ゴミ屋敷になってしまった部屋を片付けることは大変ですが、片付けた後にその状態を維持することは、もっと大変です。
すぐにリバウンドしてしまって元のゴミ屋敷に戻ってしまいます。
リバウンドをしないようにするためのコツやルールがあり、正しいリバウンド対策をすることできれいな部屋を維持し続けることができます。
今回、ゴミ屋敷になった後の片付け方と片付いた後のリバウンドしないためのコツについて詳しく説明しています。

ゴミ屋敷にしてしまう!なった後はこうなる!

ゴミ屋敷にしてしまう!なった後はこうなる!

ゴミ屋敷になってしまうということは、何らかの原因があるはずです。
根本的な原因を究明できれば、ゴミ屋敷を片付けた後も普通に生活ができます。
片付け方がわからないような人は回りの人たちと協力しあって根本的な原因を究明していきます

◇掃除方法がわからない

ゴミを掃除しようと思っていても掃除の仕方がわからないという人も結構います。
決して、ゴミ屋敷にする人は掃除が苦手というわけではありません。
掃除の仕方さえわかればゴミ屋敷にすることもありません。
片付け方がわからないのは一種の病気で発達障害などが影響している可能性やストレスなどの心理的な影響しています。

◇常に孤独と戦っている

孤独は1人暮らしの高齢者が感じやすくて、掃除をしたくないという気持ちと、孤独が寂しいという気持ちが増して整理整頓を怠るうちにゴミ屋敷になってしまうことがあります。
高齢者の場合は、脳の老化である認知症によってうまく整理整頓ができなくなるケースもあります。
ただ、認知症にも若年性認知症といって若い40代から50代の人でもかかる可能性があります。

ゴミ屋敷の失敗しない片付け方

ゴミ屋敷の失敗しない片付け方

ゴミ屋敷になってしまった場合、そのまま放置していると匂いと害虫が集まり片付けにくくなっています。
そんなゴミ屋敷となってしまった部屋を片付けていく失敗しない片付け方を紹介します。
これさえ知っていればゴミ屋敷をきれいに片付けられます。

◇掃除用具を準備する

長年かけてからゴミを蓄積していると、汚れやゴミの量は相当なものです。
これだけの汚れや量に対して用意する道具は、それなりの道具を事前に用意するのがゴミ屋敷をきれいにするコツです。
服装も重要でけがをしないようにし、悪臭対策などをする必要はあります。

あとはゴミを入れる袋は多めに用意して。ガムテープがあれば便利です。

◇掃除前の準備が大切

ゴミ屋敷を掃除するのは、毎日の掃除とは全く違います。
ごみ量や汚れの汚さは相当なもので、普通に掃除をしただけではきれいになりません。
掃除をする前に服装や掃除道具を用意する必要があります。
絶対に欠かせないのが、手袋・マスク・作業用の洋服があります。
ほかには、殺虫剤・モップ・ほうきなども必要です。
あとは集めたごみを入れるゴミ袋は多めに用意しておきます。

◇使わないものは処分する

ゴミ屋敷の掃除をする上で一番大事なのは、順番を決めて部屋の掃除をしていくことです。
部屋全体がゴミで埋まっている場合は、まずは通路を作るために玄関から片付けていって部屋の掃除をするときに通れる場所を確保します。
あと、部屋だけではなく、外までゴミがいっぱいになっている場合は、外のゴミを片付けてから部屋の片づけに入ります。
部屋の中を片付けていると今まで使ったことがない懐かしい物が出てきたりした場合は、即ゴミ袋に捨てます。
使わないものはすべてゴミ袋域にします。

◇3つの分別する

ゴミ屋敷を最初に片付けていると生ごみや捨てるゴミなどを全て処分した後に物が残ります。
ここからは、捨てる必要があない使えるものとなります。
部屋に残された使えるものですが、実際には全く使っていなかったり、思い出の物だったりといろいろとあります。
物をうまく片付けるには3つに分別して整理していくときれいに片付きます。
分別する3つとは、「必要」、「不要」「保留」に分けていきます。
今も使っている物は必要で、ここ最近全く使っていないで思い出もないようなものは不要、思い出会ったり、時期によっては使うこともあるかもしれない物は保留に分別していくときれいに片付きます。

ゴミ屋敷がリバウンドする理由

ゴミ屋敷がリバウンドする理由

ゴミ屋敷になってしまってから、苦労してゴミを処分して部屋をきれいにしました。
そんなゴミ屋敷とさようならを下にも関わらずリバウンドしてしまって、再度ゴミ屋敷化してしまうことはよくあります。
これは、ゴミ屋敷の片づけをするときだけ一生懸命やってから、その後は又ゴミを溜めていってしまうという典型的な片付けのリバウンドが起こってしまいます。
なぜ片付けのリバウンドが起こってしまうのでしょうか。
それには理由があります。
リバウンドが起こってしまう2つの理由について紹介します。

◇日ごろから片付ける習慣が身についていない

ゴミ屋敷になってしまって、一気に片づけをしたとしても、その後同じようにゴミを溜めていきゴミが蓄積されてゴミ屋敷へと変身します。
日ごろの片付けの習慣を身に着けていないからなのです。
ゴミを片付けると同時に、日ごろの片付ける習慣を身に着けさせるようにしなければいけません。

