家の中を整理した時に出る日用品や家財道具、家具や電化製品は粗大ゴミと呼ぶもので、粗大ゴミ回収や不用品回収業者を利用して処分が出来ます。粗大ゴミ回収の場合は、各自治体毎に料金表がホームページ内に掲載してあり、金額そのものの差はそれほどありませんが、不用品回収業者の場合は業者間での差があります。

不用品を処分する時の選択肢には2つがあります

部屋の片づけで出る不用品を処分したい時には自治体が窓口になる粗大ゴミ回収と不用品回収業者の2つの選択肢があります。粗大ゴミ回収の場合は時間および手間が掛かる反面、処分費用を安く抑えられるメリットを持ちます。一方、不用品回収業者の場合は、料金は高めではありますが、手間暇を掛けることなく利用出来るメリットを持っています。費用で選ぶのであれば粗大ゴミ回収と考える人は多いかと思われますが、粗大ゴミ回収は冷蔵庫やエアコン、洗濯機にテレビ、パソコンなどの家電品は対象外です。対象外になるので、電化製品が不用品に含まれている時には粗大ゴミ回収と電気店などのお店の2つに依頼が必要になります。その点、不用品回収業者は電化製品も回収して貰える利点があるのです。

不用品回収業者はそれぞれ独自の料金形態を持ちます

自治体が手掛けている粗大ゴミ回収の料金は、各自治体毎に料金表が掲載してある、金額そのものはそれほど変わりはありません。これに対して、不用品回収業者は業者毎に独自の料金形態を持つなどからも、費用は業者の選び方により異なる、簡単に言えば安い業者もあれば高い業者もあるわけです。不用品回収業者を使う時には最初に見積もりを依頼、相場を把握することが大切です。相場よりも高いのか安いのかは、見積もりを依頼することで基準となる金額が分かる、見積もりに記載してある金額を見れば一目瞭然です。但し、見積もりを依頼した時に極端に金額が安くなっている場合には注意が必要です。これは後から高額な金額を請求する恐れがあるなど、相場を把握することはトータルコストを節約する効果にも繋がります。

不用品回収業者の料金形態の特徴について

不用品回収業者に粗大ゴミの処分を依頼して安かったと感じるのは相場を把握している場合です。回収業者の料金形態の基本は基本料金・個別料金・オプション料金の3つで構成が行われているのが特徴です。また、処分したい不用品が大量にある時には積み放題プランが便利で、プランには軽トラックや2トントラックなどの種類があります。積み放題の相場としては、軽トラックが1万円前後、2トントラックが3万円前後と言われており、この金額が極端に安い時には後から別料金が発生する可能性もあるため、事前に確認しておかなければなりません。部屋の広さに応じてパック料金設定を行っている不用品回収業者もあり、間取りに応じた相場があるので把握した上で利用するようにしましょう。

不用品回収業者を利用する時には相場を把握!まとめ

まとめ

不用品回収業者は上手に使えば手間いらずで不用品の処分が出来る便利な会社です。手間が掛からないけれども料金が非常に高い、もしくは非常に安いなどのケースもあります。金額が安いのか高いのかは相場を掴むことで分かる部分ですが、相場を掴むためには数社への見積もりが重要なポイントになって来ます。また、回収する量や時間帯、作業人数、回収を行う環境などによっても変わります。回収を行う環境の中にはエレベータの有無、回収する場所の目の前にトラックを駐車出来るのか否かなどがあります。仮に、エレベーターがない4階の部屋に住んでいる人が回収を依頼した場合、不用品の搬出には手間が掛かりますので別途費用が必要になることも少なくありません。家の前にトラックを止めておくことが出来ない場合には、重量のある家具や家電品類をトラックまで運ぶための人力作業が必要になります。見積もりを依頼する時には事前に不用品の種類や数、回収場所などの条件を詳しく説明しておくための準備が必要です。

不用品回収業界最安値

【2018年12月13日 13時26分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事