ゴミ屋敷になると近隣にも迷惑をもたらす悪以外何物でもありません。
ただし、ゴミ屋敷に住んでいる人にも事情があり、ゴミを片づけたくてもできない事情があります。
ゴミ屋敷住人だけを批判しても何も改善されないため、できるだけ回りの協力とともにみんなが幸せになるように行動できれば一番良いのではないでしょうか。
こういった人のお助けマンになりえる組織があります。
その組織はゴミ屋敷清掃士認定協会というものです。
ゴミ屋敷清掃士認定協会について詳しく紹介します。

ゴミ屋敷がもたらす迷惑とは

ゴミ屋敷がもたらす迷惑とは

ゴミ屋敷と言えばテレビでもたまに報道される社会の悪と思われがちですが、実際にそうなのでしょうか。
住んでいる住人は、ゴミ屋敷になりたくてなったのでしょうか?
回りの人たちは文句を言うだけで、助けてきたのでしょうか?
それぞれの立場からどのような害を与えているのかを見ていきましょう。

◇ゴミ屋敷は住人本人を苦しめる

ゴミ屋敷にしてしまった住人が一番悪いのですが、好きでゴミ屋敷にしてしまった人はあまりいません。
精神疾患や、社会からの孤立などが負担となりゴミを処理できなくなった人も大勢います。
そういった人は病気に近いもので、治療すれば治りゴミ屋敷にも住みたいとは思っていません。
あとは、高齢者で身体が自由に動かないために物を動かすことができなくなった1人暮らしもいます。
これらに対しては社会の助けが必要になっています。

◇回りの人に臭いと害虫の迷惑をかける

ゴミ屋敷になってしまうと、住人だけではなく近隣の住人にも迷惑をかけてしまうのも事実です。
近隣にゴミ屋敷があるために、悪臭や外注の被害にあうこともあります。
ここまでの被害を受けるようになると、ゴミ屋敷化は相当進んでいます。
できれば近隣と住人がうまく話し合って解決できればいいのですがなかなかできません。

ゴミ屋敷の救世主出現

ゴミ屋敷の救世主出現

ゴミ問題は住人本人と回りに住む住人の両方が迷惑を被るわけですが、今のところあまり特効薬というもが見つかっていないのが現状です。
こういったゴミ屋敷問題は放置しておけない状態になりつつあります。
これらの問題を解決するためにゴミ屋敷清掃士認定協会と言うものがあります。
ゴミ屋敷清掃士認定協会がゴミ屋敷にどのような役割をしているのか詳しく見ていきましょう。

◇ゴミ屋敷清掃士認定協会について

ゴミ屋敷清掃士認定協会とはゴミ屋敷の清掃を行うスペシャリストを育成するための協会です。
最近の住宅事情として10件のうち1軒はゴミ屋敷と言われています。
その根本的な原因は、ライフスタイルやワークスタイルの変化によるものと言われています。
一番大きな原因は精神的なダメージを受けてしまってゴミ屋敷を作り出しています。
ゴミ屋敷を片づけてくれる業者の質の向上を目指して教会で清掃士のプロを認定していき、業者の技術レベルの向上に尽くしています。
その延長線上にあるのが、実際のゴミ屋敷を片づけてもらいたいと考えている一般ユーザーのニーズに答えることができるわけです。
資格を持っていれば、ユーザーも安心して依頼できます。

◇ゴミ屋敷清掃士認定協会とは

ゴミ屋敷清掃士認定協会は3つの理念の元、活動しています。

1.敬意をもって行動する
ゴミ屋敷住人のことを真剣に考えてから向き合います。
2.今以上の良い社会にする
少しでもゴミ者式問題を解決できればと考えている
3.ゴミ屋敷対策を安心・安全を持って取り組む
ゴミ屋敷の解決に向けてリスクを伴ないますが、そのリスクを極力少なくなるようにして作業員の安全対策にも尽力を尽くしています。

◇ゴミ屋敷の動向

最近はゴミ屋敷という言葉が世間で認識されてきていて、合同の影響が非常に大きくなっています。
言葉が先行していて、実際の実態についてはあまり知られていないのではないでしょうか。
ゴミ屋敷でも行政の条例によって強制退去ができるようになってきています。
ただし、ゴミ屋敷は強制退去さえ行えば解決する問題ではありません。
人そのものの改善をしなければゴミ屋敷そのものは解決しません。

