ゴミ屋敷の問題は、ゴミ屋敷がどんなものなのかを知ることが大事です。
ゴミ屋敷がどんなものでどんな被害を充てるのかがわかったら、速やかに片付けるようにしましょう。
そこで、自力でゴミ屋敷を片付けるのにどんな準備が必要で、自力で付けるうえで必要な知識を詳しく紹介します。

そもそもゴミ屋敷とはどんな家なの?

そもそもゴミ屋敷とはどんな家なの?

テレビやインターネットニュースなどで頻繁に出てくるゴミ屋敷の実情はどのようになっているのでしょうか。
ゴミ屋敷の内部をテレビカメラが撮影した映像などが流れるときがありますが、人が住んでいるのかと疑いたくなるくらい汚い部屋で生活をしている実態があらわになっています。

◇ゴミ屋敷とはいったいどのようなものなのか?

ゴミ屋敷と言われている家の定義としては、家の中から回りまで敷地内がゴミで埋め尽くされている家のことを言います。
ゴミは長い年月をかけて捨てられないで徐々にゴミが増えていって、このような状態にまで発展してしまったものです。
ひどい場合は、敷地からはみ出して道路にまでゴミやがらくたが氾濫してしまうこともあります。

自治体が注意できるのはあくまでも道路にはみ出したごみやがらくたの撤去ぐらいです。
敷地内の強制処分などは法律上できません。
それでも、回りの住民に対して、悪臭を放ったり、通行の邪魔になったりしています。

◇ゴミ屋敷と言われる家の特徴

ゴミ屋敷になっている場合、中に住んでいる人にも特徴があります。
高齢者の1人暮らしや意外かもしれませんが、仕事が忙しい女性の1人暮らしもゴミ屋敷の住人としてたくさんいます。
共通するのが1人暮らしです。それも、回りとのコミュニケーションがあまり取れていない孤独な高齢者や、仕事オンリーの女性に多く見受けられます。

◇ゴミ屋敷はなぜできるの?

ゴミ屋敷はなぜできるのでしょうか?
ゴミ屋敷ができるのにはある条件を満たした人が陥りやすい現象です。
その大きな現象というのには特徴があり、1人暮らしの仕事が忙しい女性に見られます。特に看護師など仕事がハードで普段家では寝るだけで何もしたくない状況だと、掃除をする暇すらないのでゴミが徐々に溜まっていってゴミ屋敷になる確率が非常に高くなっています。
そして、高齢者の1人暮らしの場合も誰も相手をしてくれないので寂しさからか、いろいろなものをため込みやすくなります。ため込んだ物を捨てられずに、採取的にはゴミ屋敷と化しています。
年齢関係なく、身寄りのない1人暮らしの人も同じように寂しさからゴミを捨てるという行為を忘れてしまって、ゴミをそのまま部屋の中に放置しているケースもあります。

ゴミ屋敷をそのままにしておく問題点!

ゴミ屋敷をそのままにしておく問題点!

ゴミ屋敷をそのまま放置しておくといろいろな問題が発生します。
ゴミ屋敷とは、ゴミが部屋中に散乱していることで、良いことは一つもないというのは想像がつきます。
では具体的にどのような問題点があるのでしょうか。

◇衛生上非常に悪い

家がゴミ屋敷化するとゴキブリ、ダニ、ハエ、など最近を持った虫たちが繁殖して汚くなり、人に変な病原菌を移す可能性もあります。
ここまでくると、洗面所やお風呂も十分に使えなくなり健康にも被害が発生する可能性があります。
とにかく、ゴミを放置することで、衛生上悪くて体にも悪影響を及ぼすことがあります。

◇家が劣化する

家は人が住んでいなければ劣化すると言われていますが、人が住んでいてもゴミが家中にあると劣化していきます。
賃貸住宅の場合、壁や床などの劣化による修繕費を請求される可能性があります。
持ち家の場合は、リフォーム費用が高くなります。

◇火災の危険性がある

ゴミが大量にあると、一旦火が付くと一気に燃え上がり多大な被害を与えます。
それだけではなく、回りの住宅にも飛び火して火災の巻き添えになってしまう可能性すらあります。
最終的には大規模の火災に発展して、重大な被害を与えてしまう可能性もあります。

◇回りの住人に悪臭を放つ

ゴミ屋敷には、食べ残しや中身が入った飲料用のペットボトルなど、様々な食べ残しなどが原因となって悪臭を近所に放つ可能性があります。
回りの住人に対して悪臭を放つようになると、人間関係自体も悪化させることになります。
そうならないように、早めのゴミ屋敷の掃除が必要になります。

ゴミ屋敷を自力で掃除する

ゴミ屋敷を自力で掃除する

ゴミ屋敷を自力で何とかするには、家主本人がまずはやる気にならなければ始まりません。
それから、身内の手伝いや回りの住人の手伝いがあって、初めてゴミ屋敷を普通の家に戻すことが可能になります。この中のどれか1つでもかけるとゴミ屋敷をうまく片付けることはできません。
それでは、ゴミ屋敷を自力で片付けるための人員の確保と協力が得られることで実際に片づけをするための準備する道具や手順などを紹介します。

