ゴミ屋敷と言っても色々な汚さによってレベル分けできます。
1人で簡単に片付けられるワンルームのゴミ屋敷から、同じワンルームでも複数人で片付けなければ片付かないゴミ屋敷まであります。
今から片付けなければいけないゴミ屋敷のレベルを知ってから、どのようにして片付けるのかを詳しく紹介します。
最悪、自力ではできないくらいのゴミ屋敷になっている場合は、業者に依頼して片付けましょう

ゴミ屋敷から脱出したい!なぜゴミ屋敷になるのか

ゴミ屋敷から脱出したい!なぜゴミ屋敷になるのか

ゴミ屋敷になるのには直接的な原因があります。
ゴミを溜めてしまう直接的な原因について3つ紹介します。
ゴミを捨てるのに精神的な苦痛なども間接的にありますが、直接ゴミを溜める原因となることを紹介します。
最終的には今から紹介する原因がもとでゴミ屋敷になります。

◇ゴミを集めてしまう

ゴミ屋敷にしてしまう直接的な原因としてゴミを集めてしますというわかりやすい行動があります。
ゴミを集めると間違いなくゴミが部屋に溜まっていきゴミ屋敷になります。
誰が考えてもゴミ屋敷へまっしぐらです。
ゴミを溜める人の間接的な要因として、孤独やストレスなどがあります。
回りとのコミュニケーションが取れずに孤独なため、心の隙間を埋めるために人から見たらゴミのようなものでもため込んでしまいます。

◇ゴミを捨てられない

ごみを溜めていっても、捨てられればゴミ屋敷になることもあまりありません。
ゴミを捨てるという考えが亡くなってしまっているのが原因で、ゴミ屋敷になるケースもあります。
ゴミを捨てられない間接的な原因としては、うつ病などの精神疾患が考えられます。
一度かかるとなかなか改善されないので、ゴミを捨てられないで最終的にはゴミ屋敷になってしまいます。

◇片付けができない

自分が置いている物が家の中のどこに置いているのかがわからないような場合で、管理能力が欠如している人はゴミ屋敷にしてしまいがちです。
物がどこにあるのかがわからないため、つい同じものを買ってしまって物がどんどん増えていってしまいます。
こうなると悪循環で非常に大変なことです。
さらに新たに購入した物でさえどこに置いたかわからなくなる人もいます。

ゴミ屋敷のレベルはどのくらい

ゴミ屋敷のレベルはどのくらい

ゴミ屋敷のレベルはどのくらい

一言にゴミ屋敷と言っても人それぞれとらえ方が違うので、どの程度がゴミ屋敷なのか基準がないとはっきりとゴミ屋敷とは言えません。
そこで、今回はゴミ屋敷のレベルを4つに分けて詳しく見ていきます。
それぞれのレベルがどの程度のゴミ屋敷なのかを見てから、今の自分の部屋はゴミ屋敷化していないかを判断できます。

◇ゴミ屋敷レベル1:床の50%がゴミに埋まっている

床の50%がゴミで埋まっている状態は、まだゴミ屋敷にまではなっていません。
ただし、そのまま放置していると、ゴミ屋敷になります。
この状態のときは、ゴミを捨てて物を片付けるようにすればゴミ屋敷にはなりません。
この状態の時の対応で大きく変わってきます。

◇ゴミ屋敷レベル2:床の100%がゴミで埋め尽くされている

床が全部ゴミや物で埋め尽くされている場合、ゴミ屋敷になっていると考えて間違いありません。
ただし、匂いや害虫などがまだ発生していないのであれば、改善の余地があります。
この時点での大事なことはゴミを捨てることです。
ゴミを捨てれば何の問題もありません。

◇ゴミ屋敷レベル3:物が多いだけではなく害虫が発生

物とゴミで床が全部埋まっていて害虫も発生している状態です。
ここまでの状態になると、完全にゴミ屋敷になっています。
臭いの元は腐った食料品などです。
ここまで臭くなると相当汚くなっています。
早急に対処しなければ取り返しがつかなくなります。
不衛生極まりなくて近隣住人にも悪い影響を与えている可能性があります。

◇ゴミ屋敷レベル4:害虫発生とともに天井までごみがある

レベル3のゴミ屋敷は、部屋の中が見られるくらいのゴミが溜まっているだけですが、レベル4は天井までごみが詰まっていて、悪臭が部屋中に充満しています。
ゴミ屋敷の中でも最高に汚いレベルまで到達しています。
櫃恋ゴミ屋敷になっているので、対処が難しく、住人時だけではどうにもならない可能性もあります。
行政の条例で決まっているのであれば、強制撤去は仕方がありません。

ゴミ屋敷脱出法

ゴミ屋敷脱出法

ゴミ屋敷の中ではひどい状態の人もいますし、自力で片付けるのは難しいレベルにまで到達していて、どう片付けたらいいのかがわからない状態にまでなっています。

ゴミ屋敷がレベル3または4になると自力で片付けるのは難しくなります。
業者に依頼して片付けるようにします。
業者へゴミ屋敷の片づけを依頼するときのやり方を見ていきます。

◇自力それとも業者に依頼する

ゴミの量によっても自力で片付けるか業者に依頼するかが分かれてきます。
できるだけきれいに片付けるには業者に依頼した方が、片付きやすくなります。
業者に依頼することに決めても、どんな業者があって、いつ頼めばいいのかがわかりません。
業者に依頼するにしても、残しておく物と捨てる物にはっきりとさせなければいけません。
業者では区別できないので、業者に依頼する前に自分でわかりやすくしておく必要があります。

◇業者が来る前にいる物といらない物を分ける

ゴミ屋敷の中にも必要なものはあります。
個人によって何が必要かは変わります。
具体的にどれを残しておくかをしっかりとわかるように印をつけていきます。
そうすることで印がついていないものはすべて捨てられます。
1品ずつ品物分けをしていくと、その後は妊娠治療の方が良いのではないでしょうか。

◇準備ができたら業者の選定

ゴミや物の選定が終わったら、あとは片付けていくだけです。
業者を見つけてから依頼します。
問い合わせをしているときにスタッフの対応をよく見てから対応が悪い業者は作業もあまりよくないと思っておいた方がよいでしょう。

依頼する前に複数の業者に問い合わせて見積もりを出させます。
見積内容と実際の作業内容を考えて料金が安い業者を探します。
2つほど業者を絞り込んでからどちらの業者にするかはスタッフの対応が良い方を見極めます。
あとは実績なども選択する要素になります。

ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼する

ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼する

業者を1つに絞り込んだら、実際の作業費を決めてからどのくらいの作業時間で終わるかを確認します。
ほかには、作業内容も重要です。
ゴミの片付けだけなのか、清掃・ゴミの回収と処分まで行ってくれる業者なのかを最終確認します。
作業内容やタイムスケジュールが決まれば依頼する業者は確定です。
あとは依頼してから作業費を待つだけです。
作業費までは余裕を持たせておいて、捨てる物とそうではない物の仕分けをしておくと、作業当日が楽にできます。
見積もりを取る段階で注意が必要です。
見積書ができてから細かなスケジュールも決めていきます。

あなたのゴミ屋敷はレベル何?まとめ

まとめ

ゴミ屋敷のレベルの詳細やゴミ屋敷の片づけを依頼する業者を1つに絞り込むためにいろいろな情報を取得して、どこの儀業者の選択を間違わないようにするためのポイントをいくつか紹介してきました。
ゴミの選定を行う上で一番大切なお客をできるだけ話さないようにするしか方法がありません。

業界最安値

【02月23日 16時58分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【02月23日 16時58分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事