不用品でも重い家具や家電製品の場合、自分ではもち運べないという事はよくあることで、高齢者や1人暮らしの住宅では自治体の粗大ゴミにすら出せないという人はたくさんいます。
この場合は、民間の葉品業者などに依頼して重い家具や家電などを運んでもらうと便利です。

違法な業者は摘発されないのか?

違法な業者は摘発されないのか?

正規廃品回収業者場合、一般廃棄物収集運搬許可や産業廃棄物収集運搬許可もってなければいけないという事は、すでにみなさんはご存じでしょうか?
基本はそうなのですが、許可証を持っていない人でも簡単に粗大ごみ等を集められます。

◇廃品回収業者は正規業者のみ?

一般家庭から排出されるゴミを収集・処理するためには、「一般廃棄物収集運搬許可」が必要になります。
持っていなければ、収集と処理ができないわけです。
同じように、企業や会社から排出される廃棄物を収集・処理するためには、「産業廃棄物収集運搬許可」が必要です。

また、他人から買い取った不用品を誰かに販売する場合は、「古物商」の許可が必要です。
そしてさらに、一般家庭から排出されるゴミの処理は地方自治体がすることとなっています。
その業者に与えられるのが、先ほどの「一般廃棄物収集運搬許可」の許可となります。
自治体から認められた廃棄物処理業者として営業は、その許可を持っている業者しかできません。

◇廃棄物処理の決まりでは市民生活全般をカバーできない

今の廃棄物処理の決まりでは市民生活全般をカバーするのが難しく、言わば「欠陥」だらけなのです。
そこで登場するのが、一般廃棄物収集運搬許可を得ていない廃品回収業者です。
一般廃棄物収集運搬許可を得ていない廃品回収業者の多くは、自治体行政では決してやってもらえない親切丁寧なサービスをしてくれます。
料金を払えば、持ち運びが難しい大きく重い家具家電を家の中から出して回収してくれたり、一般廃棄物や産業廃棄物問わず回収してくれたり、世間一般で言われるゴミ屋敷の片付けもしてくれたりします。

リサイクルであれば古物商の許可があれば大丈夫!?

リサイクルであれば古物商の許可があれば大丈夫!?

不用品を「廃棄物」と言ってしまうと、「一般廃棄物収集運搬許可がないから違法じゃないの?」と思うかもしれません。
しかし、回収された物を売ったり、分別して「リサイクル」するなら、古物商の許可だけで十分なのです。
回収後の処分方法が何なのかで許可証が変わるという事です。

◇破棄しなければ違法ではない

お客からの不用品を「タダで集めた廃棄物」と勝手に判断するのが間違っています。不用品はお客さんから「有料で集めてリサイクルや転売をする」と考えることが重要なのです。
つまり廃品回収業者や古物商や便利屋や引っ越し業者には課せられていないので、それらの業者に処分を頼めば、リサイクル料金を払わずに安く処分できます。

◇廃品回収をビジネスとしてやっていく方法

「一般廃棄物収集運搬許可」を新規で取得するのは、ほとんど無理といってよいでしょう。日本には「一般廃棄物収集運搬許可」を持っている廃品回収業者がすでにたくさんいて、これ以上の許可を出したがりません。
一般廃棄物運搬許可は「一般家庭から排出された廃棄物を収集して運搬して良い」という許可です。
この場合の「収集」という言葉の解釈は「無料で集める」という意味です。そのため、不用品を有料で運ぶことは違法ではありません。
買い取った不用品を直したりキレイにしたりして売るには「古物商」の許可が必要ですが、持っていなければリサイクルショップ等に買い取ってもらえば問題ありません。
そして、もう価値の無いゴミは「一般廃棄物収集運搬許可」を持っている業者に引き取ってもらえば、全く問題なく廃品回収業者としてやっていけることになります。

不法投棄は罰せられる

不法投棄は罰せられる

重量が重いから廃品回収業者に依頼して自宅から運び出してもらいたいと誰もが思います。
自治体へ出す場合は、自分で運ばなければいけません
その場合、運べないのでどうしても業者に依頼してしまいます。
業者に依頼するのはいいのですが、選択ミスをしないように業者選びは慎重にしましょう。

◇悪質葉品回収業者には注意!

