ゴミ屋敷を片付けたいと思っていても自力では手が付けられなくなっている住居の場合、業者に依頼することでゴミ屋敷から脱却できます。
そんな当たり前のことが依頼できないのには理由があります。
恥ずかしいという気持ちが先に出てから人には見せたくないので、業者にも依頼できない人はたくさんいます。
まずは、殻を打ち破るために何が原因で依頼できないのかをしっかりと見つめてからを破る必要があります。
そんな、業者に依頼できない人が依頼してみようと思えるような情報を紹介しています。

ゴミ屋敷になってしまう理由と問題

ゴミ屋敷になってしまう理由と問題

ゴミ屋敷になっているのには原因があります。
住人がだらしないからゴミ屋敷になっているのではなく、精神的な原因で追物を買ったり捨てられなかったりと寂しさを紛らわしたりしている人もいます。
住人の意思とは関係なくゴミ屋敷になってしまっているケースも多々あります。

◇多忙で片付ける時間がない

ゴミ屋敷にする人の特徴的なものが、仕事が忙しくてプライベートの時間すらない状態です。
ゴミを片付けるどころか、掃除をする暇もないくらい多忙です。
ここまで忙しいと、コンビニ弁当やデリバリーを頼んでゴミが部屋に溜まってしまいます。
できるだけ時間を作るようにできたらゴミ屋敷問題は解消します。

◇物を捨てられない

2つ目はゴミ屋敷になってしまい理由として、物を捨てられない人がいます。
ゴミを捨てないのではなく、もったいないから捨てられないのです。
この場合は、最終的に部屋中ゴミだらけになりゴミ屋敷になってしまいます。
家族持ちの場合は、子供たちの思い出の品などは全部捨てられないで取っておく傾向にあります。

◇孤独が物を捨てられなくなる

1人暮らしをして近くに親族や知人がいない場合は寂しさから物を捨てられないでいる人はたくさんいます。
寂しいという気持ちとは裏腹に、回りとのコミュニケーションを取ろうとしないためでもあります。
寂しさを紛らわすために、物を捨てずに部屋にため込んでいる傾向があります。

ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼するのは恥ずかしい?

ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼するのは恥ずかしい?

ゴミ屋敷にしてしまって後悔していても始まりません。
後悔してから恥ずかしくて誰にも話せないでいると、もっと醜いゴミ屋敷になります。< br>家族や知人には言えない場合は、業者に依頼するときれいに片付けてくれます。
それも回りにできるだけわからないように片付けてくれます。

◇業者はなれている

ゴミ屋敷になってしまって汚い部屋を他人に見られたくないという恥ずかしさの為に、業者に依頼できないという人も多いのではないでしょうか。
ゴミ屋敷の住人が女性の場合、片付けている最中に恥ずかしい物が出てきてしまったらどうしようと考えてしまいます。
ただ、業者は何件ものゴミ屋敷を片付けてきていて男性、女性関係なくゴミを片付けるというプロ意識をもって行っているプロなので、気にする必要はありません。
そんなことを気にしていると、いつまでもゴミ屋敷のままできれいにすることはできません。
業者に依頼して一気に部屋が片付いた方が心も晴れやかになって、その後の生活に張りが出るのではないでしょうか。

◇ゴミ屋敷本人のためには絶対に必要

ゴミ屋敷を片付けることで、部屋をきれいにして新しい生活を始めるのにはちょうどよい環境になります。
一旦、ゴミ屋敷を片付けることで、その後ゴミ屋敷にならないようにする必要があります。
住人に対して片付けるという意識を持たせることができます。
一度意識を持つと、その後ゴミ屋敷にする確率も低くなります。
ゴミ屋敷になった状態で生活をしてきていると、ゴミだけの問題ではなく、身体に異変を感じたり、病気になったりした経験がある場合は、特にきれいになってから病気にならないようにするためにも、ゴミ屋敷化は避けるように努力するのではないでしょうか。

恥ずかしいからこそ業者に依頼する理由

恥ずかしいからこそ業者に依頼する理由

ゴミ屋敷に鳴ってしまうと、恥ずかしいという気持ちが出て、人との交流自体を避けるようになりがちです。
女性であれば、特にその気持ちは強くなり、業者でさえ見せたくないと考えてしまいます。
恥ずかしいと考えるのではなく、今の環境を改善して新たな一歩を踏み出すことを考えれば、ゴミ屋敷の片づけができます。
人はゴミ屋敷化をどういうことで恥ずかしいと思うのか詳しく見ていきます。

◇恥ずかしいという気持ちは女性に多い

ゴミ屋敷にしてしまって恥ずかしいと思いやすいのは女性です。
男性の場合は、部屋がゴミだらけになってもあまり恥ずかしいとは思いません。
男女でこれだけの違いがあります。
女性の中でも特に恥ずかしいと思うのは、中高年の女性です。

