引越しの料金は季節によって変わるのをご存知でしたか?新入学や就職、社内の異動などで2月~3月は引越しがもっとも多くなります。
また、会社では異動の辞令が出るのがギリギリになる、3月末から4月にかけて引越しがあります。
家族を持つ方は子どもの転校時期などを考えて、新年度がスタートするまでに引越しを終えたいと思うために引越し件数が多くなり、その分、引っ越し業者の人手不足やトラックが不足して料金が高くなります。

引っ越し業者の繁盛記と粗大ごみ処理業者の繁盛記は一緒

引っ越し業者の繁盛記と粗大ごみ処理業者の繁盛記は一緒

多くの引越し業者のHPでは家族構成、引越し先(同一市区町村内、同一都道府県内、他都道府県)、荷物の量などでおおまかな引越し料金の見積もりが出せるようになっています。

◇閑散期と繁忙期の違い

単身の引越しの場合、通常時期(5月~1月)の料金は約45,000円で、繁忙期(2月~4月)の料金は73,000円程度になります。
その差は約1.6倍程度もあります。

3人以上の家族の場合、通常時期(5月~1月)の料金は約87,000円で、繁忙期(2月~4月)の料金は約175,000円程度になります。

◇距離、曜日などの条件で変わる引っ越し料金!粗大ごみ料金は

引越し先が遠方の場合など、条件によってはもっと高くなる場合があります。
また、土日や連休など仕事が休みやすい曜日の引越しは混み合うために、料金が大分高くなります。
さらに朝早く出発する場合と午後から出発の場合でも料金が違ってきます。
もちろん荷物の多さによって、料金は違ってきます。

粗大ごみ回収業者の繁盛記はこうなる!

粗大ごみ回収業者の繁盛記はこうなる!

粗大ごみ回収業者では閑散期と繁忙期では、特に料金に違いがあるとは明記していませんが、時期によって大分変ってくるので詳しく見てみましょう。

◇繁盛期は回収が遅くなる

粗大ごみが出るのが一番多いのが、引越し時です。
年末の大掃除は部屋の片付けや掃除はしますが、大がかりな処分をするということは引越しに比べると少ないです。
しかし、引越しは転居先にクローゼットがついているとか、部屋が狭い、上層階で搬入の手間がかかるなど、さまざまな事情で粗大ごみとして処分する可能性があります。
そのため、粗大ごみ回収業者にとっても引越し時期は忙しくなります。今使っている家具でも回収を依頼してもなかなか引き取りに来てもらえないという可能性があります。

◇繁盛期に依頼するときのポイント

年末や2~4月の引越しシーズンは引っ越し業者だけではなく、粗大ごみも出やすいため粗大ごみ回収業者も忙しくなります。

1.早目に依頼する
特に引越しで出るごみ回収をする場合は、引越し日よりも先にごみを引き取ってもらう方が引っ越しはしやすくなります。
今使っている家具でも引越し日が決まった時点で、すぐに回収業者に依頼をしましょう。
そうしなければ、こちらが指定した日に来てもらえない可能性もあります。
余裕を持って依頼すると、複数の候補日から希望に沿った日を選ぶことができます。

2.回収料金が固定かどうかをチェックする
業者の中にはきちんとした料金をHPやチラシなどに明記していないところがあります。
「詳しくは見積もりをしてから料金を計算します」と書いてある業者は、繁忙期は高い金額を出してくる可能性があります。

3.トラック1台につき数万円
最近多いのはこのように「どんな粗大ごみでもトラック1台でいくら」と計算するタイプがあります。
実際にトラックに積んでみないとなかなか見当がつかないので、事前に必ず見積もりを出してもらいましょう。
できれば複数の業者で見積もりを出してもらうと料金の相場がわかってきます。

粗大ゴミは引っ越しと同時にするべき?

粗大ゴミは引っ越しと同時にするべき?

引越しをする時期というのは時期がある程度決まっていて、移動時期、入学時期などに合わせて転居先が変わりやすくなっています。
その場合、引っ越し業者が忙しい為どうしても金額が上がります。
できるだけ費用を抑えるには引っ越し時期をずらすか引っ越し時の荷物を減らした方が安くなります。
いくつか引っ越し料金を安くする方法があるので見ていきましょう。

◇引っ越し時に粗大ごみの処分も行う

人生の中で進学や就職による実家からの自立、結婚、仕事による転勤、マイホームの購入など、さまざまな大切な節目を、迎える時に引越しをすることは多くあります。
荷造りや片付け、清掃は大きな労力を伴うものですが、新しい人生のスタートのために、効率よく、そしてなるべく安く済ませたいと考えるでしょう。

一般的に引越し料金は、移動距離、荷物の量やトラックのサイズ、作業員の人数などで構成されております。
それに家電品の取り外しや取り付け、2階以上の階段を使った搬出入、梱包資材などの別途料金などが加算されることがほとんどです。
また、引っ越しをする時期によっても異なり、移動時期のピークとなる2月3月4月、8月9月などのハイシーズンや、週末の利用などによって割増料金が加算されることもあります。新居に引っ越す場合は買い揃える物も多く、できるだけ引っ越し料金を抑えたいものです。

移動距離については、目的地を変更するわけにはいかないので、引っ越し先が遠距離の場合はある程度の費用がかかることは覚悟しなければならないでしょう。梱包や搬出入を手伝ってくれる友人や知人などがいれば、依頼するのはドライバーとスタッフの2名でも十分対応できるので、人件費を抑えることは可能です。
そして、引っ越し時で最も料金を抑えることができる項目が荷物の量です。

