掃除機や電気ポットなどの家電は、故障や買い替え、遺品整理などで処分しなければならない時があります。しかし、「どこに捨てるの?」、「費用は?」など、家電の捨て方や処分にかかる費用がわからなくてお悩みの方もいるようです。

今回は、家電を分解して捨てる方法や処分の際にかかる費用などについてご紹介します。

家電を分解して自治体で捨てる方法とは

家電を分解して自治体で捨てる方法とは

家電を捨てる際を捨てる際は、お住まいの自治体によってルールは異なります。例えば、小さい家電の場合は、家庭ゴミとして出すことができます。例えば、大きいサイズの家電の場合でも自分で分解して小さくすることで、自治体のゴミとして出すことができます。家庭ゴミ指定袋に入れて、収集場所に出すだけなので、効率的ですし、費用もかかりません。

しかし、家電を分解して捨てることができない場合や大きい家電の場合は、粗大ゴミの扱いになります。回収を依頼する際は、電話やインターネットで受け付け・申し込みを行い、コンビニなどで券を購入して、予約した日時に指定場所へ出します。ごみ処理施設へ持ち込む場合は、自分で運搬するという手間がかかりますが、処分費用は安く済みます。

また、自治体によっては、処分したい家電が小型家電回収の対象品目になっていることもあります。投入口15㎝×30㎝から入る物は、小型家電回収ボックスを利用することもできます。小型家電リサイクルボックスは、自治体の指定場所に設置されており、無料で利用できます。

家電は分解して家庭ゴミとして捨てることもできますが、自治体によってルールが異なりますので、わからないことがある時には、販売店や自治体へ確認して、正しい方法で捨てましょう。

家電を分解して捨てることができないケースとは

家電を分解して捨てることができないケースとは

家電は、自分で分解して家庭ゴミとして捨てることができますが、家電リサイクル法の対象の場合は、処罰対象になりますし、作業自体が危険なケースもあります。

サイズが大きい家電の場合は、家電リサイクル法の対象外であっても自分で分解して捨てることが難しいケースも多々あります。分解しても大きいパーツが有れば、粗大ゴミとして捨てることになります。自治体の粗大ゴミとして捨てる方法は、比較的安価ですし、持ち込みも可能です。ごみ処理場へ持ち込む場合は、粗大ゴミとして出すよりも費用が安くなります。

また、下取りを行っているジャパネットでは、新しい商品を購入する際に、古いほうの下取りを利用することで、商品価格が安くなることがあります。引取りあり、引き取り無料と表示がある商品の場合は、どんなものでも下取りしてもらうことができます。

家電を自分で分解して捨てることもできますが、手間も時間もかかります。家電を捨てる際は、お住いの自治体のルールに従い、正しい方法で処分しましょう。

家電をお得に捨てる方法とは

家電をお得に捨てる方法とは

家電は、自分で分解して捨てることができますが、自治体を利用して捨てることもできます。しかし、家電の他にも捨てたい不用品、家具がある時は、不用品回収業者を利用することをおすすめします。分解しても小さくならない家電だけではなく、家具なども処分したい時は、まとめて回収してくれる不用品回収業者を利用することで、処分費用がお得になります。

不用品回収業者では、24時間対応や家具の解体サービスがありますし、トラック1台分で数千円というわかりやすい料金プランもあります。ご自宅やご実家の模様替え、遺品整理、お引越し、断捨離など、様々な場面で利用できます。

また、家電を処分する際は、買取業者やリサイクルショップを利用することもできます。自分で分解して捨てる前に、買取の可能性があるかどうかも確認し魔将。有名メーカー、高性能の掃除機の場合は、高値で買い取ってもらえるケースもあります。

家電を分解して処分を検討中の方は、すぐに捨てるのではなく、買取も視野に入れて、お得な方法を探してみることをおすすめします。

家電を分解して捨てる際の費用とは

家電を分解して捨てる際の費用とは

家電は、自分で分解して捨てることで、家庭ゴミサイズとなり、費用が安くなるケースもあります。家電の処分先は、自治体や不用品回収業者の利用が一般的ですが、それぞれ処分費用が異なります。

家電は、自治体のゴミとして捨てることが安価な方法です。不燃ゴミとして捨てる場合は、費用がかかりませんし、粗大ゴミとして捨てる場合でも400円から1,000円程度です。

また、家電を分解して自治体のゴミで捨てる方法もありますが、できるだけ早く処分したいという方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。24時間対応や即日対応の不用品回収業者の場合、最短即日で処分することができます。処分費用は、5000円程度ですが、家電だけではなく、家具やアクセサリーなどの不用品をまとめて回収してもらえるプランもあります。家電を分解して捨てる方法は、手間も時間もかかりますから、捨てたい物がたくさんある方におすすめです。家電や家具などの分解や解体、移動、搬出は、全て業者が行いますから、ご自身で何かする必要がありません。

家電は自分で分解して捨てる方法もありますが、自治体によっては分解できないものもあります。不要になった家電は、自治体のルールに沿って、正しく捨てましょう。

家電を分解して捨てる方法とは?まとめ

まとめ

家電を自分で分解して捨てる方法や処分費用などについてご紹介しました。家電を自分で捨てる際は、自治体や不用品回収業者、買取業者の利用など、様々な方法があることもお分かりいただけたでしょう。

家電の他にも処分したい物がある場合は、不用品回収業者を利用する方法もおすすめです。引っ越しのタイミングであれば、引っ越し業者に処分を任せることもできる場合もあります。

大きいサイズの家電は、自分で分解して捨てるより、業者に任せたほうが手間も時間もかかりません。家電を処分したい時は、捨て方や費用などを比較検討して、ご自身が納得できる処分方法を選択しましょう。

業界最安値

【07月20日 13時09分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月20日 13時09分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事