ゴミ屋敷と言っても高齢者ではなくて、若い女性にたくさんいます。
女性特有の 特徴がありゴミ屋敷になってしまうケースがあります。
女性がゴミ屋敷にした場合、男性には見られたくないようなものを溜めているときもあります。
その場合は、業者に依頼するときに女性スタッフがいる業者を選べば大丈夫です。

女性に多いゴミ屋敷になる原因

女性に多いゴミ屋敷になる原因

男性のゴミ屋敷と違って女性がゴミ屋敷にしてしまう理由として特徴的なことがあります。
女性ならではのゴミなどが増える原因にもなっています。
女性特有のゴミ屋敷になりやすい特徴的な原因を3つ詳しく紹介します。
心当たりのある女性は気を付けてください。

◇女性は男性以上に物入り

生活をしていく上で、女性は男性以上に物を購入します。
男性と女性の大きな違いで、メイク道具、バッグ、衣服などは男性では必要としないものを女性では必需品です。
それだけではなく、生理用品や女性特有の肌のケア商品なども購入するので男性よりも物があふれてきます。
特に生理用品を捨てられない女性が多いです。

◇物をなかなか捨てられないのが女性の特徴

こちらも女性特有の修正で、買ったものをなかなか捨てられないのです。
物への執着心は男性をはるかに超えるもので、物を捨てられないというよりも、捨てたくないというのが当たっています。
適度に物を大切にするというのであれば問題ありませんが、なんでも捨てないで取っておくというのは、度を越えていてゴミ屋敷へまっしぐらになります。
女性は使わない物でも、大事に取っておく人が多いので、期間を決めてその期間使わないものは捨てると決めておくと物がたまらなくて済みます。

◇女性は少食のため食べ残しが多い

ゴミ屋敷で一番厄介なのが食べ残し、飲み残しです。
乾燥したゴミや衣類が増えるくらいであれば、ダニが増える程度でそこまで問題にはなりませんが、食べ残しや飲み残しなどは臭いを発します。
このにおいと残飯にゴキブリやネズミ、そしてハエなどが集まってきます。
そうなると、片付けるのが嫌になってしまい、片付けなくなります。
それが続くとゴミがあふれて悪臭を発するようになります。
自分の住居だけではなく、近隣の住居にも悪臭がし、ゴキブリやハエなどが侵入するようになります。
ここまでくると、すでにゴミ屋敷に代わっています。

誰にでもできるゴミ屋敷にならないための作業

誰にでもできるゴミ屋敷にならないための作業

女性のゴミ屋敷化は男性よりもたちが悪くて、悪臭だけではなく食べ残し等も男性以上で、ゴキブリやネズミなど害虫や害獣などの住処になってしまいます。
そうならないように日ごろの生活をしている段階でちょっとした対策行動をすることでゴミ屋敷にはならないで済みます。
日ごろの片づけや行動について5つのことを紹介します。

◇まめに換気する

ゴミ屋敷になり始めると、気分も滅入ってしまい何もしたくなくなります。
そうなる前に窓を開けて空気の入れ替えを行います。
ゴミ屋敷になっている人のほとんどが換気していません。
換気しないと悪臭が家中に充満して、生活をしていく上で健康にも悪く気分も下がります。
空気の入れ替えをすることで悪臭を絶ち、ほこりなどを飛散させないですみます。
空気の入れ替えは1日に1回必ずやると、ゴミ屋敷になり難くなります。

◇ゴミ袋を購入して使う

ゴミ袋は必ず10枚上ストックしておくと、いざというときに役に立ちます。
行政から販売されている直接ゴミを袋に入れるのではなく、スーパーのレジ袋などになごみを入れてから、集めたレジ袋を行政の可燃物のゴミ袋に入れるだけで片付きます。
スーパーのゴミ袋を持ち続けるとゴミの山になってきてしまいます。
そうならないようにするためには習慣づけが重要です。

ゴミ袋を大量に購入しておけば、何度も買い出しに行かなくて済むので、ずぼらな女性でもゴミ袋にゴミを入れる習慣がつきます。

◇処分は最初に生ごみや食べ残し、飲み残しから

ゴミを集める順番も重要で。
最初に生ごみ、食べ残し、などをゴミ袋に入れてから紙ごみを集めていくと悪臭のもとを残さないで済みます。
それでもゴキブリやハエがよってくるので、殺虫剤を手元に置いておいてから、いつでも害虫を殺せるようにしておきます。