◇ゴミ屋敷を形成する原因

ゴミ屋敷になる大きな原因は2つです。
1つは「物を捨てられない」、2つ目が「物を集めてしまう」というたったこれだけのものがゴミ屋敷を作り上げています。
ゴミ屋敷を改善するには住人のやる気がなければ絶対に解決しません。
ゴミ屋敷がもたらす問題点をしっかりと住人に伝えて理解してもらうことが重要です。
これができれば、ゴミ屋敷の片付けの半分以上が終わったことになります。

◇ゴミ屋敷のリスク

ゴミ屋敷をそのまま放置していると、ゴミがもとで火災が発生するリスクが高くなります。
それだけではなく害虫などを媒介して病気のリスクもあります。
ゴミ屋敷に住人がいない時に火災が発生すれば近隣住宅にも火災のリスクが発生します。
ゴミ屋敷には様々なリスクがありますが、メリットは皆無に等しい状態です。
健康被害も見過ごせません。
ゴミ屋敷から細菌やウィルスが蔓延して近隣住民の健康を害することもありえます。

ゴミ屋敷清掃士とは?

ゴミ屋敷清掃士とは?

ゴミ屋敷清掃士とはゴミ屋敷清掃士協会が認めた資格で、ゴミ屋敷の知識を十分に持っていて対処する技術も有して、自覚をもってゴミ屋敷の清掃業務ができる技術者の資格となります。
認定資格を所有している技術者は正確なゴミ屋敷の清掃判断ができて、依頼する人に対して正確な必要な費用を算出してくれます。
その上の資格としてゴミ屋敷清掃士マスター等物もあります。
これらゴミ屋敷に関係する資格について詳しく紹介します。

◇ゴミ屋敷清掃士

ゴミ屋敷清掃認定協会が掲げたのがゴミ屋敷ゼロ計画です。
そのためにゴミ屋敷清掃士という認定資格を作り、プロのゴミ屋敷清掃員を輩出しようとしています。
ゴミを分別できる資格取得者を数多く輩出することで環境問題にも一石を投じようとしています。
ゴミ屋敷清掃士がいる業者は、優良な業者と世間から見られるという利点があります。
そのため、清掃業務を受注しやすくなります。

◇ゴミ屋敷清掃士マスター

ゴミ屋敷清掃士マスターはプロ中のプロがなれる資格試験の合格者です。
自覚・知識・技術が誰よりも卓越していてゴミ屋敷清掃士マスター自体まだ、あまりいません。
マスターがいる企業などは清掃業界では引く手あまたで仕事はたくさんあります。
マスターと名がつく上で、いい加減なことはできません。
しっかりとして技術と知識を持ってゴミ屋敷の片づけを行わなければいけません。

自治体が行うゴミ屋敷対策の実態

自治体が行うゴミ屋敷対策の実態

自治体のゴミ屋敷への対応の前にゴミ屋敷の考えとどこまで踏み込めるかを見てみましょう。
ゴミ屋敷の住宅があっても勝手に敷地内のゴミを他人が撤去できないのが現状です。
それが行政で会っても勧告等はできますが、直接ゴミを処分することはできません。
ただしゴミ屋敷の廃止や予防のための条例は自治体ごとに制定されているところがあります。

◇自治体で条例が制定されている場合のゴミ屋敷対策

自治体でゴミ屋敷に対する条例が制定されている場合は、若干踏み込んだ行動がとれるようになっています。
ある自治体では「調査・指導・勧告の実施」「命令・公表・代執行の実施」「生活環境保全審議会の設置」が制定されていて、ゴミ屋敷の相談があったものの約80%を解決しています。
条例がなかったら、そのほとんどが解決されていなかったようなゴミ屋敷ばかりです。
自治体ごとで条例を制定して対応できる湯にするのは良いことです。
ただし、全国的にどこでもできるような法律ができた方がどこの自治体でもやりやすいのではないでしょうか。

ゴミ屋敷清掃士認定協会とは何者?まとめ

まとめ

ゴミ屋敷清掃認定協会について詳しく紹介してきました。
昨今のごみ屋敷は増加の一途をたどり、対応できる業者を増やさないといけない状況になりつつあります。
ゴミ屋敷を清掃する御者が増えて、対応できるようになりつつあるのは喜ばしいことではないでしょうか。
それでもゴミ屋敷は増えてきていて資格取得者はまだまだ不足しています。
もっとたくさんの資格取得者が出てきて、ゴミ屋敷ゼロを目指せる体制になることを祈ります。

業界最安値

【12月03日 22時09分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【12月03日 22時09分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事