ゴミ屋敷になってから一番怖いのは感染症や病気です。
一度ゴミ屋敷にしてしまうと様々なウィルス性感染症を発症します。
事前に知っておきたいという人にはわかりやすくかかりやすいウィルス性感染症について紹介しています。
あとは、発症しないようにするためにゴミ屋敷の予防や速やかなゴミ屋敷の解消法について詳しく説明しています。

ゴミ屋敷がもたらす代表的な感染症

ゴミ屋敷がもたらす代表的な感染症

ゴミ屋敷になると本人だけではなく回りの住人にも悪い影響を引き起こしてしまいます。
害虫被害や感染症などありますが、その中でも一番怖いのがウィルス性感染症です。
今回、実際にかかりやすい感染症を具体的に紹介します。

◇ぜんそく

ゴミ屋敷になるとぜんそくにかかる可能性があります。長期間ほこりやハウスダストなどを吸引していると、大人でも簡単にぜんそくになってしまいます。
ほかにもカビや細菌などでもぜんそくにかかります。
高齢者は得に注意が必要で、ぜんそくが進んで肺炎になってから命を落とす可能性もあります。

◇アレルギー症

ゴミ屋敷に発生する飲み屋ダニの死骸や糞などで、人体にアレルギー反応が起きる人も出てきます。
ダニや飲みなどは病原菌を媒介しているので思わぬ病気を発症する可能性もあります。
体調に変化が出てきたら、迷わず医師の検診を受けるようにしましょう。

◇胃腸炎

通常の環境と違うので、風邪の症状でも実際は感染症にかかっている可能性があります。
内臓系もゴキブリやハエなどを媒介して予期せぬ病気に感染する可能性があります。
ハエやゴキブリは食べ残しの部分など汚い食べ残しの上を歩いてから病原菌を媒介することがあります。
これが、人間の衣服に付着して手で触って思わず口に入ると感染症にかかってします。
最近位は赤痢菌やサルモネラ均、O157など重症になりやすい感染症も含まれています。
体調が悪いときは、迷わず医師に検診してもらいましょう。

カビが引き起こす感染症

カビが引き起こす感染症

ゴミ屋敷になるとカビが大量に発生して、人体に悪い影響を与えてしまいます。
子供だけではなく、大人でもいろいろな感染症を引き起こします。
カビが引き起こす感染症について詳しく紹介します。

◇気管支肺アスペルギルス症

カビによっては称する感染症に気管支肺アスペルギルス症があります。
気管支肺アスペルギルス症は、カビを吸い込んで肺にカビが生えてしまう症状のことです。

症状が出ない場合もあり、発症してもわかりにくい病気です。
ゴミ屋敷で大量にカビが発生すると注意しなければいけません。

◇クリプトコッカス症

カビの中のクリプトコッカス菌というものを肺に吸い込んでしまうとクリプトコッカス症を発症します。
クリプトコッカス症は簡単には発症しませんが、免疫力が落ちた人や高齢者は発症しやすくなっています。
症状としてはせきや胸痛などがあり、最悪呼吸困難に陥ることもあります。

◇カンジダ感染症

カンジダ菌は皮膚や女性の生殖器などに普通に存在します。
普段は発症することはあまりありませんが、体が弱ったときに発症します。
高齢者などが発症しやすくなっています。

◇水虫

水虫は足白癬(あしはくせん)というのが正式な病名です。
白癬菌(はくせんきん)という菌でゴミ屋敷になると発症しやすくなります。
ゴミ屋敷なってしまっていろいろな菌の中に含まれる菌の一種でもあります。

◇気管支喘息

ゴミ屋敷にしていると、ある日突然せきが出始めて喘息になることがあります。
これが気管支喘息です。
気管支喘息になると息ができないくらいせきが続いて吸引機吸引しなければせきが収まらなくなります。
最悪呼吸困難になることもある恐ろしい病気です。
アレルギーの一種ですが、一度かかると完治するのが難しくなります。

◇夏型過敏性肺炎

ゴミ屋敷になると大量のほこりも発生します。
ほこりによって夏型過敏性肺炎を発症することがあります。
これは、ほこりに含まれているトリコスポロンによるものです。
慢性化すると肺が委縮して呼吸困難になることもあり、生命の危機を感じることがあります。

◇アレルギー性結膜炎

通常ほこりやハウスダストにより起こるアレルギー性結膜炎ですが、ゴミ屋敷の場合も相当量のほこりやハウスダストがあるので発症しやすい環境に置かれています。
症状としては目がかゆくなり、白目の部分が真っ赤になることもあります。

