引っ越しや部屋の模様替えなどで出てくる家具などの不用品。特に大きなベッドやソファーなどの場合だと処分に困りますよね。しかし、普通にゴミの日に捨てるわけにはいきません。では、一体どうしたらいいのでしょう?
実は、家具などには色々な処分方法があります。そこで、こちらでは不用品を処分する方法を紹介します。

引っ越しの時に出る不用品処分はどうする?

引っ越しの時に出る不用品処分はどうする?

不用品と一言にいっても種類は色々あり、処分の方法もたくさんあります。そして、主な処分方法は以下の5つとなっています。

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップに持って行って、買取りをしてもらえればお金に換えることができるでしょう。

また、不用品を持ってく際には目立つ汚れやシミは洗剤を染みこませた雑巾などで拭き取っておくといいです。そうすれば見た目が綺麗になるため、印象が良くなり多少査定額がUPする可能性があります。

フリーマーケットに出品する

フリーマーケットに出品して、不用品として処分に困っている家具などが売れればお金に換えられます。お住まいの地域によっては定期的にフリーマーケットが開催されているので、興味があるなら参加してみるといいでしょう。

また最近では地域のフリーマーケットだけでなく、フリマアプリというものも登場しています。フリマアプリとは、スマートフォンなどの端末を利用して、ネット上で不用品の売買をするサービスです。このサービスを利用すれば、簡単に出品できるのでとても便利です。

しかし、不用品の写真撮影や説明文章作成、落札者への連絡など色々と手間がかかるので注意が必要です。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に買取りを依頼してもらうという手もあります。業者に依頼した場合には、自分で回収日の指定が可能ですので、都合の良い日を選んで不用品を処分できるところがメリットです。

ただし、不用品回収業者によっては年末年始の営業は行っていない場合や、夕方は営業時間外など条件が厳しいところがあります。そのため、事前に業者の公式ホームページをよくチェックすることが大切です。

引っ越し業者に処分を頼む

引っ越しの際に発生した不用品なら、引っ越し業者がまとめて処分してくれます。これなら、引っ越し作業と処分を同時に行えるので、とても合理的だと言えるでしょう。処分費用として出費がかさんでしまいますが、手間がほとんどかからないのがメリットです。

仲の良い友達や親戚に譲る

不要な家具を友人や親戚に譲るという方法も一つの手です。もし親しい間柄の方が家具などを欲しがっていたら、ぜひ譲ることをおすすめします。費用が一切かからず処分できる上に、喜ばれるというメリットもあります。

しかし、相手が欲しがっていないのにも関わらず、要らないからと強制的に不用品をあげるのは迷惑になるのでやめましょう。

家具などの大きなものを処分するには?

家具などの大きなものを処分するには?

では、大型のダイニングテーブルやソファーなどの大きなものを処分するにはどうしたらいいのでしょう?具体的には2つの方法があります。



不用品回収業者に買取りを依頼する

もし、大きな不用品を処分するなら不用品回収業者に買取りを依頼することをおすすめします。これなら、買い取った家具は業者のスタッフがすべて運び出してくれるので、一切手間がかかりません。簡単に処分ができるのでとても便利です。



粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

大型の家具を処分する方法としては、料金を支払い粗大ゴミとして自治体に回収依頼することがもっとも有名な方法といえるでしょう。
粗大ゴミの回収ルールやかかる料金はお住まいの自治体によって異なりますので、自治体の公式ホームページやパンフレットなどをチェックしましょう。

基本的には粗大ゴミの回収料金は、回収物のサイズが大きければ大きいほど高くつくので、多くの家具を粗大ゴミとして回収する場合は、予算に余裕をもつことをおすすめします。

引っ越しの時の不用品処分の費用はどこに頼んだらいい?どのくらい?

引っ越しの時の不用品処分の費用はどこに頼んだらいい?どのくらい?

今まで色々な処分方法を紹介してきましたが「結局、どこに頼めばいいのか分からない」と決めかねている方もいるでしょう。

基本的には、処分方法に困ったら不用品回収業者や引っ越し業者に依頼するのが得策です。理由としては回収のプロが多数在籍しているので、スムーズに不用品を処分することができるからです。

しかし、そこで気になるのが費用の問題です。はたして、不用品回収業者や引っ越し業者などに依頼した場合は、それぞれどれくらい費用がかかるのでしょう?

不用品回収業者

不用品回収業者に依頼した場合の回収費用は、ベッドなどの大型家具は3000円から8000円くらい、イスなどの小型家具などは1000円くらいが相場です。
さらに、基本料金として3000円から5000円くらいかかることが多いです。

また他にも、回収に必要なトラック台数に換算した価格設定を行う業者もあります。このような業者の相場は、大型トラック1台5万円前後、小さな軽トラック1台1万円から2万円が相場です。

引っ越し業者

そして引越し業者に依頼した場合の回収費用は、テレビやベッドが4000円から9000円、冷蔵庫や洗濯機などは5000円から9000円くらいが相場となります。
全体的に不用品回収業者より若干料金は高めのところが多いです。そのため、不用品の量が多いと莫大な費用がかかるので注意しましょう。

不用品処分の際の注意点

最後に、処分する際に気をつける点は何でしょう?ここでは、ガスレンジの取り扱いとリサイクルショップに関するものの2つを解説します。

ガスレンジの取り扱い

ガスレンジは、多くの自治体で粗大ゴミとして捨てることが可能です。処分する際にはガス漏れ・火災を防ぐために、必ずガスの元栓を閉めたうえで管内に溜まっているガスを全て抜くことが大切です。

また、粗大ゴミとして処分するのが不安なら、不用品回収業者に依頼するといいでしょう。

リサイクルショップは汚れや傷みに注意

リサイクルショップでは、汚れや傷みがひどいものは買取りを受けてもらえません。なぜなら、そのような品を買取っても売り物にならないからです。

そのため、リサイクルショップに持っていく際には目につく汚れを必ず落とし、しっかりときれいにしておきましょう。

もし、掃除してもきれいにならないような汚れや傷みがひどい品を処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するか、粗大ゴミとして捨てることをおすすめします。

引っ越し時の家具などの不用品処分はどうしたらいい?まとめ

まとめ

ここでは、家具などの不用品処分方法について、いくつか説明してきました。どういった方法で処分するかは、お金に換えられるのかすぐに処分できるのかなど、自分に一番メリットがあると思われる方法を選択しましょう。

例えば、フリーマーケットで出品する場合や友人などに譲る場合は、他の方法と比べると引き取ってもらうまでに時間が掛かってしまう場合があるので、すぐに不用品を処分したいという方にはあまり向かない方法でしょう。

すぐに処分したいという場合には、リサイクルショップや不用品回収業者に買取りを依頼するか粗大ゴミとして自治体に回収してもらうことをおすすめします。

不用品回収業界最安値

【2018年11月01日 14時40分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事