◇すぐに物が増えてしまう

リバウンドしてしまうリ湯の1つに、すぐにものが増えてしまうことが考えられます。
そもそも、ゴミ屋敷化してしまった原因で物を増やしてしまってからなった場合は、ゴミ屋敷を片付けてもまた物が増えてからリバウンドするのは目に見えています。
物をもらったり新しい商品を購入したりする癖がある場合は、古いものを定期的に捨てる癖をつけなければリバウンドしてしまいます。

ゴミ屋敷にリバウンドしないための対処法

ゴミ屋敷にリバウンドしないための対処法

ゴミ屋敷を片付けても習慣を変えなければ、またゴミ屋敷へとまっしぐらです。
そうならないようにするために必要な対策をしておくべきです。
そのために3つのことに注意して実践することでリバウンドしなくて済みます。
その3つの対策を詳しく紹介します。

◇収納を工夫する

ゴミ屋敷へリバウンドしないためには、収納を工夫する必要があります。
今までと同じような生活をしているとリバウンドしてしまいます。
そのためにもまずは収納を工夫して整理整頓をするようにします。
今までの無駄な収納法を変えることから始めましょう。

1. 収納場所を決める
収納場所に置くものを固定していれば、常に同じところに同じものが収納だれます。
毎回収納スペースに収納杖鵜だけではなく、入れる位置までも決めていると非常に楽です。

2. 出したらしまう習慣をつける
物を出して試着したり、遊んだりした場合、毎回首脳するように心がけましょう。
そうすることで、収納スペースを有効活用でいます。

3. 床やテーブルの上にモノを置かない
首脳スペースがなくなったから散って床に物を置かないようにします。
床に物を置いていくといつしかゴミ屋敷にまで発展します。テーブルや床に対して物を置いてしまうと後はコミュニケーションを取ってから収納スペースを確保していけばするに上に勝ち上がれます。>

4. 収納場所を増やさない
女性より男性に権力がある場合は、しっかりと収納場所を知っておく必要があります。
世間一般入試でゴミ屋敷

◇物を増やさない

リバウンドしないようにするには収納と同じくらい大切な野毛物を増やさないようにすることです。
最低限の物しか持たないようにできれば、ゴミ屋敷にリバウンドすることもありません。
最低限の物で生活をすることをミニマリストと言います。
ミニマニストになるための、物を増やさないためのやり方を詳しく紹介します。

1. 無料だからと粗品をもらわない
試供品やサンプルなど街中でいろいろと配っていて手渡しでくれる無料のものはたくさんあります。
日本人の特徴で、無料のものがあればすぐにもらってから家に帰って使わないで、そのまま放置されることが良くあります。
同じものが家に何個もある場合もあり、その場合は断りましょう。
いくら無料とはいえ、必要以上の物をもらってもゴミになるだけです。

2. バーゲン品や特売品は買わない
日本人、特に女性の特徴として、バーゲン品をすぐに買ってしまうことです。
確かにバーゲン品は安くてお得感はあります。
バーゲン品が本当に必要でお得な商品なのかを見極める必要があります。
遠方のスー^パーまで行ってから100円ンお食品を80円で購入しても、そこまで行く交通費などを考えると割高になるのではないでしょうか。
あとは本当に必要な物なのかをしっかりと考えてから購入するかどうかを決める必要があります。

3. 買い物に行く前に買い物リストを書き出す
買い物に行くときは買いたい物をリストにして持っていくと無駄な物を買わなくて済みます。
食料品を購入する場合は、食材や調味料など家にあるものをチェックします。
今日作る料理を考えて、家にある食材や調味料で足りないものをリストアップします。
リストをもって買い物に行くと、無駄な物を買わなくて済みます。

衣料品を買う場合は、買う前にネットなどで品物をチェックして本当に必要な物かどうかを確認してから必要であれば買いに行きます。
本当にほしいものかどうかを考えるためにネットなどで調べる間にほしいものか必要な物かが分かつてくるときがあります。
その時に、ほしいものではなく、必要な物を買いましょう。

4. 月に1度は不用品チェックをして処分する
不必要なものを購入しないように注意していても、つい買ってしまって物が増えてくることもあります。
その場合は、毎月今ある物をチェックして本当にいる物かどうかを確認する必要があります。

収納していて一度も使ったことがない物もあるはずです。
そんな必要ないものを思い切って捨てることも大切です。
捨てることで、物がたまらないわけで悪いことではありません。
ゴミ屋敷になる前に定期的に不用品を捨てて量を増やさないようにします。

ゴミ屋敷の片付け方!リバウンドしないようにするにはまとめ

まとめ

ゴミ屋敷になる原因や、ゴミ屋敷の片付ける方法についてと、片付けた後のラバウンドについて詳しく紹介してきました。
ゴミ屋敷は片付ければいいだけではありません。
片付けた後長期的にきれいな部屋を維持していくことが難しい尾のです。
リバウンドをしないようにはどうすればいいのかがわかったのではないでしょうか。
ゴミ屋敷を片づけた後の対応でリバウンドしないという事が、一番大切なことです。

業界最安値

【04月04日 02時40分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月04日 02時40分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事