ゴミ屋敷になるケースで個人が原因でなるケースと、社会環境が原因でなるケースがあります。
ゴミ屋敷になってから、どのように対処すればいいのかについて詳しく紹介しています。
対処法はいろいろな人たちに聞いていろいろな対処法を身に着けているといずれ何らかの効果が発揮される時が来ます。

ゴミ屋敷とは?原因は?

ゴミ屋敷とは?原因は?

ゴミ屋敷の現状をしっかりと認識してから、対策を考えていかなければいけません。
釈迦とゴミ屋敷、個人とゴミ屋敷の形状がはっきりとわかっています。

◇ゴミ屋敷の現状

ゴミ屋敷と言われる住宅は実際にどのようになっているのでしょうか。
世間で言われるゴミ屋敷ですが、物がたくさん置かれているだけではゴミ屋敷とは言いません。
普段使うものと使わないものがきちんと分けられていないで、どれが使うものでどれが使わないものなのかがはっきりしない状態になっていれば、ゴミ屋敷といいます。

◇社会とゴミ屋敷

ゴミ屋敷は本人だけの問題でしょうか?
ゴミ屋敷は、現代社会の問題でだれもがなりえる社会の環境があるように思えます。
ゴミ屋敷になる一番の問題は、社会から孤立していて孤独に耐えられなくなりゴミを蓄積していってしまう傾向があります。
このゴミの蓄積が進むとゴミ屋敷にまで発展していきます。

◇ゴミ屋敷が起こす災害とは

ゴミ屋敷は単にゴミが部屋に散らかっていくだけの問題では済まされません。
ゴミから起こる2次被害が問題となっています。
ゴミ屋敷が起こす2次被害には害虫が発生して近隣に侵入してしまいます。
ゴミが散乱するので、火事になりやすくて放火魔が出てきたりしやすい環境になっています。

◇原因1.社会的な原因

ゴミ屋敷がもたらす社会的な原因とは、
核家族化が進んできていて、高齢者の1人暮らしも増えてきています。
1人暮らしをしていると寂しくなり孤独を感じるようになります。
孤独を感じるようになると何もしたくなくなり、ゴミの処理すらしなくなります。
誰か第三者の手助けがないと何もできなくなってしまいます。

◇原因2:個人の問題

社会の中で孤独になったりするのではなく、個人的な精神病などが影響してゴミ屋敷になってしまうこともあります。
高齢者に多いのが認知症で物忘れがひどくなり、ゴミを捨てるという作業自体もできなくなるケースがゴミ屋敷にしてしまいます。
うつ病なども集中力が切れてから、やる気がうせてしまうとゴミ屋敷にしてしまいます。
うつ病は年齢に関係なく誰が発症してもおかしくない症状です。

◇原因3:部屋の広さの問題

ゴミ屋敷になる3つ目の原因として、部屋の広さと物の量の問題です。
部屋の広さにあったものの量が置かれていないことです。
物があふれていて部屋いっぱいに広がっています。
住む部屋を間違えていて、物を減らすか、もっと広い部屋に引っ越さなければゴミ屋敷になってしまいます。

◇原因」4:捨てられないゴミ問題

捨てられないゴミがどんどん増えていってゴミ屋敷になってしまうこともあります。
もったいない精神か、次から次へと流行を追って物をため込んでしまっているか、2通りの原因が考えられます。
ゴミを大切にしてしまうので、物が残っていき最終的にはゴミ屋敷になります。
次から次へと物を買っていき、そのまま使わずに部屋の不どこかに放置していく上で部屋全体が物であふれかえっていってしまいます。

ゴミ屋敷の対処方法

ゴミ屋敷の対処方法

ゴミ屋敷になってしまった場合、本人はなかなか相談しにくいものなので、家族や親せきに代わりに相談して、解決策を一緒に考えてもらえると早くゴミ屋敷から脱出できます。
今回、いくつかの相談窓口があるので相談ができる窓口と、具体的な相談内容について詳しく見てみましょう。

