力で片付けるときに知っておくと簡単に片付けられるポイントを紹介します。
自力では片付けられない人には、業者への正しい依頼方法について紹介します。

ゴミ屋敷を片付ける前の心構えと準備

ゴミ屋敷を片付ける前の心構えと準備

ゴミ屋敷の片付けにはちょっとした心理的なポイントをわかっていれば、すぐに片付けられます。
大量のゴミを前にするとどうしても片付けるのに二の足を踏んでしまいます。
どう売れば片付くのか、自分の性格と照らし合わせて自分で片付けるか業者に依頼するかを決めてしまえば、あとは行動あるのみです。

◇ゴミ屋敷から受ける人間の心理

普段生活をしているうえでゴミを散らかしていてもあまり気にすることもありません。
ゴミが溜まりに溜まってゴミ屋敷になってしまうと、どうしよう、何とかしないといけないという心理が働きます。
どうにかしたいけどどこから手を付けたらいいのか全く分からないという人は多いのではないでしょうか。
あとは、片付ける気力がなくなってしまっていて、自分ではどうしようもできなくなってしまっていることもあります。

◇ゴミ屋敷の片付けにおける理想と現実

普通の部屋であれば気持ちがめげることもなく、片付けることができますが、溜まってしまったゴミの量を目の前にすると、二の足を踏んでしまいます。
自分1人ではどうにもできなくなってしまっている現実があります。
ゴミ屋敷化してしまった現実を受け入れることが重要です。
ゴミはできるだけ鼓膜分別してゴミ袋に入れていきます。
一般ごみで回収してもらえれば一番ですが、いろいろなゴミが出てきて行政では回収してくれないゴミなどは、回収業者に依頼して回収してもらってから残った一般ごみを行政の一般ごみで回収してもらいましょう。
ゴミ屋敷になってしまった後はコツコツ片付けるのではなく、一気に片付けないとなかなか片付きません。

ゴミ屋敷を片付けるときに用意する道具と意味

ゴミ屋敷を片付けるときに用意する道具と意味

ゴミ屋敷を片付けるときに必要なのがゴミ袋です。
行政が指定しているゴミ袋の中で一番大きな服を数十枚用意しておきます。

◇ポリ袋

それか業者に出す場合は、70lのポリ袋を数十枚用意しておくと便利です。
それより大きな90lのポリ袋もありますが、70lのポリ袋の方が使い勝手が非常に良くなっています。
ゴミ屋敷にあるゴミの大部分は可燃ごみです。
ほかにも不燃ごみも出てくるので、可燃ごみと不燃ごみは分けてからゴミ袋に入れていく必要があります。
加熱ごみは行政の方で引き取ってもらえるので、できるだけゴミ袋に入れてから捨てれば費用面も抑えられます。
可燃ごみのゴミ袋はベランダなどの邪魔にならないところに仮置きしておきます。
ゴミ屋敷の片づけをするときに最初にやると片付けやすいのが可燃ごみの撤去です。
可燃ごみの撤去をスムーズに行うと残りは不燃ごみや残しておく物となります。

◇段ボール

残しておく物や粗大ごみとして捨てる物は、段ボール箱に入れると一般ゴミと分けて回収することができます。
本や衣類、CDなど残しておく物と捨てる物に分別しながら分けて入れていくと、後の作業が楽になります。
段ボール箱に入れていくことでどれだけの量のものが部屋の中にあるのかがわかります。
まずは、部屋の中にあるゴミや残しておく衣類、CDなどの量が適切かどうかを判断しやすくなります。
きれいに分けることで、冷静にゴミを分別できるようになります。

ゴミ屋敷の片付け方のポイント

ゴミ屋敷の片付け方のポイント

ゴミ屋敷のゴミの片付けのポイントは、片付ける順番を玄関、老化、部屋、風呂、キッチン、トイレの順番で片付けていきます。
自力で片付ける場合は、途中でやる気を失わないようにするために、1日で終わらせようとしないことです。
数日かけてゆっくりと片付けるつもりでやらないと途中でやる気を失ってしまいます。
片付けの最大のポイントは無理をしないことです。
片付けの2つ目のポイントは片付けるための通路を確保するっことです。