◇ゴミのカテゴリー分けが重要

1日ですべてのゴミを集めてからゴミ袋に入れるのではなく、1カテゴリーのゴミを集めて、次の日は別のゴミを集めていくと、苦労することもなく、スムーズにゴミ集めができます。
1カテゴリーの中でも、量が多い場合は、1カテゴリーを複数日に分けてからゴミを回収するようにします。
無理をしないで、集められるゴミのカテゴリーを分けていきます。

◇ゴミを増やさないようにする

片付けても物を増やしたりゴミを増やしたりすると、せっかく片付けたのに意味がなくなります。
片づけと同時に物を増やさないように新しいものを購入した時には古いものを捨てるようにします。
ゴミを散らかしてしまわないようにゴミ箱の数を増やして捨てられる場所を増やすことで、床にゴミを散らかさないようにします。
食べ残しの量をできるだけでないようにして生ごみの量もできるだけ少なくします。

女性におすすめのゴミ屋敷改善策

女性におすすめのゴミ屋敷改善策

ゴミ屋敷になった場合、自力で片付けるのが一番ですが、
女性の場合は特に自力で片付けるのは難しくなります。
ゴミ屋敷になってしまうととても女性の力では片付けられません。
恥ずかしくて家族に相談して片付けてもらうこともできない人もいます。
その場合は、業者に依頼して片づけと掃除を行ってもらうと便利です。
業者の中には女性スタッフが作業を行ってくれるところもあるので、そんな業者に依頼すれば、女性であれば見られても大丈夫ではないでしょうか。

◇丸投げができる

ゴミ屋敷を業者に依頼する場合は、ゴミの除去からせいそうまで行ってくれて、ゴキブリの駆除まで行ってくれる業者はあります。
ゴミ屋敷を片付けた後は安心して住めるようになります。
ゴミを処分する場合、行政には出せないようなゴミの処理も行ってくれます。
ゴミ屋敷の片づけとは別にゴミの回収業者に依頼して、ゴミだけ別に処理することもできます。

女性でも安心できる業者

女性でも安心できる業者

女性の場合はごみ屋敷にしてから業者に片づけを依頼するにしても、見られたくない物などがたくさんあります。
業者に依頼すると男子が作業員としてくるので、女性はなかなか依頼しにくいのが現状です。
女性でも安心して依頼できるゴミの片づけと掃除を行ってくれる業者はないのでしょうか。
女性が安心して依頼できる女性が作業員としてくる業者はあります。

◇業者選びは実績が大切

業者選びには注意しなければいけません。
悪質な業者から優良な業者まであるので、選び間違えると大変なことになります。
女性の汚れものを見られたくない以前に、ゴミを不法投棄したり、高額の料金を請求したりされては困ります。
できるだけ実績数があって、HP上で料金を明確に公開しているところがおすすめです。
アバウトの料金説明ではなく、追加料金は後から取らないような明瞭な料金を提示している業者がおすすめです。

◇女性スタッフがやってくれる

女性のゴミ屋敷には、男性ではわからない女性特有の悩みがあります。
男性には見られたくない汚れものが溜まっていたりすると、とても男性の業者には依頼したくありません。
そんな悩みを解消してくれるのが、女性スタッフがいて見られたくない汚れものでも安心して片付けてもらえます。
業者の中には、女性しかいないというような業者もあるので、探せば見つかります。
ただし、大きな荷物の移動などがある場合は、女性スタッフでは難しいので、スタッフには男性と女性の混合がベストではないでしょうか。

女性のゴミ屋敷が多いのはなぜ?女性が頼める業者まとめ

まとめ

女性がゴミ屋敷にしてしまう原因や、ゴミ屋敷にしないようにするためのやるべきことを詳しく紹介してきました。
女性が1人でゴミ屋敷を片づけるのは不可能に近くなります。
そんな女性でも安心して依頼できる業者選びの方法について紹介してきました。
女性の1人暮らしでゴミ屋敷になっている人やなりそうな人は参考にしましょう。

業界最安値

【04月04日 01時41分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月04日 01時41分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事