◇自力で掃除ができる基準は

回りの協力が得られたからと言って作業をする人はほとんどのお場合素人になります。素人が大量のごみなどがあるゴミ屋敷を片付けるには限度があります。
部屋の広さでいうと3DKぐらいまでが素人がゴミ屋敷を片付けられるぎりぎりの広さです。
それ以上の広さになると、業者に依頼してプロに任せないとうまく片付けきれないのではないでしょうか。

洗面所・キッチン・お風呂・トイレなど水回りが正常に機能していなければいけません。
どれか1つでも異常で使えない状態の場合は、プロの業者に依頼して片づけを行ってもらわないとうまくいきません。

もう一つ大事なことは、住人が今いる部屋で十分に生活ができていることが重要です。
そもそも部屋で生活が来ていなければ、大量のごみを片付けても生活ができないようでは、素人ではなく業者に依頼して普通の生活ができるようにしてもらう必要が出てきます。

◇自力で掃除をするために準備しなければいけない道具・時間

通常の掃除や片付けであれば、一般的な掃除道具があれば片づけはできますが、大量のごみなどがある部屋の場合は、通常の掃除道具以外でもいろいろと準備しなければいけません。
ゴミ屋敷を片付けるときの準備には3つのポイントがあります。そのポイントを見ていきましょう。

1.作業員の確保と片付けのきちんとしたスケジュール

ゴミ屋敷を片付ける場合、1人で片付けるのではなく、数人を確保しておかないとできません。
部屋の間取りにもよりますが、2部屋以上の場合は4人以上いると、2部屋を同時に片づけができます。片付けるのは部屋だけではなく、台所や風呂場などもあるので最低2日以上かかります。数日作業できる人を数人確保しておく必要があります。

2.必要な道具の準備

必要な道具としては、通常の掃除道具でバケツ、ゴミ袋、洗剤などを用意します。ゴミ屋敷の場合はこれに、手袋、マスクは必需品です。ほかにはにおいがひどいときにはゴーグルがあれば便利です。
用意するゴミ袋の枚数は相当量の袋が必要になります。
50枚から100枚程度のゴミ袋を用意しておく必要があります。
大量のごみを運ぶための軽トラックなど事前に準備しておく必要があります。

3.ゴミ回収日や受付時間

せっかく片付けたゴミをそのまま放置しているとハエやゴキブリなどが集まってきて片付けた意味がなくなります。
そこで、集めたごみをすぐに処分できるように、自治体のごみ収集日や、業者への回収の予約を入れておく必要があります。粗大ごみなどを回収してもらうにはお金が必要になります。
数千営程度ゴミの回収のために用意しておく必要があります。

◇片付けるときの手順!

ゴミ屋敷を実際に片付けるのには順序正しくかつ出ていかないとうまく片付きません。そこで、片付ける手順を把握しておいてからゴミの回収作業に始める必要があります。
ゴミの片づけは前日から始まります。片付ける前日に殺虫剤を巻いてから害虫を除去しておくと片付けるときにスムーズにできます。

片付けの当日は、入り口に溜まっているゴミから片付けていかなければいけません。
家の中に入るためには、入り口から部屋までの通労を空ける必要があります。
途方もない片付け作業なので、1m四方を順番に手前から片付けていくとスムーズに作業が進みます。
あとは、片付ける時間を決めて規則正しい作業をすることで、やる気を巻くさないようにします。

ゴミを片付けるときに仕分け用の3つの入れ物を用意しておくと、片付けやすくなります。
捨てるよう・捨てないもの・どちらにするかまだ決めかねている物用の、3つ用意しておくと片付けやすくなります。

きちんとゴミの仕分けまで終わると、あとは捨てる作業になります。
一度仕分けしたすべてのものを外に出してから捨てる用のものはトラックに積み込んで、家の中の清掃作業に取り掛かります
ただ清掃作業は時間が掛かり、汚れが取れない場合もあるので、清掃作業だけを業者にあかせても便利です。

自力では難しいので業者に依頼する

自力では難しいので業者に依頼する

ゴミ屋敷のごみの量が素人で片付けられる量であれば、自分で片付けることができますが、
許容量を超えているときは、専門のプロに任せてから作業をしてもらうのも手ではないでしょうか。
片付け業者には2種類あります
。1つが民間業者で、もう一つが自治体になります。
民間業者に依頼すると、料金は高くなりますが、きれいに片付けてもらえます。
自治体に依頼すると料金は安くて済みます。ただ、作業日時をこちらの都合に完全に合わせてもらうのが難しくなります。

ゴミ屋敷の片づけを民間業者に依頼すると、高額の作業費を請求されることがあります。
その点、自分でする場合は、高額費用は必要なくなります。

ゴミ屋敷を自力で片付ける!これさえできればラクラク!まとめ

まとめ

ここまで、ゴミや市の片付け方や機関などを詳しく紹介してきました。その中でもゴミ屋敷を片付ける前の分別では、非常に大変な作業ということがわかったのではないでしょうか。
ゴミ屋敷を片付けるときには、事前の準備と回りの助けがなければできないこともわかったのではないでしょうか。今からゴミ屋敷を片付けようと考えている人には参考になる情報を紹介しています。

業界最安値

【07月06日 05時34分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月06日 05時34分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事