同じ場所で何年も生活していると物が増えていき、気が付いたらゴミ屋敷のような不用品の山に囲まれているということはよくあります。
引っ越し先での生活では、更に必要なものを購入することになるので、現状以上に物が増えることでしょう。
また、転居先のスペースが転居前よりも狭くなることもあります。
引越しをいい機会として不用品や粗大ゴミを処分すれば、気持ちをリフレッシュして新しい生活をスタートさせることができるとともに料金の節約にもつながります。

◇引っ越し時の粗大ごみの処分は分が重要

引越し料金を抑えるため、また、スッキリとした気持ちで新しい生活をスタートさせるためには、荷物を色物といらない物に分別して不用品や粗大ゴミなどを処分することからスタートすることが重要です。
クローゼットや押し入れ、物置などには、普段は目にすることがない不要な荷物が溜まった状態になっています。

そのうち着るからと一度も袖を通していないものやサイズやデザインの問題から着る可能性がほとんどないものまで、服はタンスの肥やしになりやすいものです。
衣装ケースに詰めた服は捨てることなく保管していて、そのまま運べるため中身を確認せずに荷物として運び出すことによって荷物が増える原因にもなってしまいます。
本当に必要となる物だけを残して、不要な物は全て処分しましょう。

搬出入が大変なだけでなく部屋のスペースを大きくとる家具や家電製品は、引越し料金だけでなく新居の部屋を占領してしまいかねません。
昔は使用していたけど今はほとんど使わない物、破損して使えないけど処分せずに所有し続けた物など、粗大ゴミとしかいえない物がたくさんあるはずです。
ゴミは新居でもゴミにしかならないため、他の荷物とは分別して思い切って処分することを考えましょう。
新居で家電製品やベッドなどの買い替えを考えているならなおさらのことです。

リサイクルを扱う業者には、本や洋服、家電製品や大型家具、雑貨や日用品など、あらゆるものを引き取ってくれるところもあります。
不用品や粗大ゴミの回収とは別に買い取りを同時に処理してくれる業者もあるので、処分する手間が省けるばかりか買い取りによって利益を得ることもできます。

◇粗大ごみの処分費を安くする方法

新しい生活で必要となるものと、粗大ゴミや不用品として処分できるものに分別するだけでもトラックに積み込む荷物の量は大幅に減らすことができます。
荷物の搬出入に関わる作業員の数も減らすことができるので、食器棚や冷蔵庫、洗濯機など大物の家電だけをプロに任せて、小物は可能な限り自分たちで運ぶようにすれば業者による搬出入時間も短縮することができます。

最近では、ワンボックスカーなどのファミリーカーを所有している人も多いので、ファミリーカーを所有しているのであれば、荷物を自家用車に積み込むこともできます。
引越しに利用するトラックの容量が判断に迷うような状況のときには、なるべく自家用車に積み込んで運ぶことも料金を安く抑えることにつながります。

粗大ゴミとして処分して荷物を減らす以外にも、料金を安く抑える手段は考えられます。
一般的に引越しは、人事異動の時期の週末に立て込むことが多く、トラックの空きがないこともあります。ピークとなる2月~4月の時期の土日を避けて、平日に設定するだけでもかなり料金が安くなります。
異動前は、退去届や転居届の提出やライフラインの手続きなど、平日でないと難しい処理があるため、2日連続で休んでから引越しまで済ませて、転居先で土日を迎えてゆっくり片付けるという方法も選択肢の一つです。

業者のなかでは24時間受け付けてくれて簡単見積もりをしてくれるところもあり、依頼する方は事前に概算予算や流れを把握することができるため、異動の可能性がある際に早目に見積もりだけ済ませることも可能です。料金設定や保証についても業者によって大きな差があるので、複数の業者に見積もりを出させてから比較検討しましょう。

自治体でも粗大ごみを運び出してもらえる

自治体でも粗大ごみを運び出してもらえる

粗大ごみの運び出すことができないため自治体の安い粗大ごみの回収には依頼できないとあきらめてから、民間の高い費用を払って依頼する人もいるのではないでしょうか。
自治体でも粗大ごみの運び出し作業を行ってくれます。
詳しく紹介します。

◇自治谷粗大ゴミの持ち出しサービスはあるの

自治体と言えば粗大ゴミはすべて自分で所定の位置へ運ばなければいけないわけではありません。
妊婦や高齢者の1人暮らしをしているところは、持ち出したくてもできないわけです。
そんな人達の為に持ち出しサービスを提供している自治体もあります。
優良にはなりますが、民間の業者に依頼するよりは安く受けられます。

◇ゴミの不法投棄は絶対にNG

込みの三越智田氏ができないため自治体に依頼することもできない人や、お金がなくて民間の不用品回収業者に依頼するお金がないという人は最終的な手段として山などに捨てに行くという人もいますが、絶対にダメです。
不法投棄になり犯罪行為になります。
どうしたらいいのかわからない場合は自治体に相談することをお勧めします。
相談すれば何らかの対策が見つけられます。

引っ越し時期に粗大ごみを捨てると料金が安くなる?まとめ

まとめ

引っ越し時期と粗大ごみの処理時期について何時がいいのかを詳しく紹介してきました。
引っ越し時期が重なる時期があり、その時は料金が高くなります。
どうしても引っ越しを業者が忙しい時期にしなければいけない時は、粗大ごみをできるだけ処分してから引っ越しをするようにしましょう。
そうすることで全体の費用を抑えて、転居先にゴミを持ち込まなくて済みます。

業界最安値

【09月25日 00時07分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月25日 00時07分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事