ゴミ屋敷はなぜできてしまうのでしょうか。
普通考えられないようなゴミだらけの住宅になぜ住めるのか不思議に思ったことはありませんか。
実はゴミ屋敷にしてしまう人には心理的な要因が大きく関係しています。
今回その心理的な要因を3つ詳しく紹介します。
それさえわかれば、ゴミ屋敷を解決する方法もわかってきます。
ゴミ屋敷の解決法も紹介しているので、ゴミ屋敷住人が家族や近隣の住人にいるときに活用してみましょう。

心理的な理由によるゴミ屋敷

心理的な理由によるゴミ屋敷

ゴミ屋敷にする人にはいろいろな心理的な特徴があります。
病気などによる片付けができない人もいれば、正常な人でも、生活環境によって片付けるのが嫌になってゴミ屋敷にしてしまったりします。
心理的な面でゴミ屋敷にしてしまう詳しい情報を紹介します。

◇片づけをしたくない

一般的に部屋を片付けるのに苦もなくしますが、ゴミ屋敷にしてしまう人は、部屋の掃除をするのを極端に嫌って、掃除をしません。
おまけに、掃除をしないことを正当化します。
仕事が忙しくて時間がない、
週末にまとめて片付けなどと言って、実際には何もしない人がゴミ屋敷化してしまいます。
こうなるとゴミや物がたまっていくだけです。

◇仕事が忙しいため

何も仕事をしていない人がゴミ屋敷にしてしまうと思いがちです。
実際は、仕事をしていて毎日忙しい人でもゴミ屋敷にしてしまいます。
それは、仕事が忙しくて、帰宅後掃除などをやる気になれないという人はゴミ屋敷にしてしまいます。
最近は、労働環境は昔に比べるとよくなっています。
それでもブラック企業はあり、仕事で夜遅くまで働いて、土日も仕事になる人もいます。
この場合はゴミ屋敷にしてしまいます。

◇処分等に対する攻撃的な性格

たくさんの人が、不用品を捨てられないで他の動物に攻撃的になることもあり得ます。
必要なものとそうではないものをしっかりと区分けしていきます。
孤独感が回りに迷惑をかけることもあります。

◇孤独との戦い

誰も知り合いがいない土地で1人暮らしをしていて、孤独を感じてしまっている人はゴミ屋敷になりやすくなります。
1人で生活をしている寂しさを紛らわすためにゴミを部屋に散らかしている状態が長く続くと、ゴミ屋敷になってしまいます。
最悪ゴミを収集している人もいて、最悪の結果を招いてしまいます。


◇潔癖症

ゴミ屋敷にしてしまう人の中には潔癖症の人もいます。
汚いものを触りたくないという人で、自分で出したゴミでも触るのが嫌で、そのまま部屋に放置してしまっています。
潔癖症の人はきれい好きなので掃除もまめにするのではと思うかもしれません。
同じ潔癖症でもこまめに掃除をして常に部屋をきれいにしている人もいれば、触るのも嫌だという人もいます。

◇精神疾患を持っている

ゴミ屋敷の住人の中にはADHDや強迫性貯蔵症などの精神疾患にかかっている人もいます。
ADHDの場合は、片付けようとしてもパニック状態になり何もできなくなることがあります。
精神をコントロールできない状態です。
強迫性貯蔵症の場合は、自分の回りのものだけを片づけようとして、一生見つけられないという恐怖感を抱いてしまいます。

◇高齢者の認知症

高齢者の場合は特に多いのが認知症患者です。
高齢者が認知症にかかると、今までできていたことができなくなったり、片付けなければいけないという考えが働かなかったりとゴミが溜まっていきゴミ屋敷に鳴ってしまいます。

ゴミ屋敷の住人がとる心理的な行動

ゴミ屋敷の住人がとる心理的な行動

ゴミ屋敷にする人には特徴的な行動を取ることがあります。
ここではゴミ屋敷要注意人物が取る心理的行動について紹介します。
自分の回りの人がこの行動をとるときは注意しなければいけません。

◇ゴミ出しをしない

ゴミ屋敷にしてしまう人の心理的な行動の一つでゴミ回収品位ゴミ出しを全くしないという人はゴミ屋敷にしてしまいます。
ゴミ出しするのが面倒でしたくないと思います。
回りの人が気を付けてみてからゴミ出しをするようにコミュニケーションを取ることが大切です。
一度でもゴミ出しをすると、習慣的にゴミの回収費にゴミ出しをするようになります。

◇必要ないものを衝動買いする

必要がないものでもつい衝動買いしてしまう人はゴミ屋敷にしてしまう人に多い心理的な行動です。
この行動は男性よりも女性に多い行動です。
このような行動を買い物依存症とも言います。
こうなると物を買わないようにするか、古いものを捨てるように回りの家族たちが説得するしか方法はありません。

◇購入や掃除などで計画的なことをしない

通常主婦などは、その日に必要な買い物のリストをもって買い物をします。
買い物リストを持たないで、売り場で見て気になったものを購入してしまうような人はゴミ屋敷にしてしまいます。
必要な物以外にも購入してしまって部屋には物があふれてきます。
まずは、買い物リストを作ってから必要以上のものを購入しないようにします。

◇部屋の中のものは放置する

部屋にある物が何なのかを全く把握できていない人は、捨てずにそのまま部屋に放置する傾向があります。
物を取っておいて、そのままにしてから何を取っておいたのかがわからなくなっています。
まずは、今あるものが何で必要な物かそうでないものかをはっきりと把握することが大事です。
必要ないものを捨てるようにします。

