自分の実家がゴミ屋敷になっている人や、自分の家がゴミ屋敷になりつつあるといった人におすすめのゴミ屋敷の解消法やその方法について詳しく紹介しています。
ただ、ゴミ屋敷を解消しても、ゴミ屋敷になってしまった原因が住んでいる人の精神疾患など病気による場合は、同時に治療していかないといけません。
ゴミ屋敷を解消するための方法や手順だけではなく、原因となる症状を10個紹介しています。

ゴミ屋敷を脱出する手順

ゴミ屋敷を脱出する手順

ゴミ屋敷を脱出するときは、ゴミの回収作業と清掃作業を行わなければいけません。
その方法としては、自分ですべての作業を行うこともできますし、業者に依頼してゴミの回収作業から清掃作業まですべて行ってもらうこともできます。
どちらにするかは、片付ける部屋の広さやゴミの量にもよります。
どちらが良いかはケースバイケースではないでしょうか。

◇ゴミ屋敷の全貌を把握する

ゴミ屋敷を片付けるには、まずは部屋の広さをしっかりと把握しておかないと、どのくらいのゴミをどのくらいの期間で片付けられるかがわかりません。
ゴミの量によっては自分ではできないケースがあり、業者に依頼した方がスムーズに片付きます。
まずは部屋の間取りやゴミが散乱している部屋の広さは重要です。

◇ゴミ屋敷の掃除にかける時間

ゴミ屋敷の掃除をするときに、どのくらいの期間でできるのでしょうか。
1人暮らしのゴミ屋敷の掃除をするには通常1日から3日は必要です。
部屋の広さがそれほどない場合は、1日で片付けられます。

◇賃貸か持ち家なのかで変わる片付けの方法

ゴミ屋敷が集合住宅の場合、下に部屋がある場合は、床や壁などにもゴミの臭いがついたり、汚れや臭いだけではなく、下の階へ水漏れなども起こります。

◇業者に依頼するときの手順

ゴミ屋敷になってしまって、自分で片付けるのは非常に時間が掛かります。
その場合は、プロの業者に依頼してゴミ屋敷をきれいに片付けてもらいます。
業者に依頼するときは、ゴミ屋敷の専門のプロに任せて最終的な運転をすると非常に効果的です。

1.費用の相場
ゴミ屋敷の片付けと清掃を行ってもらう場合、業者に依頼するとどのくらいの料金が発生するのでしょうか。
ゴミ屋敷の中でも散らかり具合や汚れ具合によって大分変ります。
一般的な部屋の片づけをする場合の料金を部屋の広さから見ていきます。
1Kの場合は片付けだけで24000円程度からで、1DKの場合は54000円からで、1LDKの場合は69000円からで、2LDKの場合は119000円からで、3LDKの場合は149000円からとなります。
これはあくまでもある業者のゴミの回収作業のみの料金なので、これに清掃作業が入ると別途料金が発生します。
業者に依頼すると結構な費用が必要になります。

2.業者はどこがいい
業者には遺品整理専門、不用品回収専門、清掃専門の3つに分かれています。
この中で清掃専門の業者は、掃除がメインでゴミ屋敷のように90%以上がゴミの処分の場合にはあまり向いていません。
掃除よりもゴミ処理がメインであるゴミ屋敷の場合は、不用品回収専門業者に依頼するのがベストです。

3.業者選びのポイント
業者選びをするときに必要なのは、希望する作業を行ってくれて、優良で料金が安い業者選びができるかにで変わってきます。
サービス面はどこの業者もさほど差はありません。
あとは料金が安いところに依頼したいものです。
その場合、複数の業者に見積もりを出させて業者間で競争をさせると、安い料金で依頼できます。

ゴミ屋敷を脱出するための期間

ゴミ屋敷を脱出するための期間

ゴミ屋敷を整理整頓して、不用品やゴミなども処分していくときにかかる期間はいったいどのくらいなのでしょうか。
ゴミ屋敷を片付ける方法としては自力で作業する場合と、業者に依頼して作業する2つの方法があります。
どちらを選んで片付けるかは、その時の状況次第で変わります。
事理で行う場合はお金があまりかからないというメリットがあり、業者に依頼する場合は、お金はかかりますが労力を必要としないというメリットがあります。

