ゴミ屋敷になってしまって自力で片付けられればいいのですが、そうはいかない時があります。
大量のゴミや荷物などとても1人では片付けられない量が部屋にあるときは、業者に依頼して片付けてもらわなければいけません。
そんな業者選びのポイントや注意点について詳しく紹介します。
今から業者を探そうとしている人には見てもらいたい情報が詰まっています。

ゴミ屋敷の種類

ゴミ屋敷の種類

ゴミ屋敷の原因にはいろいろとあります。
ゴミ屋敷を物理的な違いによってどう変わるのかを見ていきます。
男性のゴミ屋敷と女性のゴミ屋敷にはそこまでに至るまで大分違いがあります。
ゴミ屋敷化してから経過した年数によってもゴミ屋敷の汚さは変わってきます。
男女差や年数差を詳しく見ていきましょう

◇男性と女性の違いとは

ゴミ屋敷になるまでの過程で、男性と女性のゴミ屋敷では全く違います。
男性のゴミ屋敷の場合は、物を溜めてしまって最終的にゴミ屋敷になります。
それは、弁当の残り物やペットボトルが散乱していきゴミの山になっていきます。
最終的にゴミ屋敷になります。

女性の場合は、ゴミを溜めていくというよりは、物を捨てられないで残っていってしまいます。
女性は特に衣服など新しいものであれば、すぐに購入します。
その後, 古い衣服を捨てれば溜まることもありませんが、古い衣服などはそのまま残しています。
それが積み重なっていき、ゴミ屋敷になってしまいます。

◇ゴミ屋敷の年数の違いとは

ゴミ屋敷なってからの年数によって違いがあるのでしょうか?
一旦ゴミ屋敷になってからはどれも変わりがないように見えますが、ゴミ屋敷の年数によって大きく変わります。
ごみ屋敷になってから1年のAさんと10年のBさんの場合、同じ高さまでごみが溜まってしまっていますが、まったく別のゴミ屋敷となります。
1年目の場合は、重なっているだけで圧縮されているわけではありません。
10年経過した場合は圧縮されてから重量がかかって相当量のゴミが蓄積されています。
同じ高さのゴミですが、10年経過のゴミは1年経過のゴミの数倍の重量があります。

清掃業者の選び方

清掃業者の選び方

ゴミ屋敷を清掃するときに業者に依頼します。
業者を探していくときにポイントがいくつかあります。
そのポイントには、料金、サービス内容、スタッフの対応、この3つがどうなのかを業者ごとに見ていくと、必然的にどこの業者に依頼したらいいのかがわかってきます。
料金が安いだけでもよくないし、サービスが充実しているだけでもよくありません。
そんなゴミ屋敷の片づけで業者に依頼するときのポイントを詳しく紹介します。

◇清掃業者を選ぶときのコツ

1.料金の安さ
清掃業者を選ぶときに一番気になるのが料金です。
ただし、安かろう悪かろうということもありますが、安い業者はサービスも悪いと考えるのはあまりお勧めできません。
安い業者の中にも優良な業者はあります。
安い理由がしっかりとしていれば問題ありません。

2.サービス内容
ゴミ屋敷を片づけるのにサービス面ではいろいろとあります。
サービスの基本料金があり、プラスして清掃作業やゴミの回収作業などをオプションで提供している業者もあります。
基本料金にゴミの回収と清掃作業も含まれている業者もあります。
ゴミ屋敷の片づけは片付け、回収・清掃の3つは必要不可欠の作業なので、基本料金に含まれていると便利です。
トータルで考えて、どの業者が一番安くサービスを提供してくれるのかを判断しましょう。

3.スタッフ作業員の資質とサービスと面では経験年数によって大きく変わります。
料金意味あったさービスを提供してくれるかどうかは重要です。
ゴミ屋敷のゴミの片づけは簡単そうに見えてそうでもありません。
アルバイトが片付ける場合とプロが片付ける場合では大分変ります。
それぞれの資格を持っている作業員が作業する場合は作業終了後の部屋のきれいさが違います。
こればかりはサービスを受けてもらわないと実感できません。

◇清掃業者を選ぶときの注意点

清掃業者を選ぶときの注意点について紹介します。
スタッフの質は築年数ともっと上の部分にあります。
業者選びをするときには口コミや評判などは見ておく必要があります。
口コミやひょうばんが良い業者は実績もあり、利用者が実際に体感した結果となります。
利用者の声は業者選びでは重要なポイントになります。
ただしあまりにも業者を持ち上げるような口コミは逆にやらせの可能性があるので要注意です。
人は利用したものをそこまでほめることをしません。
そのために、業者に対してそれなりの良い口コミや、若干悪い点などが書かれている方が信ぴょう性はあります。

どんなサービスでも業者選びの鉄則として,複数の業者に見積もりを出してもらってから決めるのは大前提です。
複数業者に見積もりを出してもらうと、同じゴミ屋敷の片づけでも10万円~20面円程度の差が出てくることがあります。
10万円と20まんえんではおおきく違います。
出費をどれだけ抑えるかで必要なことです。
できるだけ見積もりの詳細が書かれている業者を選んだ方が、後から追加で料金が発生することがありません。

