高齢者の孤独死は一種の社会問題になりつつあります。
高齢者が孤独に耐え切れなくなりゴミを蓄積して、最終的にはゴミ屋敷にしてしまう原因や対処法について詳しく紹介しています。
自分の周りで高齢者がいて、ゴミが増えてきていると感じた人には参考になる情報なのでよく読んで対処策を検討しましょう

ゴミ屋敷の高齢者が孤独死する原因

ゴミ屋敷の高齢者が孤独死する原因

◇子供と離れている孤独な高齢者

高齢者のゴミ屋敷の特徴として、1人暮らしをしている高齢者です。
子供たちとは別居生活をしていて、子供も頻繁に家に行く機会もなく完全に孤立して孤独で寂しい思いをしています。
この場合は、孤独感から片付けをしないでついゴミを溜めてしまっています。
セルフネグレクトになっていても頻繁に会いに行かないためわからないで、ゴミ屋敷になってしまう可能性があります。

◇体力の衰えと認知症

高齢者は心身ともに衰えてきて、普段歩いたりすることすらできなくなる可能性があります。
体力の老化だけではなく知力も老化していて、認知症にかかってしまった場合はゴミ屋敷にしてしまう確率が高くなります。
高齢者は体力と知力の減退は一気に来ることがあるので注意が必要です。

◇何らかの原因で車いす生活

子供があまり見に行けないため、けがをして車いす生活を余儀なくされたり、歩くこともままならない状態になった場合は、世間からは孤立してしまってゴミ屋敷へとまっしぐらです。
それだけではなく、最悪、孤独死をしてしまう可能性もあります。
予期せぬけがややけどなどは、高齢者になると頻繁に起こりえる事故なので注意が必要です。

◇セルフネグレクト

セルフネグレクトになるとゴミ屋敷にしてしまう可能性が非常に高くなります。
高齢者だけではなく若年層でもかかる一種の病気で、発症すると何もしたくなくなる「自己放任」の状態になってしまいます。
初勝した人は身体の具合が悪くても病院に憩うこともしません。
自分自身に対しても無頓着になるので、ゴミを放置してゴミ屋敷にしてしまう確率も高くなります。

ゴミ屋敷化した高齢者の孤独死を防ぐには

ゴミ屋敷化した高齢者の孤独死を防ぐには

ゴミ屋敷にしてしまう確率が高い高齢者だけではなく病気を発症してからゴミ屋敷にしてしまう若年層など、様々な人がゴミ屋敷にしてしまいます。
できればゴミ屋敷にする前に何らかの対策が取れれば一番いいのです。
そのための対策として有効な手段を紹介します。

◇高齢者の1人暮らしは頻繁に連絡する

高齢者の1人暮らしを余儀なくされている場合は、家族が頻繁に様子を見に部屋を訪問することが大切です。
これをするだけで、本人の身体の状態の確認だけではなく、ゴミ屋敷にする前に発見できます。
そうすることが、孤独死にならずに済みます。

◇病気やケガなどの具合を見て施設に入所させる

高齢者は老化の具合を見て、若年層はセルフネグレクトのような病気の進行状態を見てから、介護施設へ入所させることも検討します。
早めの行動が、ゴミ屋敷にすることもなく、回りの人にも迷惑をかけずに済みます。
高齢者になると介護施設への入所を拒む人も多いので、介護施設の人にも一緒に付き添ってもらってから入所させるようにしましょう。

◇ゴミ屋敷になってしまったら清掃業者に依頼する

仕事が忙しくて、高齢の親元を訪れにくかった人は、ゴミ屋敷化した部屋を片付けるのに業者に依頼すると簡単に片づけと掃除まで行ってくれます。
その時に、ゴミ屋敷の西欧だけではなく、親を施設へ入所させるかどうかも検討してベストな方法を

近隣のゴミ屋敷に住んでいる高齢者の孤立と孤独死を防ぐ方法

近隣のゴミ屋敷に住んでいる高齢者の孤立と孤独死を防ぐ方法

高齢者の1人暮らしのゴミ屋敷化は家族だけでは見つけにくいものです。
その理由として、自分の親が認知症にかかっているとは到底思いたくないので、冷静に判断できるようにするには、近所の人に協力してもらうのが一番です。

◇郵便物がたまっているときは大家さんへ連絡

郵便ポストに郵便物がたまっている場合、様々な想像を巻き起こしています。
こういう状況の高齢者を見つけたらすぐに大家さんか、管理会社に連絡をします。
住人の安否が確認できます。
新聞や郵便物がたまっているということは、郵便ポストを見ていないということで、外出もしていないで家に引きこもり状態か、身体に何か異変が起きたのではないかと推測が付きます。
早急な対応が必要になります。

◇高齢者の状態を観察するだけではなく行動する

外から見てもゴミがあふれていて異常なまでのゴミの量や悪臭がする場合は、すぐに業者などに通報する必要があります。
放置していると近所にも悪い影響を与えかねません。
近隣住民が異変を察知したら、躊躇することなく通報するようにします。
そうすることが、ゴミ屋敷の住人をも守ることになります。

ゴミ屋敷になるのは高齢者だけではない!誰もがなりえる

ゴミ屋敷になるのは高齢者だけではない!誰もがなりえる

高齢者の孤独死は、成果鵜をしているとある程度予測できます。
予測できるゴミ屋敷の高齢者の場合は、孤独死をしないように対策は練りやすいのですが、有名企業のサラリーマンなど孤独死とは関係がなさそうな人が、ゴミ屋敷にしてしまって孤立して孤独死をしてしまうこともあります。

◇大企業のサラリーマンのケース

有名メーカーに勤めるKさんは、入社5年目ですが、エリートでありながらゴミ屋敷になってしまっています。
部屋中ゴミだらけで寝るスペースがやっと確保できているような状態で、ゴミだらけの部屋で生活をしています。
エリートならではの原因でゴミ屋敷になってしまっています。
エリート社員に対して大きなプロジェクトを任せてからストレスのかかる毎日を送っていると、そのうちに耐え切れなくなってうつ病を発症してやる気が出なくなります。
やる気が出なくなると、仕事だけではなく、部屋の片づけすらしなくなります。

◇きれい好きナースのケース

きれい好きナースAさんの場合は、以前はルームシェアをしていて、常に片付けて掃除もしていてきれいな部屋に住んでいたのが、ルームシェアの友人が引っ越して1人暮らしになった時から、片付けも掃除もしなくなりゴミ屋敷になってしまいました。
1人でいると人に見られることも少なくなり、部屋を片付けなくても生活に支障がなくなるので徐々に片づけと掃除をしなくなくなります。
最終的にゴミ屋敷になります。

高齢者の孤独死が増えてきているまとめ

まとめ

最近は孤独死が増加傾向になりますが、孤独死の前の段階のゴミ屋敷化と孤独に関して詳しく紹介してきました。
孤独とゴミ屋敷は深くつながっていて、党の本人は意識しなくても自然に片づけをしなくなりゴミ屋敷になっていくことがわかりました。
これからは、孤独のつらさを少しでも和らげる方法や孤独死を減らせるようにしましょう。

業界最安値

【04月06日 11時30分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月06日 11時30分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事