◇ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼した場合

ゴミ屋敷の整理と清掃作業を業者に依頼した場合、どのくらいの期間で作業は完了するのでしょうか。
1LDK程度の広さであれば作業自体は1日もあれば十分に完了しますが、その前に業者に見積もりを出してもらうのに、別途日を決めてきてもらう必要があります。
作業自体は数時間から1日程度で終わります。
見積もりを出してもらうのにも簡易査定と訪問査定の2種類があります。
簡易査定で複数業者に見積もりを出してもらい、2社ほどに絞ってから訪問査定を依頼して安い方に決めれば、出費もできるだけ抑えられます。

◇自力でゴミ屋敷を片付ける場合

ゴミ屋敷を自力で整理と清掃を行う場合、部屋の数と広さによってかかる日数は変わります。
業者と違って自力で行う場合は、素人が作業をするわけです。
その場合、実際にどのくらいの期間で作業が完了するかははっきりってわからないのが当然です。
作業期間の終わりを決めるのではなく、できることから順番にやっていこうという姿勢で取り組まないとなかなか整理できません。
あとは、回収したごみや不用品の処分も自分でしなければいけません。性分先なども事前に決めてから、どのようにして処分していくかを決めてから作業に入らなければいけません。
業者の場合と違って余計な作業が発生するので、余裕をもって片づけを行っていきましょう。

◇主婦がゴミ屋敷を脱出するためのポイント

ゴミ屋敷化するのは高齢者の1人暮らしだけではありません。
普通に生活をしている家庭でもよくあることです。
子供4人の家族や両親と同居している家族などごく普通の家庭でもゴミ屋敷化してしまいます。
この場合、ゴミ屋敷を脱出したいと思うのは、主婦でもある女性側が非常に多くなります。
主婦がゴミ屋敷を片付けるのにはクリアしなければいけない問題点がいくつかあります。
主婦がゴミ屋敷を片付ける問題点を解決していくポイントを詳しく紹介します。

1.同居家族を説得する
ゴミ屋敷にしてしまっている同居家族がいる場合、いくら片付けても同居家族が散らかしていくといつまでたっても片付きません。
本当にゴミ屋敷を脱出したいのであれば、ゴミ屋敷化している同居家族を説得して協力してもらわなければいけません。

2.モチベーションを上げることが大切
ゴミ屋敷を片づけるには先進的な面が大きく影響してきます。
片付けようという気持ちがなければいつまでたっても片付かないし片付けるために気持ちから変えなければいけません。

3.毎日の整理整頓にちょっとプラスアルファするだけでOK
家がゴミ屋敷化している場合、主婦が自ら散らかしていて片付かない場合は、簡単に片付けはできます。
問題は自分以外の同居人が散らかしてからゴミ屋敷化してしまっている場合です。
同居人の誰か、子供、両親、姉妹兄弟なのかによってもトラブルになることはあります。
一番のポイントは片づけを急がないことです。
急いで片付けようとするとときに、散らかしているのが同居の両親だとトラブルのもとになります。
片づけは時間をかけてからゆっくりと行っていくことです。

ゴミ屋敷を脱出は業者へ依頼するのがおすすめ

ゴミ屋敷を脱出は業者へ依頼するのがおすすめ

ゴミ屋敷を片付けるときに自分でするのではなく、業者に依頼する場合の注意点をいくつか紹介します。
業者選びは重要で間違った業者を選んでしまうと高額の料金を請求されたり、料金に見合わない雑な作業で終わったりしてしまいます。
そうならないようにするための業者選びは重要です。

◇知人の紹介業者がおすすめ

業者選びをするときに信頼できることが重要です。
友人や知人で実際に使ったことがある業者に依頼するのが安心して任せられます。
実際に知人が利用した業者なので、高額の料金を請求されることもなく作業もきっちりと行ってくれます。
業者選びは料金の安さも大切ですが、信頼できる業者であることが大事です。

