電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどは、突然の故障や買い替え、遺品整理などで処分しなければならない時があります。しかし、電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターは、「どこに捨てるの?」、「灯油はどうするの?」、「処分費用は?」など、捨て方や処分方法などがわからなくてお悩みの方もいるようです。

今回は、電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの捨て方についてご紹介します。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの捨て方とは

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの捨て方とは

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターを捨てる際は、お住まいの自治体によってルールは異なりますが、粗大ゴミで捨てることが一般的です。粗大ゴミの捨て方は、戸別収集とごみ処理場へ持ち込む方法の2種類あります。戸別収集の場合は、電話やインターネットで受け付け・申し込みを行い、コンビニなどで券を購入して、予約した日時に指定場所へ出します。ごみ処理施設へ持ち込む場合は、自分で運搬するという手間がかかりますが、処分費用は安く済みます。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターは、戸別収集とごみ処理場へ持ち込みがありますが、どちらの場合も灯油や電池の抜き取りが必要です。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどについてわからないことがある時には、販売店や自治体などへ詳細を確認して、正しい方法で捨てましょう。

石油ストーブやファンヒーターの灯油の抜き方とは

石油ストーブやファンヒーターの灯油の抜き方とは

石油ストーブや石油ファンヒーターなどを捨てる際は、灯油を抜く作業が必要です。空のポリタンクや給油ポンプ、軍手などを準備して、灯油を抜きましょう。

まず、石油ストーブや石油ファンヒーターの灯油タンクを取り出して、蓋を外します。給油ポンプを差し込んでからポンプを押して灯油を移せば、作業は完了です。ストーブから抜き取った灯油は、引き取りを行っているガソリンスタンドやホームセンターへ持ち込むこともできます。

石油ストーブや石油ファンヒーターを捨てる際には、灯油を抜く必要がありますが、少量であれば、ポンプを使わずに、新聞紙や不要になった布などに染み込ませて取り除く方法もあります。また、石油ストーブや石油ファンヒーターを完全に使い切ることでも灯油を抜くことができます。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどを自分で処分する際は、灯油の残量についても確認して、正しい方法で捨てましょう。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの処分費用とは

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの処分費用とは

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターを処分する際は、できるだけ安く、お金をかけずに手放したいですよね。電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの捨て方は、自治体や不用品回収業者を利用するなどですが、依頼先によって処分費用が異なります。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターは、自治体のゴミとして捨てることが安価な方法です。粗大ゴミとして捨てる場合は、300円から1,000円程度の処分費用がかかります。

できるだけ早く処分したいという方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。24時間対応や即日対応の業者の場合、最短即日で処分することができます。処分費用は、5000円程度です。電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターだけではなく、家具や家電などの不用品をまとめて回収してもらえるプランもありますので、捨てたい物がたくさんある方におすすめです。不用品の分解や移動、搬出などは、全て業者が行いますから、ご自身で何かする必要がありません。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターを自分で処分する際は、捨て方を比較検討し、納得できる方法を選ぶと良いでしょう。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの下取りサービスとは

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの下取りサービスとは

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターを処分したい時は、下取りサービスを利用することもおすすめです。家電量販店で電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターを買い替える際は、古いほうの処分だけではなく、購入時に割引サービスを受けることもできます。

例えば、下取りを行っているジャパネットでは、テレビやドライヤー、エアコンなど、新しい商品を購入する際に、古いほうの下取りを利用することができます。引取りあり、引き取り無料と表示がある商品の場合は、どんなものでも下取りしてもらうことができます。

また、電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターは、リサイクルショップへ持ち込むことで、買い取ってもらえることもあります。まだ使える、汚れや傷がない、購入したばかりなどの場合は、買取価格が高くなります。

更に、フリマアプリやネットオークションなどを利用することもおすすめです。未使用品の場合は、発送の手間はかかりますが、すぐに購入してもらえることもあり、ご自身が納得できる値段で処分できます。自分で売るという楽しみもありますので、メルカリやラクマなどのフリマサイトを利用してみませんか。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの捨て方まとめ

まとめ

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの捨て方、処分費用などについてご紹介しました。電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターを自分で捨てる際は、自治体や不用品回収業者、買取業者の利用など、様々な方法があることもお分かりいただけたでしょう。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターの他にも処分したい物がある場合は、不用品回収業者を利用する方法もおすすめです。引っ越しのタイミングであれば、引っ越し業者に処分を任せることもできる場合もあります。

電気ストーブや石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどの不用品は、処分する方法が様々ありますから、捨て方や費用などを比較検討して、ご自身が納得できる処分方法を選択しましょう。

業界最安値

【07月20日 13時34分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 13時34分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事