長年生活を続けていると生活用品はどんどん溜まる、収納の中に大切に保管していても、使わないものなどは有効スペースの無駄に繋がります。家庭の中から出る不用品のことを粗大ごみと呼びます。不用品の処分方法には不用品回収を使う、自治体が窓口の粗大ごみ回収を使うなどの選択肢があります。

粗大ごみ

自治体が窓口の不用品回収の特徴を知りましょう

不用品を処分したい時、自治体が窓口になっている不用品回収を使うケースは多いのではないでしょうか。これは粗大ごみ回収と呼ぶサービスで、電話やインターネットを利用して予約を行うことからスタートします。回収料金は郵便局やコンビニなどで支払いを行う、粗大ごみ処理券を受け取った後に、氏名などを記載して不用品に貼り付けるなどが必要です、回収料金は自治体のホームページに記載が行われているので処分費用を計算する時にも便利です。但し、冷蔵庫や洗濯機、テレビやエアコンは家電リサイクル法の中で定められている電化製品で回収品目から除外されています。また、パソコンについても回収品目から除外が行われており、これらを処分したい時には電気製品を販売するお店に持ち込むなどが必要です。

不用品回収業者の特徴について把握しましょう

粗大ごみを処分したい時の選択肢の一つでもある不用品回収業者は、対応エリア内で許可を得て営業を行っている回収の専門家です。但し、業者の中には無許可で営業を行っている所もあり、こうした業者に依頼をした時には後から高額な請求が来る、不法投棄などのリスクがあるため注意しなければなりません。遺品整理やゴミ屋敷の片付けなども得意としている会社が多く、まとめて処分したい時などは定額パックプランでもあるトラック積み放題を利用されるとお得な料金で粗大ごみの処分が出来ます。回収業者の中には古物商許可を得ているケースも多く、この許可を持つ場合には買い取りサービスも利用が出来るメリットもあります。自治体が窓口になっている回収とは異なり、電化製品やパソコンなどもまとめて引き取って貰えます。

費用相場を比較しておくことも大切です

不用品回収業者による粗大ごみ回収料金は、業者毎に金額がまちまちであり、安い業者もあれば高い業者もあります。また、回収料金以外にも出張手数料、不用品の量が多い時などはスタッフの人件費などが別途必要になるケースもあるなど相場を把握しておくことが費用を抑えるコツに繋がります。一般的な目安として、1品目に付き1,000~5,000円の回収費用、3,000~5,000円の出張費の負担があることを把握しておきましょう。マンションなどにお住いの場合には、住まいの階が上層階などの場合、別途費用が加算されるケースもあるなど、業者毎に見積もりを依頼して相場価格を把握した上で依頼するのがお勧めです。尚、相場を掴んでおけば、安すぎる業者は危険であるなどが分かります。

不用品回収業者を使って粗大ごみを処分する利点とはまとめ

まとめ

不用品回収業者を利用する時の注意点には、安すぎる業者は危険である、こうした業者は無許可で営業しているケースが多いなどの特徴を持ちます。見積もりを依頼した時に、他の回収業者と比べてはるかに安い金額が提示された場合、後から高額な費用を請求されるケースもゼロではありません。新築住宅などの場合、荷物を部屋から運び出す時には最善の注意を払いスタッフさんは不用品を運び出しますが、悪質な業者などの場合は、運搬作業が粗雑など、家を傷つけられてしまう恐れもあります。さらに、社会問題にもなっている不法投棄のリスクもあります。回収したものをリサイクルするためにはお金が掛かりますので、この費用をゼロにする目的で山林などへの不法投棄を行う悪質な業者も存在しています。ちなみに、不法投棄を行った業者は厳しい処分を受けることになりますが、この処分は不用品回収を依頼した側にも行われることになります。そのため、粗大ごみの回収を依頼する業者は料金だけでなく信頼出来る会社を選ぶことが大切です。

不用品回収業界最安値

【2018年12月13日 13時27分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事