◇業者は実績で選ぶべき

友人や知人の業者を知っている人がいない場合はどのようにして選んでいけばいいのでしょうか。
その場合は、業者の実績が多い所をピックアップして相見積もりをさせると、失敗があまりありません。
ゴミ屋敷の片づけを行ってくれる業者はたくさんあります。
その中から優良な業者を選ぶには実績しかありません。
インターネットなどで、実績数や創業年数などを見て、任せられそうな業者を選んでいきます。
電話営業や訪問営業をしてくる業者には注意が必要です。
こういう業者に限って高額料金を請求されて、素人のアルバイト作業員が作業することが多くきれいに片付かない可能性が高くなります。

ゴミ屋敷の原因となる10の精神疾患!

ゴミ屋敷の原因となる10の精神疾患!

ゴミ屋敷になるのは本人のだらしなさではなく、何らかの疾患が考えられます。
ゴミ屋敷をきれいに片付けても、本人の疾患が治ら萎えれば、同じことの繰り返しになってしまいます。
そうならないように、ゴミ屋敷の片づけと同時に本人の疾患の治療も行わなければいけません。
どのような疾患にかかっているのかを具体的に知らなければ治療もできません。
そこで、ゴミ屋敷になってしまう10の疾患について詳しく紹介します。

◇ため込み症

ため込み症というのは読んで字のごとく、物をすぐにため込んでしまうことです。
2013年に精神症として認知された症状です。
アメリカの精神医学会にて認定されています。

◇うつ病

うつ病は年齢関係なくかかります。
うつ病にかかると何もやる気が出なくて、部屋の片付けもほとんどしなくなってしまいます。
うつ病の場合はため込み症とは違います。

◇セルフネグレクト

セルフネグレクトは生活を維持していく上で必要な行動などを全くできなくなることです。
セルフネグレクトはまだあまり認知されていなくて、症状が広く、セルフネグレクトかどうかが判つかない場合もあります。

◇統合失調症

統合失調症はうつ病に似ていて物をため込んでしまう傾向があります。
<この症状はうつ病と同じ行動ですが、うつ病の場合は気分による障害で、統合失調症の場合は思考の障害となります。

◇認知症

認知症は高齢者によく出る症状ですが、最近は若年性認知症というものがあり、若い人でもかかります。
認知症にかかると片付けるという行動をあまりしなくなり、物をため込んでいく傾向があります。
最終的にゴミ屋敷になってしまいます。

◇ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDは10年以上も前から認知されているゴミ屋敷になりやすい症状です。
ADHDの代表的な症状は、不注意、多動性、衝動性の3つの症状があります。
年を取ってから出る症状ではなく、幼少時期から発症する症状です。

◇ASD(自閉スペクトラム症)

ASDとは、自閉症とアスペルガー症候群を併せ持った症状となります。
コミュニケーションや言語能力に問題があります。

◇アルコール依存症

アルコール依存症は、まさに昔から病気と認知されている物です。
アルコール依存症の人は自分では認識がないため回りの人が注視しておく必要があります。
アルコール依存症の人はゴミ屋敷にしやすい人です。

◇買い物症候群

買い物症候群はまさに物をため込んでいく体質を持った人です。
必要ない物でもつい買ってしまって、部屋の中にいらないものが増えていきます。
看護師など高収入の女性に非常に多く見受けられる症状です。

◇パーソナリティ障害

パーソナリティ障害という名称はあまり聞きなれない言葉ですが、回りの意見とは逆のことを言ったり行動したりする症状です。
個性と似ていますが、その言動や行動で何か問題が発生する場合はパーソナリティ障害と言います。

ゴミ屋敷を脱出するための手段や期間はどんな?誰でもできる方法を伝授!まとめ

まとめ

ゴミ屋敷になってしまったときの解決法や手順などを紹介してきました。
ゴミ屋敷になる前に予防できれば一番ですが、一種の病気でその症状の1つとしてゴミ屋敷にしてしまった場合の解決方法や、ゴミ屋敷になりやすい病気や症状について10個紹介してきました。

業界最安値

【02月23日 16時49分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【02月23日 16時49分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事