粗大ゴミの回収方法には2つあります。
1つは自治体に出してから回収してもらう方法と、民間業者に依頼して回収をしてもらうケースがあります。民間の業者に粗大ごみを回収してもらうにはできるだけ業務実績がるところに依頼しないと部屋がきれいに片付かない時があります。
その点自治体だと安心して依頼することができます。
ただし自治体にもデメリットもあります。
民間業者と自治多胎の粗大ごみの回収作業依頼について詳しく見ていきましょう。

自治体ごとの粗大ごみの回収方法

自治体ごとの粗大ごみの回収方法

粗大ごみの回収方法や料金に関しては各自治体によって大分変ってきます。
最低金額が200円の自治体もあれば300円の自治体もあります。
自治体によって回収できる粗朶ごみは若干違うので、確認が必要です。

◇東京都の渋谷区の粗大ごみの回収方法について

東京都の品川区に粗大ごみを出す場合、それぞれの料金につて紹介します。
布団・イス・衣服類の箱などは手数料が400円で、自転車やソファーの場合の手数料は800円になります。
ベッド系を依頼するときの手数料は800円になります。

◇大阪市の粗大ごみの回収方法について

大阪市の粗大ごみの予約をするには電話とインターネット申し込みの2つがあります。
まずは電話かインターネットで申し込みます。
粗大ごみの料金としては、200円、400円、700円、1000円の4種類になります。
扇風機や掃除機などは200円で石油ファンヒーターは400円となります。
700円は給油機で、1000円の場合はガスオーブンレンジとサウナ、マッサージ器になります。

◇福岡市の粗大ごみの回収方法について

粗朶ごみのサイズは指定の袋に入りきれない場合は、すべて粗大ゴミとして回収してもらいます。
粗大ごみの料金は300円、500円、1000円の3種類に分かれます。
粗大ごみの受付は電話とインターネットにより申し込みができます。

◇不用品回収業者の方が安くしてくれる

<h3 class=◇不用品回収業者の方が安くしてくれる" />

粗大ごみを自治体に依頼するときのメリットについて詳しく紹介しています。
リサイクル家電を粗大ごみとして出す場合は注意が必要となります。
自治体に出すときに注意していれば、非常に安く安心して依頼することが会できます。

◇粗大ごみの料金が安い

粗大ごみを自治体に依頼すると業者よりも回収料金が安いことです。
料金の一部は税金で支払うこと担うので、間違いなく回収業者よりも自治体の方が安くなります。
当然と言えば当然ですが、自治体は料金を粗大ゴミを出す人から徴収するだけではなく、足りない分を税金で賄うので間違いなく安くなります。
ただし、リサイクル料を必要とする家電製品を回収する場合は、回収業者の方が安くなることがあります。

◇料金は固定式

粗大ごみの料金は1品ずつ固定で決まっています。
料金表は自治体のHP上に出ているところもあれば、電話をして確認が取れます。
固定料金でありながら格安で回収してくれるのが自治体です。
見積金額と実際の金額が変わることはありません。
コンビニなどで粗大ごみ用のシールを購入するので、それ以上請求されることはありません。
その点、回収業者の場合だと、料金が作業終了後に見積もり以上の追加料金を請求されることがあります。
固定で後から追加がないのは安心して依頼できます。

◇責任をもって回収してくれる

自治体で回収してもらうと責任をもって回収に来てもらえて、シールを張ると粗大ゴミはすべて回収してくれます。
シールが貼られていて、回収されない粗大ゴミはありません。
その点不用品回収業者の場合、回収できない粗大ゴミが出てくることがあります。
基本粗大ゴミは見積もり段階で回収してくれますが、実際に実物を見てから回収できない粗大ゴミが出てくることもあります。
自治体の場合は管区内であれば自宅まで粗大ごみを回収に来てくれます。
回収されないということはありません。
不用品回収業者の場合は、管轄外ということで回収に来てもらえないことがあります。
不用品回収業者の場合は、管轄内なのかどうかを確認してから見積もりを出してもらうとその辺は心配いりません。