◇掃除道具を使った掃除方法

ゴミ屋敷の片付けがある程度終わったら、部屋の掃除に入ります。
今までゴミで埋もれてしまっていた床は、汚れがついてから取れなくなっているところもあります。
強力な洗剤と雑巾にモップは必需品です。
あまりにも汚れがひどい所には、デッキブラシも必要になるかもしれません。

ゴミの片付けが終わって、床の清掃もきれいに終わったら、見違えるほどきれいになっています。
これで終わりというわけではなく、きれいになった部屋をそのまま持続させることが大切です。
この後、数か月で元のゴミ屋敷になってしまっては片付けた意味がありません。

◇ゴミの段ボールへの入れ方

先ほど段ボールに入れておいた不用品や残しておく物などの分別を行っていきます。
完全な不用品、捨てるか残すか迷っている物、完全に残しておきたいものの3つに分かれます。
これら3つにきれいに分けることが大切です。
分別するときは直観に頼ってからできるだけ必要のないものは捨てて、ゴミとして分けると物が少なくなってのちの生活がしやすくなります。
3秒ルールというのがここで必要になります。

◇思い出の品の取り扱い方法

出てきたゴミは、過去1年間に使ったか使わなかったかで分けると処分しやすくなります。
この考えにあわないのが思い出の品物です。
亡くなった家族との思い出の品物などがあれば、簡単には捨てられません。
一生持っていたいものです。
思い出の品物でも、全部起こすのではなく、ある程度分けてあげないとあとで困ります。

集めた物の分別と処分方法

集めた物の分別と処分方法

ゴミ屋敷のゴミの回収作業をするときに必要なものとそうでないものを分別しながら集めていくのが分別後の処分もしやすくなります。
ゴミ以外でまだ使えるものも残すものと捨てる物を分別しながら回収していくと、その後の処理がやりやすくなります。
実際にまだ使える物をどのように分けてから回収していけばいいのかを詳しく紹介します。

◇不用品と必要品をきっちり分ける

不用品の中には使いそうなものから、全く使わないだろうと思う物を区別して回収するには、段ボールを3つ用意しておきましょう。
3つの理由として、1つは捨てる物用、2つ目は残しておく物用、3つ目は捨てるか残すかを決めかねている物用に使います。
回収するときは瞬時に判断しなければいけないので、インスピレーションが大切です。
捨てるか残すか決めかねている物に関しては、片付けた後で考えるべきことです。

残すものとしては、現在使っている物、1年以内に使う予定のあるものとなります。
捨てる物は、今スグに使う必要はないけど何となく持っている物、捨てるのはもったいないので、必要とする人にあげたいと思っている物となります。
どちらにするか迷うものは、家族の思い出の写真や品物などです。
思い出の品に関しては後でじっくり検討してから捨てるか残すかを決めればいいだけです。

◇業者に依頼するときの注意点

自力ではなく業者に依頼してゴミ屋敷の片づけとゴミの回収作業を依頼する場合に、いくつか注意点があります。
業者に依頼するときは、まずは電話かメールで見積もり依頼を出します。
その時の対応から注意が必要です。
依頼する前の対応は、その業者全体の社風にもつながります。
依頼の見積もりの電話対応を見れば良し悪しが大分わかります。

ゴミ屋敷の片付け方はプロから学べ!まとめ

まとめ

ゴミ屋敷のプロの片付け方について詳しく説明しました。
ゴミ屋敷を目の前にしてどうしようかと悩んでいる人にはわかりやすい片付け方で、きれいに片付けられる方法です。
自分ではどうしてもかたづけられない人のために業者選びのポイントを紹介しています。

業界最安値

【07月05日 02時41分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月05日 02時41分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事