ゴミ屋敷の問題は社会的な大問題になっています。
ゴミ屋敷を片付けるのはいいのですが、片付けた後のゴミの処理にも注意が必要です。
回収したごみをそのまま別の場所に放棄するのはよくありません。
回収したごみをどのようにして捨てるのか再利用するのか処分方法について詳しく紹介します。
ゴミの分別方法や具体的にどこに捨てればいいのかがわかります。

ゴミ屋敷の実態

ゴミ屋敷の実態

ゴミ屋敷という言葉の定義は、いったいどのようなものなのでしょうか?
ゴミが部屋中にあふれていて、生活するスペースがない状態になっている場合をゴミ屋敷と言います。
実際にどのような背景でゴミ屋敷はなるのでしょうか。
ゴミ屋敷ができる背景やゴミ屋敷によってどのような不都合が発生するのかを詳しく見ていきます。

◇ゴミ屋敷ができる背景

日本の歴史上で戦争を経験した今の高齢者は、もったいない精神が人一倍強くて、物を捨てられない傾向が非常に高くなっています。
物を大事に使うのは良いことですが、度が過ぎると物がたまっていき収集が付かなくなります。
物を買わなければ問題ないのですが、新しい物は買って、今まで使っていたものも捨てられないとなるとどんどん増えていく一方です。

◇ゴミ屋敷は生活がし難い

ゴミ屋敷になってしまって、生活をしていく上で不自由するくらい部屋中が散らかってしまうようになります。
具体的には、ゴミ屋敷になると住みにくくなります。
必要な物が欲しいときになかなか探せなくなります。
庭など敷地内に物が不法投棄されやすくなります。

ゴミ屋敷で最初にやらなければいけない分別

ゴミ屋敷で最初にやらなければいけない分別

ゴミ屋敷になってから片付けたいと思ってもなかなかできないのが現象です。
それでは、実際にゴミ屋敷なって片づけをするときに最初にやらなければいけないことは、財布などの貴重品を見つけることです。
不用品と一緒に大事な財布や証明書などがどこにあるのかわからなくなってしまっていると、見つけられなくなってしまいます。
そうなる前に貴重品だけは探し出して、わかりやすい場所にまとめておくようにします。

◇ゴミでも種類分けする

貴重品を探し出したら、ここからが本番で、ゴミを1つずつ拾い出し定期捨てる物と保存するものをきっちりと分別していかなければいけません。
本当に残しておきたいものと捨てる物はきちんと分別して、残すかどうかを迷う物に関しては、その都度本人が本当に必要なものなのかどうかを確認していきます。
簡単に言うと捨てる物、残すもの、迷っている物の3つに分別していきます。
これできれいにゴミを分別していけます。

◇行政の語も処理場に直接運べる?

3つに分別できたら、部屋の中は大物以外のゴミは全てなくなってきれいになっているはずです。
ここまでできれば次にやるのが清掃作業です。
ただし、その前に分別したゴミの中で捨てるか残すか迷ったものを、最終的に捨てるのか残すのかを決めていかなければいけません。
分別後、捨てるゴミはすべて出そろったので行政の処理場へ運搬したいのですが、ゴミの量が相当量あるので、一度では処理しきれない可能性があります。
まずは処理場へ一度で全部持って行っていいものかを確認して、軽トラックなどで運べば大丈夫です。

◇粗大ごみの収集受付の手順

粗大ごみを運搬する前に、行政の収集場なので手順を踏んでいかなければいけません。
最初に各市町村の「粗大ゴミ収集受付」にて受付を済ませます。
受付完了後は、引き取りをお願いして具体的なゴミの引き渡しや料金などの詳しい話を聞きます。
あとは持ち込みか回収かで日程が変わってくるので、はっきりした日にちを確認します。
実際にどのくらいの量があるのかを見に来ますので、そこで料金が決まります。
料金は前払いなのか、改修日の当日払いなのかは、市町村で変わるので要確認です。

◇業者にゴミの回収を依頼できる?