清掃業者の費用の相場

清掃業者の費用の相場

清掃業者に依頼するとかかる費用を大きく3つあります。
車両費・人件費・運搬費となります。
それぞれの費用について詳しく紹介します。

◇車両費

まずは車両費ですが、回収したごみを運搬するときにかかるガソリン代です。
ゴミの量にもよりますが、軽トラックを使う場合と一般的なトラックを使う場合では大分変ります。
目安として、軽トラックの場合は3000円から5000円となります。
1tトラックの場合は、5000円~10000円となります。
2tトラックの場合は、10000円~15000円となります。
これが一般的な車両費になりますが、自分で時間数を決めてレンタルする場合もう少し安くなります。

◇人件費

人件費はその名の通リ作業する人の費用となります。
1人あたり10000円~15000円となります。
この場合の時間は約半日作業をした場合の人件費となります。
1日作業が必要な場合は20000円~30000円になります。
高いと思われるかもしれませんが、作業内容がゴミ屋敷の片付けとなるのでリスクを考えると妥当な金額ではないでしょうか。

◇処分費

処分費は回収してもらってゴミを処理してもらう費用となります。
この金額はゴミの種類や量によって変わってくるので、一概にいくらとは言えません。
時間単価でいうと12000円~20000円程度はかかります。
ゴミ屋敷でもなくなった人の片づけとかになると特殊清掃になるのでもっと高くなります。

◇その他

運搬費・人件費・処分費の3種類の費用について説明してきました。
依頼する側としては全体でいくらくらいかかるのかというのが知りたいところです。
そこで、部屋の間取りでこれら3つを合わせるといくらくらいするのかを見ていきます。
間取りごとに平均的な料金を見ていきましょう。
1.1Kは24000円~
2.1DKは54000円~
3.1LDKは69000円~
4.2DKは99000円~
2LDKは119000円~
3DKは139000円~
3LDKは149000円~となります。

清掃業者を選ぶときの重要なポイント

清掃業者を選ぶときの重要なポイント

ゴミ屋敷を業者に依頼するときに注意しなければいけない3つのポイントがあります。
見積もり段階だけではなく、作業をするときの配慮という面で優良な業者とそうではない業者では大きく変わります。
この3つのポイントについて詳しく紹介します。

◇見積もりが正確か

ゴミ屋敷の清掃作業を3つの業者に依頼して、A社の場合30万円でみつもりがきたばあい、みつもりのしょうさいに作業内容が書かれていなくてざっくりとした見積もりの場合は、後で追加請求されても文句が言えません。
ざっくりな見積もりで安い料金は要注意です。
B社の場合は車両費と人件費で30万円と見積もられた場合、回収後の処分費用が入っていません。
この場合回収してくれない業者か、回収は別途オプションになる可能性があります。
C社の場合は車両費・人件費・処分費用すべての見積もりで35万円と見積もられた場合は、全ての作業が入っているので、追加で請求される心配はほとんどありません。
この3社であれば一番高額の見積もりを出してきたC社がおすすめです。
他の2社はあとでどれだけ追加で請求されるかわからないため、C社がベストの選択ではないでしょうか。

◇見積もりは有料それとも無料

見積もりを出してもらうのですが、つうじょうは無料で見積書を作成してくれる業者がほとんどですが、中には見積もり費用が有料となる業者もあり依頼する業者からは外した方が無難です。
見積もりだけで料金が発生するというのは、今の世の中ではありえません。

◇ゴミ屋敷になった原因も考えてくれる

ゴミ屋敷の清掃業者は部屋をきれいにするのが仕事です。
確かにゴミ処理だけをしてくれればいいのですが、優良な業者の中には、ゴミ屋敷になった原因を考えてくれて、清掃後また、ゴミ屋敷にならないように下人に対する対策を一緒になって考えてくれる業者もあります。
こういう業者に出会えれば最高ですが、実際に依頼してみないとどういう業者なのかがわかりません。
できるだけ業者の口コミなどを参考にしてどういう業者なのかを把握できるのが一番です。

◇周辺住民への配慮

ゴミ屋敷に住んでいる住人は、できれば回りの住人にゴミ屋敷に住んでいるという事をあまり知られたくない人が多いです。
業者に依頼するときに、回りの人に気を配ってくれる配慮ができるところがベストの選択です。
ゴミを出すときにできるだけ人目につかないようにしてくれて、曾宮かにゴミを回収して運んでくれるような業者であれば依頼してもいいかなと思うところです。
ゴミ屋敷の住人にそういった配慮をしてくれる業者もいますので、その点も考えて業者選びをしましょう。

ゴミ屋敷の片づけを依頼する業者選びの極意!まとめ

まとめ

ゴミ屋敷の男女の違いについて、業者選びのポイントなどを紹介してきました。
今からゴミ屋敷を片づけるために業者に依頼しようと考えている人には目から鱗の優良情報ばかりではないでしょうか。
料金や作業内容について詳しく紹介しているので業者選びの参考にしてください。
間違った業者選びをしないためにも大切な選択内容になっています

業界最安値

【12月03日 22時39分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【12月03日 22時39分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事