マガジンラックが邪魔になってきたら、処分をしなければいけません。
処分方法としてはゴミとして捨てるケースか、程度が良ければリサイクルショップでも買い取ってくれますし、フリマやインターネットでも個人売買で売れます。
より高値で売れるのが個人売買ではないでしょうか。
マガジンラックの処分方法を詳しく紹介します。

マガジンラックの捨て方

マガジンラックの捨て方

子供と機から使うマガジンラックですが、ある時期になると不要になることが多いのもマガジンラックです。
そんなマガジンラックを捨てる方法について市町村を紹介します。

◇リサイクルやフリマで販売

中古家具のリサイクルショップで買い取ってもらえれば、料金がかからない上、ものによっては高く買い取ってもらうこともできます。
次に見積もり書や領収書をくれない業者は悪質業者の疑いがあるのでほうが良いでしょう。普通の会社であれば領収書が無いと会社側が困ってしまいます。
見積もり書は無くても問題はありませんが、きちんとした法人企業であれば出してくれます。
この2つのポイントだけでも抑えておくとトラブルもなく、悪質な業者に騙される心配もかなり減ります。

この2つのポイントだけでも抑えておくとトラブルなく、悪質な業者に騙される心配もかなり減るのではないでしょうか。
ネットのフリマサイトやオークションサイトを利用することもできますが、大型の本棚は送料が高くなってしまうので、個人で販売するのが難しいという難点があります。
もし車を持っていて自分で運ぶことができるか取りに来てもらえれば、近隣に住んでいる人に販売することが可能です。
解体しやすく、組み立てやすい本棚なら、コンパクトにまとめられるのでより便利です。

◇無料で引き取ってもらう

買い取りではありませんが、各市町村のリサイクルセンターが無料で引き取ってくれる場合があります。
ただ、あまり大きすぎたり重すぎたりすると引き取ってもらえないことがあるので、下見に来てもらった際に判断してもらいましょう。

引越し時に本棚を手放す場合は、引越し屋さんに引き取ってもらう方法もあります。
有料の場合でも、粗大ゴミのように自分で運び出す手間が省けるので、自分で運び出すのが大変な人にはおすすめです。
また、公共施設などの掲示板を利用して譲るか販売する方法もあります。
車がなかったり自分で運び出すのが大変な人は、「取りにきてくれる方限定」という条件にしておくと良いでしょう。

◇知町村の粗大ゴミで捨てる

粗大ゴミの出し方や料金は各市町村によって異なりますので、HPでチェックするか、直接ごみ処理担当係に問い合わせると良いでしょう。
粗大ゴミを出すときは事前にセンターの方に電話するかHPからの申し込みが必要です。
マガジンラックの大きさや重さによって料金が異なるので、電話で申し込むときには大きさや重さなど大体の形状を伝えましょう。
粗大ゴミ処理券取扱所に指定されているお店で粗大ごみ処理券を購入し、収集日の決められた時間までに所定の場所に置きます。
自分で運べる人は、ごみ処理場へ直接持ち込むこともできます。
いくつか処分方法があり、自分の都合が良い処分方法を選んで処分しましょう。

◇リユースする

せっかく買った本棚なので、できれば処分しないで残しておきたいものです。
マガジンラック以外にも、食器や服を収納する棚として使ったり、ベランダに出して植物棚にするという手もあります。
ペイントしてリメイクしても良いです。
木製の棚は野外に出すと傷みやすくなってしまいますが、野外用の耐水ラッカーを塗ると持ちが違います。
大きなマガジンラックならノコギリでカットして低くして使ったり、キャスターをつけてカートにしたり、簡単な机やセンターテーブルとして使う方法もあります。
いろいろな使い道を考えてみるのも楽しいですよね。

マガジンラックを購入するときの注意点

マガジンラックを購入するときの注意点

マガジンラックを主分するときに困らないように。購入するときに注意していれば、いらなくなったときに再利用できたり、高値で売れたりできます。
マガジンラックを購入するときに、気を付けておかなければいけないことを紹介します。

◇これだけは知っておこう

引越しなどが多い人は、本棚を買うときは解体しやすいものを選ぶと良いでしょう。
ユニットタイプで棚板を簡単に取り外しできるようなタイプなどが最適です。
カラーボックスのような合板でできた本棚は手頃な価格で入手できますが、木の一枚板の本棚に比べるととても重く、粗大ゴミに出すのも一苦労ということになりかねません。
本棚を買うときは値段だけでなく、引っ越しなど、先のこともよく考えて買うようにしましょう!