不法投棄とは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に反して決められた処分場以外の場所に、廃棄物を投棄することです。これぐらいの量ならばと、ゴミを不法に捨ててしまうことがありそうですが、少しでも不法投棄には罰則が設けられていますし、場合によっては逮捕されてしまうこともります。

◇持ち主が罰せられる!

不法投棄をすると、1,000万円以下の罰金刑または5年以下の懲役刑が課されるおそれがあります。
逮捕後72時間は家族と面会できず、弁護士だけが頼りになります。
それも業者に依頼して業者が勝手に不法投棄をした場合は、罰せられるのは業者ではなく持ち主の依頼者になるという事を知っておきましょう。
弁護士の腕次第で釈放の可否や起訴・不起訴、量刑内容も大きく変わってくる可能性があるので、経験豊富な弁護士を見つけることがカギになります。
しかし、業者に依頼して勝手に不法投棄をされてしまった場合は納得がいかないことでしょう。
しかし、それが現実の法律となっているので業者選びは充分に注意が必要です。

優良廃品回収業者の作業の流れ

優良廃品回収業者の作業の流れ

廃品回収業者には悪徳業者と優良業者の2つにわかれます。
業者の違いはどのような営業方法を行っているかである程度分かります。

典型的な優良廃品業者の例として少し紹介しておきます。今からはなすような市杭をきっちりと行っている廃品業者は間違いなく優良廃品回収業者と言えます。

◇見積もり

優良廃品業者は、お客のご希望・ご相談などを承り、回収品などの確認をさせていただき、見積り金額をお伝えいたします。
万が一、料金にご納得いただけなかった場合は、お断りいただいても構いませんという方針の業者の場合は、安心して利用できます。
見積もりも、もちろん無料というのが優良廃品回収業者です。
また、回収品が少量・時間がない・すぐに料金が知りたいという場合には、携帯電話で撮影した画像からでも見積もりもできたりします。

◇料金表

軽トラック20km未満6,000円、20km以上30km未満8,000円、30km以上40km未満10,000円、40km以上50km未満12,000円となります。

2tトラック20km未満10,000円、20km以上30km未満14,000円、30km以上40km未満18,000円、40km以上50km未満22,000円となります。

3.5ユニック車20km未満16,000円、20km以上30km未満20,000円、30km以上40km未満24,000円、40km以上50km未満28,000円となります。

4tユニック車 20km未満24,000円、20km以上30km未満30,000円、30km以上40km未満36,000円、40km以上50km未満42,000円となります。

◇作業実施

お客様のご希望の日時にお伺い致します。 分別や整理に搬出は、スタッフが行いますので、依頼主はそのままの状態でお待ちください。
お見積り当日の回収も可能です。

◇料金のお支払い

作業終了後、お会計させていただきます。(支払方法は現金・カードでのお支払いとなります。領収書を発行いたします)
弊社が買取させていただく場合は、その場で現金またはカードにてお支払いさせていただきます。
法人さまでマニフェストが必要の場合には、後日郵送にてお送りいたします。

重い不用品は廃品業者がお得!?まとめ

まとめ

ここまで、重量のある不用品を処分するのには自治体ではなく民間の廃品回収業者に依頼すると便利ですが、業者選びには十分な注意が必要であることを紹介してきました。
実際に、業者の中には悪徳業者と優良業者の2択になるため、間違っても悪徳業者を選択しないように十分な情報を提供してきました。
無許可で廃品回収を行っても問題はなく、不法投棄をしなければよいという解釈になります。
その不法投棄をする悪徳業者があるため業者選びは注意が必要で、その点お判断材料を提供してきました。
重い不用品を業者に依頼するときはこちらの情報を参考にしてみましょう。

業界最安値

【07月13日 06時49分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月13日 06時49分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事