ゴミ屋敷の解決は非常に難しい問題で、本人だけに頼るのではなく地域が一体となって対応しなければなくなりません。
ゴミ屋敷の片づけが自分だけではできない環境にある住人に対する回りの対応と、住人への支援と教育など様々な目線で紹介していきます。
中には条例として強制的にゴミ屋敷に関与するところもあります。

セルフネグレクトでゴミ屋敷にならないように回りの住人たちが大切

セルフネグレクトでゴミ屋敷にならないように回りの住人たちが大切

高齢者の1人暮らしをしている住居はゴミ屋敷になりやすい状態です。
ただ高齢だからごみ屋敷なっているわけではありません。
孤独と孤立の両方で精神的に追い込まれています。
ゴミ屋敷はそんな高齢者からのSOSなのです。

◇ゴミ屋敷は社会的な孤立している住人のSOS

ゴミ屋敷になってしまっている住人に共通して言えるのが、家族や親族がいなくなっているか、いるけど疎遠になっている人たちです。
長い間1人で生活をしていると孤独に耐えられなくなって何もしたくなくなり、ゴミを蓄積していることが良く見受けられます。
このまま放置していると孤独死に至ってしまう可能性があります。
そんな高齢者からのSOSがゴミ屋敷ではないでしょうか。

◇ゴミ屋敷の住人の話をしっかりと聞こう

ゴミ屋敷化は高齢者だけではなく、若い人でもあり得ることです。
ゴミ屋敷化している人に共通するのが、今の自分を脱却したいがどうもできないで何もしたくない状態に追い込まれてからゴミを溜めてしまっています。
これは、何年間も人が訪ねてこなかったことで起きてしまっていて、回りの人が気づいてあげれば何とかなった話です。

住人1人ではゴミ屋敷を片付けられない

住人1人ではゴミ屋敷を片付けられない

ゴミ屋敷になっている住人は、片付けたくてもどうしたらいいのかわからないという人がたくさんいます。
回りの人から「片付けてください」と言われてもどうもできない状態になっています。
お金もかかるし、自分一人では片付けられないと思っていて、大事な通帳さへどこにあるのかがわからなくなっている可能性もあります。
そういった人にはボランティアで片づけをする人たちが協力する必要があります。
実際にゴミ屋敷をボランティアで片付けていくとどうなるかを見ていきましょう。

◇ボランティアは赤の他人

住人とボランティアの人は全くの初対面で赤の他人です。
いくら善意で片付けるといっても、住人は警戒します。
捨てられたら困る物もあるわけです。
住人と面会して、捨てる物捨てたくないものをしっかりと区別してから作業に入ることが大切です。

◇ゴミ屋敷住人とのコミュニケーションを大切に

ゴミ屋敷に鳴る前から住人とはコミュニケーションを取れるのが一番です。
ゴミ屋敷に鳴ってからコミュニケーションを取り始めても大丈夫です。
ゴミ屋敷になっている住人は、回りの助けを求めている人がほとんどです。
話しかけてくる人が親切な人という印象を植え付けなければなかなか心を開いてくれません。
いったん心を開いてくれるとその後はスムーズに話ができるようになります。

◇ゴミ屋敷を片付けた後が大切

ゴミ屋敷の住人とのコミュニケーションを取りながらゴミの回収を終わらせることができれば、あとは維持していくことが大切です。
せっかく片付いたのに、回りの住人達とのコミュニケーションがなければ、またゴミ屋敷にしてしまいます。
ここで回りの住人がうまく会話するようにして孤独にさせないことが大切です。
そうすることで、元ゴミ屋敷の住人も生きる気力をもって、日常生活ができるようになります。
ここまでくると安心です。

たくさんのゴミ屋敷の片付けボランティアで分かったこと

たくさんのゴミ屋敷の片付けボランティアで分かったこと

ゴミ屋敷にする人は常に孤独で孤立しているので、回りの住人たちが積極的にコミュニケーションをとるようにすれば、普通の生活ができる人がほとんどです。
何百人ものゴミ屋敷住人と接してきたボランティアの人が実体験に感じたことを詳しく紹介します。
近くにゴミ屋敷やゴミ屋敷になりそうな住宅を知っている人は参考になる情報です。

◇他人事と思わないこと

ゴミ屋敷の住人と接するときは上から目線で接してしまうと、壁を作ってしまって何の解決にもなりません。
住人はいろいろな悩みを持っていて、そこからゴミを溜めていきゴミ屋敷にまでなってしまった経緯があります。
住人が抱えている悩みや問題を聞き出して親身になって接することで心を開いてこちらの指示に従ってくれるようになります。
ここまでくれば、解消したようなもので、あとは具体的な片付け作業を行っていけます。

◇直接住人とコミュニケーションを取りづらいという人は

ゴミ屋敷の住人とコミュニケーションをとって、問題を解決したいと思っていても、コミュニケーション事態を取れないと意味がありません。
この場合は、根気よく会話ができる王になるまで何度も話しかけて壁を取り外しましょう。
回りの中の良い友人との会話の輪の中に入れていくことで、心を許してくれるようになります。

世田谷区のゴミ屋敷条例

世田谷区のゴミ屋敷条例

最近アパートでミイラ化した死体が発見された事件がありました。
その事件をきっかけにゴミ屋敷に関する条例ができて、セルフネグレクトなどでゴミ屋敷にしてしまわないように支援も含めた対応をだされるようになりました。
条例について詳しく見ていきましょう。

◇ゴミ屋敷対策のための条例

条例の対象としては、管理不全な状態にあると判断された住居となります。
物が蓄積してから住居内に限らず散乱してしまった状態で、周りにも影響するような状態になった住居に対して条例を発動できます。<

◇ゴミ屋敷対策の条例に対する運用

区に対して住居に関する苦情が寄せられた場合、職員が現場に行って調査を行います。
その結果住居が管理不全な状態であるかどうかを区長が最終判断をして、条例の対象住居かどうかを決定します。
住人に対して勧告をして住人が従わない場合は、行政側がゴミの処分をすることができるようになっています。
その時かかった費用は住人に請求するようになっています。

ゴミ屋敷の住人に寄り添った対応をしよう!まとめ

まとめ

ゴミ屋敷にしてしまった住人たちは、常に孤独と戦っていて、好きで魏三屋敷にしているわけでない子を詳しく紹介しました。
ごみ屋敷の住人とのコミュニケーションをとることが大切で、自治体と周囲の人とのかかわりを持つことが重要であるということが分かったのではないでしょうか。
回りの人たちもゴミ屋敷の住人のことを親身になって話をして理解することで、ゴミ屋敷の撲滅に行きつくのではないでしょうか。

業界最安値

【04月04日 02時26分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月04日 02時26分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事