行政は手続きが面倒な場合や、回収してもらいたい日に回収してもらえないケースが出てくるので、その場合は民間の回収業者に依頼すると、希望の日に回収してもらえます。
業者にゴミの回収を依頼しても、生活ごみは回収してもらえないところが多く注意が必要です。
依頼する前に、回収可能かどうかを確認するようにしましょう。
確認ができて、回収してもらえるとなれば、その業者に依頼して指定日に回収してもらえばいいだけです。

ゴミ屋敷の3R

ゴミ屋敷の3R

ゴミ屋敷に少しでもしないようにするには、無駄な資源を出さないようにすることが大切です。
現代社会は物であふれかえっています。
そんな現状がゴミ屋敷を数多く作り出している原因でもあります。
ゴミ屋敷にしてしまう人だけではなく、物という観点から見ていくと再利用できるものはできるだけ再利用して、ゴミの量を減らすように使用ということです。
最近言われだしている3Rについて紹介します。

◇3Rとは?

リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つのR(アール)の総称を3Rと言います。
物を大切にしてできるだけ資源を有効活用しようということです。
ゴミ屋敷の根底になるのは物が豊富にあるために出てくる問題です。
その物を再利用してできるだけ資源を大切にしてゴミの量を減らせればゴミ屋敷の問題も大分解消されるのではないでしょうか。

◇リデュース

リデュースとは、物を大切にしてゴミの量を減らそうとすることです。
必要ンおないものを極力買わないようにして、今あるものだけで生活をしていくということです。
さらに、買い物に行った時にはポリ袋を使うのではなく、マイバッグを持参してそれを使うようにします。
ECOとも共通するところがあります。
毎日の積み重ねでゴミの量を減らすことができます。

◇リユース

リユースとは、使わなくなった物を繰り返し使っていくことです。
中古の衣類やその他の物をショップに売ったり、インターネットで販売したりするのもリユースです。
いらなくなった物を知り合いに譲って使ってもらうのもリユースになります。
さらに、学校などのバザーやフリーマーケットでいらなくなった物を販売するのもリユースになります。
リユースに関してはある程度普及していて、誰もが承知していることでもあります。

◇リサイクル

リサイクルは、普通であれば捨てるようなものを家畜の餌にし、ゴミを再生して再生紙ペットボトルなどにして再利用することもできます。
ゴミとなる予定の物を砕石できるものはできるだけ再生してゴミの量を直接減らすことができます。

行政のゴミ出しと業者のゴミの回収の違い

行政のゴミ出しと業者のゴミの回収の違い

ゴミ屋敷で回収したごみや物を捨てるときに利用するのが、市町村のゴミの回収と民間業者で行われている回収業者の2つがあります。
引っ越しゴミが大量に出てきたときの捨て先を決めるときにも、どちらか選択しなければいけません。
この2つのゴミの回収はどう違うのかを知っておくと、どちらを利用したらいいのかがわかります。
市町村のゴミの回収と民間業者のゴミの回収の違いを詳しく紹介します。

◇市町村粗大ゴミ処理

市町村に粗大ごみを出すときは、粗大ごみの受付窓口に連絡して申し込まなければいけません。
申し込み後、回収する粗大ごみの量を身に担当者が自宅に来ます。
自宅で粗大ごみの量を見積もってから最終的な料金が決まります。
市町村の場合は民間業者に比べると料金が安く済みます。

◇民間業者の粗大ごみ処理

民間業者にゴミの処分を依頼するにはいくつかの業種があります。
民間業者の場合は、行政に比べると料金が高くなるので、複数の業者に見積もりを出させてから安い業者に依頼することがベストな選び方です。
ゴミの処分なので、作業自体は持って行ってもらえれば問題ないので、料金が一番安い業者に依頼しても問題はありません。
ただし、業者の中には引き取ったゴミを不法投棄するような悪質な業者もいるので、実績がある業者かどうかなど十分に調べてから選ぶ必要はあります。

ゴミ屋敷の片付け!ゴミの分別と破棄方法まとめ

まとめ

ゴミ屋敷を片付けるときの分別が必要なことや、3Rについて詳しく紹介してきました。
知っていそうで知らない人が多い、ゴミ屋敷の片づけ後のゴミの処分方法についてもわかったのではないでしょうか。
今から知り合いのゴミ屋敷の片づけをしようと思っている人などには参考になる情報です。

業界最安値

【02月23日 15時55分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【02月23日 15時55分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事