◇いろいろなパターンをシュミレーションする

大きな本棚をゴミに出す場合は自分の労力との兼ね合いが大事なポイントになります。
せっかく買った本棚ですから、粗大ゴミに出す前にいろいろなパターンをシミュレーションして、自分に合ったベストな方法を見つけましょう。

マガジンラックを資源ごみとして捨てる

マガジンラックを資源ごみとして捨てる

マガジンラックをそのまま処分する場合は、粗大ゴミになります。
それを資源ごみとして捨てることができるようにするためには、一旦分解して大きさを小さくしてから捨てるとできます。
実際にマガジンラックを資源ごみとして捨てるための手順を紹介します。

◇分解方法

本棚の分解方法ですが、木製のものであれば道具を使わないで分解することができます。
まず引き出しを付いている物であれば引き出しを全部抜いてしまい、中板や敷板がある場合も全部取っていきます。
全部取り終わったら本棚の裏面の板を抜きます
脚で4隅の端などを蹴ると抜けやすくすぐに抜けます。
抜き終わったら、本棚を斜めにして上から重圧をかければ本棚を分解することができます。この際、地面が固い場所のほうが良いでしょう。

◇捨て方

分解し終わった本棚で長さが30㎝以内のものは、燃えるごみとして出せますが、長さが30㎝以上になってしまうと収集してもらえなくなるので注意してください。
長さが30㎝燃えるごみとして出す時には、木の板を重ねて紐で縛って出すか、ゴミ袋に入れて出しましょう。

その他の処分方法

その他の処分方法

マガジンラックを粗大ごみとして捨てるときの捨て方を、最初から順を追って説明します。
マガジンラックは一般的に粗大ごみとして捨てますが、その場合、自治体に事前に申し込んでおかないといけません。
その手順を詳しく見t見ましょう。

◇粗大ごみとして捨てる

自分の住んでいる地域の役所に申し込みの電話をしましょう。電話をする前に処分したい本棚の大きさを測っておくと申し込みがスムーズにできます。申し込み完了後に受付の人から、収集日と本棚の処分料金を押してもらうので忘れないようにメモなどに残しておきましょう。
収集日までに準備しておくことは、処分料金分のごみ処理券やゴミシールを購入し本棚に貼っておくことです。
ごみ処理券はコンビニや郵便局・市役所で購入できますが、地域毎に異なるので自分の地域で購入しなければいけません。
収集日の朝9時までに指定の集積所に本棚を出しておけば立ち合い不要で回収してもらえます。

◇申し込み方法

申し込み方法は自分のお住いの地域の役所に申し込みの電話をしましょう。
電話をする前に処分したい本棚の大きさを測っておくと申し込みがスムーズにできます。
申し込み完了後に既定のサイズであれば受付の人から、収集日と本棚の処分料金を教えてもらえるので忘れないようにメモなどに残しておきましょう。
収集日までに準備しておくことは、処分料金分のごみ処理券やゴミシールを購入し本棚に貼っておくことです。
ごみ処理券はコンビニや郵便局・市役所で購入できますが、地域毎に異なるので自分の地域で購入しましょう。
収集日の朝9時までに指定の集積所に本棚を出しておけば、立ち合い不要で回収してもらえます。
ただし、前日から出すのは違反になります。

◇不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者が多すぎて選びにくい方は多いと思いますので、選ぶ為のポイントを説明します。
まず無料で回収といっている業者を避けたほうが良いでしょう。無料回収と言いながら実際には有料で回収していて、高額な請求をする業者が多いからです。
そもそも回収して処分するのに費用がかかるのに、無料で回収してしまったら会社が赤字になってしまいます。
処分せずにリサイクルをしたとしても人件費やリサイクル費用はかかります。

マガジンラックはどうやって捨てるの?まとめ

まとめ

いらなくなったマガジンラックの処分方法について紹介してきました。
どの処分方法が自分に合った処分方法中がわかったのではないでしょうか。
売れる物を捨てる必要はありませんし、植えないものを無理に売ろうとしても売れません。
今から処分するマガジンラックの程度と用途を考えて、どの処分方法にするのかを決めましょう。

業界最安値

【05月26日 02時06分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【05月26日 02時06分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事