粗大ごみにはどんな品目があってどこに捨てればいいのかがわからないという人は、必ず読んでから理解しましょう。
まずは、捨てるゴミが粗大ゴミかどうかをわかったうえで処分方法を考えエバ簡単インゴミの分別できます。

机を処分する方法は複数ある

机を処分する方法は複数ある

机やベッドなどいらなくなった粗大ごみを処分したいときに、どのような処分方法があるのでしょうか。
粗大ごみなので捨てる場合、再利用してもらう場合の2つに分かれます。
再利用する場合でも、業者に引き取ってもらう場合と身内の誰かに譲る場合があります。
どれも邪魔になっている机などの粗大ごみを処分することになります。
粗大ごみの処分方法を詳しく紹介します。

◇行政の粗大ごみの予約をして出す

机やベッドなどを捨てるときに一番スタンダードな処理方法は粗大ゴミに出すことです。
各自治体のホームページなどに粗大ごみの予約方法や料金一覧などが載っているので、確認して電話予約をします。
粗大ごみを回収してくれる日を予約すると、粗大ゴミごとに料金が決まっているので、コンビニなどで粗大ごみのシールを購入します。
購入してシールを机やベッドに1枚ずつ貼り付けていきます。
貼り付けたら、回収日の前日にでも指定の場所に置いておくと、回収してくれます。
自治体の粗大ごみ収集はそこまで高くなくて300円~数千円程度で回収してくれます。

◇小さく切ってから一般ごみに出す

机やベッドを解体してから、長さ30㎝以内に切ってから一般ごみとして捨てることもできます。
一般ごみの場合は数百円のゴミ袋代だけしかかかりません。
簡単に分解と切断ができる粗大ゴミもあれば、なかなか運開始面粗大ゴミがあります。
粗大ごみを解体して捨てる作業が必要になります。
解体するのが難しい場合は粗大語彙として処分した方がトータル的にお得です。

◇不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に机やベッドを引き取ってもらえることもあります。
民間業者に依頼するときは充分な注意が必要です。
業者には良心的な業者から、無料で回収と言っておきながら机や段ボールなどの処分も同時に行ってくれる場所は重要ですが不用品回収業者から後生産で請求されることはよくあります。
不良品回収業者を使おう

◇親戚に譲渡する

机やベッドを親戚などに譲ることで再利用してもらえて、譲ってもらった側にも喜んでもらえます。
処分費用も必要がないので譲る側も助かります。
ただし、運ぶのは誰がするのかをはっきり決めないと、持って行けないことになりかねません。

◇引っ越し業者に引き取ってもらう

粗大ゴミでも引っ越しをするときに必要なくなることもあります。
そのときは引っ越し業者に引き取ってもらうと簡単に処分できます。
搬出も業者が行ってくれて何もしなくて済みます。
業者によっては机やベッドなど再利用できるものは、引っ越し費用から値引きしてもらえるところもあります。
いらなくなったベッドや机を引っ越し日まで待つのは面倒な場合は粗大ゴミで捨てる方がいいかもです。

引っ越し業者が引き取ってくれる

引っ越し業者が引き取ってくれる

机やベッドなど引っ越しとともに捨てたいと思っている粗大ゴミは引っ越し業者に依頼すると引き取ってもらえる業者もあります。
赤帽などの個人経営の引っ越し業者では引き取りまではしていないと思いますが、全国展開の大手引っ越し業者の場合は、買い取りをしてくれるところがあります。
引っ越しの相談をするときに、いらなくて使える粗大ごみの引き取りを相談してみましょう。
思わぬ金額で引き取ってくれて、引っ越し費用が安くできる可能性があります。

粗大ごみを高く買い取ってもらうコツ

粗大ごみを高く買い取ってもらうコツ

粗大ごみと言ってもまだ使える机やベッドなどの場合は、捨てるのには惜しいものです。
できれば高く買い取ってもらえると嬉しいものです。
業者にできるだけ高く買い取ってもらうには、工夫すればより高く買い取りをしてくれます。
そのテクニックを詳しく紹介します。

◇きれいにしてから依頼する

例えば机をできるだけ高く買い取ってもらいたいのであれば、きれいに磨くことです。
汚れや落書きがある場合は、きれいにふき取って汚れや落書きを消してから業者に査定をしてもらうと大分高く買い取ってもらえます。

◇専門店に依頼した方が高値は付く?

机をきれいに資するだけではなく、売る業者によって買い取り価格が大分違ってきます。
例えば机を売りたい場合に、リサイクルショップに査定をしてもらうのと、机の専門業者に査定をしてもらうのでは査定額が大分変ってきます。
当然、専門業者に査定をしてもらった方が高く買い取り価格が付きます。
査定してもらう業者は専門業者に依頼しましょう。

粗大ごみの処分には行政と民間業者がある

粗大ごみの処分には行政と民間業者がある

粗大ごみを捨てる場合、民間の業者で回収してくれる粗大ごみと行政で回収してくれる粗大ゴミでは違う部分があります。
民間業者ではどんな物を引き取ってくれて、行政ではどんなものを引き取ってくれるのかを詳しく見てみましょう。

◇市町村で引き取ってもらえる粗大ごみ

1.家電製品
エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機は引き取り可能です。

2.パソコンやリサイクル商品
パソコン本体、ディスプレイ、ノートパソコン、ディスプレイ一体型パソコンは引き取り可能です。

3.事業ごみ
事業に伴って発生した大型ごみ、オフィス家具類は引き取り可能です。

4.特殊大型ゴミ
ピアノ、耐火金庫、消火器、バッテリー、タイヤなどは引き取り可能です。

5.有害性のある物
石油類、ガスボンベ、バッテリー、未使用の花火やマッチなどは引き取り可能です。

6.引き取り出来ない物
土、砂、石などの自然物は引き取りできません。
長さが180㎝を超える物は引き取りできません。
大人2人で持ち上げられない物は引き取りできません。

◇民間業者で引き取ってくれる粗大ごみ

民間の回収業者の場合は、回収できないものはほとんどありません。
民間業者では、危険な物や有害性のあるもの、そして特に悪臭を放つようなもの以外は回収可能です。

1.生活家電類
冷蔵庫・洗濯機・ガステーブル・電子レンジ・炊飯器・食線機・掃除機などは引き取り可能です。

2.OA機器など
ノートパソコン・デスクトップパソコン・モニター・プロジェクター・プリンターなどは引き取り可能です。

3.スポーツ用品や楽器など
ゴルフクラブ・スノボブーツ(スキー)・スノボ板・スキー板・ゴルフバッグなどは引き取り可能です。

4.テレビやパソコン類
テレビ(TV台)・パソコン・ビデオDVDプレーヤー・CDラジカセ・ミニコンポなどは引き取り可能です。

粗大ごみの回収は業者?それとも行政?まとめ

まとめ

粗大ゴミにはいろいろな種類のものがあり、行政と民間のどちらでも処分できます。
行政では制限などがあり民間業者に依頼しなければいけない粗大ゴミがあることも分かったのではないでしょうか。
その為には粗大ゴミがどんな品目なのかをはっきりとさせなければいけません。
粗大ごみの品目をしっかりとわかったうえで行政に出すのか、民間に依頼するのかを決めましょう

業界最安値

【06月04日 18時15分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【06月04日 18時15分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事