◇生活をする上で所有物を減少させられない

ゴミ屋敷に住んでいる人の中には、数多くの不用品の中で生活をしている人がいます。
不用品でも捨てないで持っていて、捨てようとしない傾向があります。
ゴミ屋敷を片づけても、同じように不用品を溜めていくと元のゴミ屋敷に戻ってしまいます。
不用品を捨てる癖をつけるのが先です。

◇他人に連絡をする

片付けられないでゴミ屋敷に住んでいるような人は、他人に助けを求めるようなことはしません。
このような人は何かトラブルが発生しても自己完結したがります。
自己完結は決して悪いことではありませんが、自己完結できないようなゴミ屋敷の場合は、回りの人に助けを求めてから改善することも大切です。

ゴミ屋敷に鳴れてしまった状態から脱却するためには

ゴミ屋敷に鳴れてしまった状態から脱却するためには

ゴミ屋敷を脱却しなければいけないと本人が思っても、今置かれた境遇や生活環境を考えるとなかなか抜け出せないのが現状です。
できれば早く今の環境を脱出したいと思っても解決の糸口すら見つからない状態になります。
今のゴミ屋敷の環境を脱却するためにやらなければいけないことを詳しく紹介します。

◇積極的にごみ屋敷住人とコミュニケーションを取る

ゴミ屋敷の住人が今の環境から脱却したいと思っているときに、回りから手を差し伸べてあげればスムーズに脱却できる可能性があります。
ゴミ屋敷住人の中には、今の自分の生活が異常だということン気が付いていないケースも考えられます。
その場合は、今はゴミ屋敷に住んでいて、ゴミを片づけないと病気になる可能性もあり、早期脱出をするべきであるということを理解してもらう必要があります。
コミュニケーションを取るときは、相手を説教するのではなく、相手の話を聞いてあげながら解決策を提案していくようにします。
そうすることで、相手が心を開いてくれて話がスムーズにいく可能性があります。

◇きれいな部屋に住んでみる

ゴミ屋敷で住んでいる住人が家族の場合、きれいに片付いている部屋で生活をさせてみるとゴミ屋敷での生活が悪い環境かということがわかるのではないでしょうか。
本人にゴミ屋敷がいかに不衛生で生活が歯肉物なのかをわかってもらえます。
最終的に、自分の住んでいるゴミ屋敷を片付けようかと考えるようになり始めると解決へ向けて一歩前進です。

◇自分で自分の片付けられる範囲を決定する

自分自身で片付ける能力がない場合でも、家族や業者に依頼して片付けられます。
ただし、それでは片付けた後にまたリバウンドしてしまいます。
片付けた後にリバウンドしないようにするには、自分で少しでも片付けさせることです。
全部片付けさせるのは難しいので、片付けられる範囲でここだけは本人に片付けてもらうと、片付けた後はゴミを溜めないように努力します。

◇不用品の回収業者へ依頼する

ゴミ屋敷に鳴っているゴミは自分では片付けられ名ほどまで溜まってしまっている場合は、業者に依頼すると簡単に片付きます。
不用品回収業者があるので、そこに依頼してゴミを全て回収してもらうときれいな部屋になります。
親戚などの助けを借りて片付けることもできますが、よほど中が良くないとトラブルになりかねません。
そう考えると、業者に依頼するのがベストな選択ではないでしょうか。

ゴミ屋敷を解消する方法

ゴミ屋敷を解消する方法

ゴミ屋敷を回りの住人たちで解決するには法律の壁があります。
個人の財産を他人が勝手に処分できなくなっています。
そんな近隣にゴミ屋敷がある場合は、2tの解決方法があります。
1つは法律を利用して強制的に解決する方法です。
2つ目がゴミ屋敷の住人と会話を重ねていって穏便ゴミ屋敷を解消する方法です。
この2つについて詳しく紹介します。

◇ゴミ屋敷対策のための法律

近隣にゴミ屋敷がある場合、法律に従って強制的にゴミを撤去することができます。
廃棄物処理法・道路交通法・自治体の条例の3つが考えられます。
廃棄物処理法に関してはまさにゴミ屋敷のような状態に適用されそうな法律ですが、個人の敷地内にはこの法律は適用されません。
道路交通法は、道路などにゴミが散乱している分ぬい関しては強制撤去できますが、敷地内に関しては全くできません。
行政の条例で制定された場合は、ある程度の強制力はあります。
敷地内のゴミを強制撤去して後でかかった費用はゴミ屋敷の持ち主に請求することは可能です。
問題は、ゴミ屋敷にしている人は、お金がなくてゴミの撤去ができないケースが多々あります。
この場合は費用請求しても回収できない場合があるので注意が必要です。

◇ゴミ屋敷は会話で解決する

ゴミ屋敷を解決するには会話で何とかゴミ屋敷の住人に自覚を持ってもらうということもできます。
まずは住人との会話をしてからできるだけ自分の意志でゴミを片付けてもらえるようにします。
アイワをすることで、トラブルになることもあり、最悪、全く受け入れてもらえないこともあります。
この場合は行政に相談して、住人を説得してもらう必要があります。

3つの心理がゴミ屋敷を作るまとめ

まとめ

ゴミ屋敷になるときの心理状態や、ゴミ屋敷を解消するための解決策などを詳しく紹介してきました。
ゴミ屋敷にしてしまう人の心理をうまくつかんでから、どのように対処したらいいのかがわかります。
身近にゴミ屋敷住人がいる場合は、家族、近隣住民など立場に合わせた解決法がわかるのではないでしょうか。
参考にしてからゴミ屋敷を1軒でも減らしましょう。

業界最安値

【04月04日 02時47分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月04日 02時47分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事