◇地位と年相応の社会的な立場がある

年齢とともにいろいろな知識や経験をしていきます。
知識と経験が人としてこうあるべきだという固定概念が生まれていきます。
年相応のあるべき人としての振る舞いが限られてきて、中高年で部屋が汚いのはだらしない、人として欠陥があるのではないかなどと人格を否定されるようになります。
若い世代であれば、若気の至りという考え方で世間は仕方がないと理解してくれますが、ある程度の年齢に達するとそうは思ってもらえません。
中高年がゴミ屋敷にしてしまった場合、より一層恥ずかしいという気持ちになるのは、この世間の考え方があるからでしょう。

◇人生経験がある人ほど業者に依頼できない

20代・30代はまだ許せるのですが、40代・50代になると社会的な地位がある程度できてきます。
年配世代のゴミ屋敷はゆるせないと世間では思われるかもしれません。
そんな、中高年の自宅がゴミ屋敷だと信用を失いかねません。
だから、いくら業者といえども、人にゴミ屋敷を見せられなくなってしまっています。
年齢とともにネガティブ思考が先に出てくるので、これを断ち切ることがゴミ屋敷の改善につながります。
ネガティブ思考をポジティブ思考に切り替えることで、業者に依頼してごみ屋敷を片付けることができます。

◇業者は仕事を淡々とこなす

ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼したいけど、恥ずかしいという考えが先に出て、なかなか依頼できないというのがゴミ屋敷住人の考えです。
業者側から考えると、業者は片付けるのが仕事のわけです。
きれいな部屋など作業をしているときになかったはずです。
依頼するときに気にする必要はありません。
ゴミ屋敷は汚いものと思ってから仕事をこなしてくれます。
まずは業者に依頼するという第一歩を踏み出すことです。

業者に依頼するメリットと料金相場

業者に依頼するメリットと料金相場

ゴミ屋敷にしてしまって相談する相手もいない場合、プロの業者に依頼すると誰にも知られずにきれいに片付けられます。

◇ゴミ屋敷業者は実績数が段違い

業者に依頼するとみられるのが恥ずかしいと思って、依頼することを躊躇する人も多いのではないでしょうか。
ゴミ屋敷を見慣れている業者だからこそ行き届いたサービスが受けられます。
どんなゴミ屋敷でも、片付けるときに住人の意見をしっかりと聞いてからそつなく片づけをしてくれます。

◇必ず部屋はきれいになる

ゴミ屋敷を見せたくないという気持ちよりもきれいにしたいという気持ちで業者に依頼して片づけをしてもらうと恥ずかしさよりも、片付いた後の気持ちよさは格別です。
業者はプロなので、いろいろなゴミ屋敷の住人たちの意見を聞いてから片付け作業を行ってきています。
友人・知人にお願いするのとは全く違っていて、業者だから遠慮なくやってもらいたいことを全て依頼できます。
とにかく片付いた後の生活のことを考えると業者に任せておけば、プロの片付けとはどういうものかがわかるのではないでしょうか。

◇部屋の広さ別料金相場

1.1Rや1Kの費用相場
1R1Kの場合、業者に依頼してもそこまでの費用は掛かりません。
1Rや1Kの片付けで支払う費用は、3万円から8万円程度で依頼できます。
これを安いととらえるか茶会ととらえるかは考え方次第です。
自分で片付ける必要がなく、終わったら住みやすいゴミ一つない部屋に代わります。

2.1DKの費用相場
1DKの広さの場合は、5万円から12万円程度で依頼できます。
この費用には人件費だけではなく、出てきたゴミを処分してくれる費用も含まれています。
1DKの広さの部屋を自分で片付けることを考えると、掃除道具や洗剤なども購入して部屋の片づけだけでも1日程度はかかります。
その後掃除をして、出たごみは行政か業者に依頼して捨てなければいけません。

3.1LDKの費用相場
夫婦2人で済んでいる1LDKの場合は7万円~20万円程度かかります。
夫婦2人分のゴミの片づけと掃除をしてくれるわけなので、この料金は割安ではないでしょうか。
この料金が高いと思う人は、次回より、日ごろの掃除と片づけをしっかりと行うようにしておくと、業者に依頼する必要もありません。

4.一軒の費用相場
一軒家の場合は、家族4人で住んでいるようなケースで、それなりの部屋数と広さがあります。
業者に依頼するとどのくらいの費用が必要になるのでしょうか。
一軒家の場合は、最低22万円からとなります。
その家のゴミの量によって金額は大分変ります。

ゴミ屋敷を自力で片付けられない時は業者が一番!まとめ

まとめ

ゴミ屋敷にしてしまって、そのままの状態で過ごしている人の心理状態について紹介してきました。
そんなゴミ屋敷の住人には目から鱗の情報で、ゴミ屋敷を改善することができる情報です。
今ゴミ屋敷で片付けられないで悩んでいる人は参考にして殻を破りましょう。

業界最安値

【04月06日 10時37分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月06日 10時37分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事