ダニの糞が引き起こす感染症

ダニの糞が引き起こす感染症

ゴミ屋敷になるとダニも発生します。
ダニが発生すると普段かからないような変わった病気を発症することもあります。
ダニによる病気について紹介します

◇ダニ媒介性脳炎

ダニが媒介して発症する病気には、ダニ媒介性脳炎という病気があります。
脳にウィルスが感染して、症状としては4人に1人が発熱・激しい頭痛・まひや痙攣などを引き起こす非常に重篤な患者になってしまう病気です。
ゴミ屋敷にしてしまうと、まれにかかる病気です。
治療するにはワクチンが必要になります。

◇ライム病

ヨーロッパなどで発症するライム病というものがあります。
こちらもダニを媒介して発症する病気です。
症状としては、症状が全く出ない場合から特徴的な皮膚発疹や神経症状を伴う髄膜炎などを引き起こすことがあります。

◇アレルギー

ゴミ屋敷で一番多いのがアレルギーです。
アレルギーはほこり・ハウスダスト・ダニ・などが要因となって発症する症状です。
簡単に発症するので、常に気を付けなければいけません。
ゴミ屋敷の近隣の住人でも発症するので注意が必要です。

感染症にならないためには

感染症にならないためには

ゴミ屋敷になると、ほこりやダニなどによっていろいろな病気を発症する可能性があります。
病気を発症しないようにするには何をやればいいのでしょうか。
何よりもゴミ屋敷になる前に回りの住人と行政がタッグを組んでから回避させることが重要です。
それでもゴミ屋敷になってしまった場合は、ゴミ屋敷の早期解消が病気にならずに済む手段です。

◇ゴミ屋敷の予防

病気にかからないようにするには、ゴミ屋敷ならないように予防することが一番です。
ゴミ屋敷を予防するには、物を溜めないことが一番です。
物を買う習性がある場合は、できるだけ必要なもの以外は買わないように癖をつけることです。
2つ目に物を捨てられないでため込んでしまう癖がある場合は、定期的に業者に依頼して使っていないものを捨てるようにすれば常に一定以上のものを置くことはなくなります。

◇ゴミ屋敷の早期解消

どうしても物がたまってしまってゴミ屋敷になってしまった場合は、早くゴミ屋敷から脱出することです。
ゴミ屋敷を脱出するには、自分で地道に片付けることです。
ゴミ屋敷にしてしまった人が片付けることなどは考えにくいので、無理な作業です。
2つ目が、家族や友人に依頼して片付けることです。
確かにそれであれば片付けられそうですが、集めたごみの処理や、ゴミを出した後の掃除までをしてもらうのは勇気がいります。
3つ目が業者に依頼してゴミの片づけと清掃をしてもらうやり方です。
この場合は、費用が発生します。
ただし、お金を払えば、気兼ねなく依頼できるのできれいに片付きます。

ゴミ屋敷がもたらすウィルス性感染症!解決策はゴミ屋敷いしないことまとめ

まとめ

ゴミ屋敷になると、ほこりやダニなどによっていろいろな病気を発症する可能性があります。
病気を発症しないようにするには何をやればいいのでしょうか。
何よりもゴミ屋敷になる前に回りの住人と行政がタッグを組んでから回避させることが重要です。
それでもゴミ屋敷になってしまった場合は、ゴミ屋敷の早期解消が病気にならずに済む手段です。

◇ゴミ屋敷の予防

病気にかからないようにするには、ゴミ屋敷ならないように予防することが一番です。
ゴミ屋敷を予防するには、物を溜めないことが一番です。
物を買う習性がある場合は、できるだけ必要なもの以外は買わないように癖をつけることです。
2つ目に物を捨てられないでため込んでしまう癖がある場合は、定期的に業者に依頼して使っていないものを捨てるようにすれば常に一定以上のものを置くことはなくなります。

◇ゴミ屋敷の早期解消

どうしても物がたまってしまってゴミ屋敷になってしまった場合は、早くゴミ屋敷から脱出することです。
ゴミ屋敷を脱出するには、自分で地道に片付けることです。
ゴミ屋敷にしてしまった人が片付けることなどは考えにくいので、無理な作業です。
2つ目が、家族や友人に依頼して片付けることです。
確かにそれであれば片付けられそうですが、集めたごみの処理や、ゴミを出した後の掃除までをしてもらうのは勇気がいります。
3つ目が業者に依頼してゴミの片づけと清掃をしてもらうやり方です。
この場合は、費用が発生します。
ただし、お金を払えば、気兼ねなく依頼できるのできれいに片付きます。

業界最安値

【04月04日 03時16分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月04日 03時16分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事