◇自治体に相談する

ゴミ屋敷になっている住宅の近隣住人が困ってしまっている場合、自分で直接ゴミ屋敷の住人と話をするのはやめましょう。
逆恨みされる可能性もあるので、管理している自治体の窓口に行ってから現在の状況を相談します。
ゴミ屋敷の状態が非常に悪ければ、自治体の方から住人に直接交渉してくれます。
自治体によっては、住人が聞いてくれない場合は、強制的にゴミの処分ができるようになっているところもあります。

◇医師に相談する

医師に相談することも必要です。
医師に相談するのはゴミ屋敷に住んでいる本人で、精神的な山にかかっている可能性があります。
この場合は、ゴミ屋敷を解消してもまた、リバウンドしてさらにひどいゴミ屋敷になる可能性があります。
そうならないためにも、どのような精神の山にかかっているかを医師に検査してもらって、治療をすることが重要です。
完治するとゴミ屋敷のゴミの撤去も素直に行ってくれて、もう一度ゴミ屋敷になることもありません。

◇法律家に相談する

自治体が交渉してもなかなか話が前に進まないような場合は、近隣住民が共同で弁護士などに相談して何らかの解決策を出してもらうのも手です。
単なる相談だけであれば、5000円で聞いてくれるので、その後ゴミ屋敷の改善策が見つかれば、正式に依頼することができます。

ゴミ屋敷を解決するには

ゴミ屋敷を解決するには

ゴミ屋敷になると片づけをしなければいけなくなります。
そうなる前に予防しておくべきでしたが、間に合わずにゴミ屋敷になってしまった場合、片付けるとしたら2通りあります。
その片付け方について詳しく見ていきましょう。

◇自力で処理する

ゴミ屋敷の片づけを自分の力で行うこともできます。
本人が片付けたい意志がある場合で、やる気があるため、自分で必要な道具や衣服を用意してから片付けます。
自分で片付けるには、必要な道具と服装を準備してから予定を立ててから片付けに入ります。
最低限必要な道具として、バケツ、雑巾、掃除機、軍手、マスク、長袖の服があればある程度のゴミ屋敷であればできます。
あとは、作業当日のスケジュールをしっかりと作ります。

◇業者に依頼する

自分でゴミ屋敷を掃除するには時間がないと判断した場合は、プロの業者に依頼して片付けと掃除の両方を行ってもらうと便利です。
何から手を付けたらいいのかわからない人やできるだけ楽に片付けたい人や片付ける時間がない人にはプロの業者に依頼することをお勧めします。

ゴミ屋敷を8時間で片付ける

ゴミ屋敷を8時間で片付ける

ゴミ屋敷を片付けるのに、自分でする場合どのくらいの時間が掛かるのでしょうか。
1LDKぐらいの広さであれば、準備と作業を含めると1日あれば完了します。

◇必要な物を用意する

ゴミ屋敷を片付けるのに、燃えるゴミ用のゴミ袋を用意します。
数十枚用意しておく必要があります。
できるだけ多めに用意しておくと後で買い足さなくても済みます。
ほこりなどで咳が出たりする人はマスク着用で、殺虫剤もできたら用意しておくとハエやゴキブリが出たときに殺せるので便利です。
あとは雑巾や掃除機も用意しておくとゴミを撤去した後の部屋の掃除に使えます。

◇厄介物を片付ける

ゴミ屋敷でも何がたくさん部屋を埋めているかによってゴミ袋の種類も変える必要があります。
衣類関係が多い場合は、衣類を償却するか残しておくかを決めていかなければいけません。
あとは、食べ残しやジュースの飲み残しなどがあるときはペットボトルや弁当箱のからを取り除いていきます。

ゴミ屋敷の原因と対処法!8時間でゴミ屋敷は片付くまとめ

まとめ

ゴミ屋敷になる原因部屋の広さに対してどのくらいで片付けられるかの目安を初会してきました。
ゴミ屋敷の現任がわかってから片付けたいときにどのような片付け方があって、近隣住人はどこに相談すればいいのかが割ったのではないでしょうか。
今、自分の周りでゴミ屋敷がある人は参考にして、どう対処したらいいのかを学びましょう。

業界最安値

【08月14日 10時36分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【08月14日 10時36分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事