粗大ごみを不用品回収業者に依頼するデメリット

粗大ごみを不用品回収業者に依頼するデメリット

粗大ごみを自治体に依頼するときのメリットについて詳しく紹介しています。
リサイクル家電を粗大ごみとして出す場合は注意が必要となります。
自治体に出すときに注意していれば、非常に安く安心して依頼することが会できます。

◇粗大ごみの料金が安い

粗大ごみを自治体に依頼すると業者よりも回収料金が安いことです。
料金の一部は税金で支払うこと担うので、間違いなく回収業者よりも自治体の方が安くなります。
当然と言えば当然ですが、自治体は料金を粗大ゴミを出す人から徴収するだけではなく、足りない分を税金で賄うので間違いなく安くなります。
ただし、リサイクル料を必要とする家電製品を回収する場合は、回収業者の方が安くなることがあります。

◇料金は固定式

粗大ごみの料金は1品ずつ固定で決まっています。
料金表は自治体のHP上に出ているところもあれば、電話をして確認が取れます。
固定料金でありながら格安で回収してくれるのが自治体です。
見積金額と実際の金額が変わることはありません。
コンビニなどで粗大ごみ用のシールを購入するので、それ以上請求されることはありません。
その点、回収業者の場合だと、料金が作業終了後に見積もり以上の追加料金を請求されることがあります。
固定で後から追加がないのは安心して依頼できます。

◇責任をもって回収してくれる

自治体で回収してもらうと責任をもって回収に来てもらえて、シールを張ると粗大ゴミはすべて回収してくれます。
シールが貼られていて、回収されない粗大ゴミはありません。
その点不用品回収業者の場合、回収できない粗大ゴミが出てくることがあります。
基本粗大ゴミは見積もり段階で回収してくれますが、実際に実物を見てから回収できない粗大ゴミが出てくることもあります。
自治体の場合は管区内であれば自宅まで粗大ごみを回収に来てくれます。
回収されないということはありません。
不用品回収業者の場合は、管轄外ということで回収に来てもらえないことがあります。
不用品回収業者の場合は、管轄内なのかどうかを確認してから見積もりを出してもらうとその辺は心配いりません。

粗大ごみを不用品回収業者に依頼するデメリット

粗大ごみを不用品回収業者に依頼するデメリット

粗大ごみを回収してもらうのに自治体に依頼した場合メリットばかりではありません。
当然デメリットもあるので詳しく見ていきましょう。
自治体に粗大ごみを依頼するときには3つのデメリットがあります。
そのデメリットについて詳しく紹介します。

◇面倒な手続き

粗大ごみを回収してもらうのに自治体に依頼すると、自治体ならではの悩みはあります。
粗大ごみの申請から回収までに相当な労力が必要です。
自治体に出すまでの手続きに時間が空かります。
電話で予約をして、その後指定のシールを購入しなければいけません。
購入したシールを1つずつ貼り付けていかなければいけません。
出す粗大ごみの数が増えれば結構対尾変な作業です。

◇粗大ごみを指定場所まで運ばなければいけない

自治体に粗大ごみの回収を、依頼した場合、家の中のものを粗大ごみを、外の駐車場など広いところまで運ばなければいけません。
一人で運べるくらいの重さの粗大ゴミであれば問題はありませんが、2人以上で運ぶ必要がある粗大ゴミは、運び出すのが面倒です。
その点不用品回収業者の場合は、家の中の粗大ごみを運び出してくれます。
この点は自治体に粗大ごみの回収を依頼した時のデメリットの一つではないでしょうか。

◇回収してもらえないものがある

粗大ごみの中でも自治体の場合は、回収してもらえないものがあります。
粗大ごみの中に自治体が回収してくれないものがあれば、別途不用品回収業者に依頼して回収してもらわなければいけません。
自治体と不用品回収業者の両方に連絡して日程を決めて回収作業を行ってもらわなければいけなくなります。
面倒な2か所に依頼して、バッティングしないようにスケジュール調整をしなければいけなくなります。
料金は安いが回収してもらえないもの、は民間業者に依頼して回収してもらわなければいけません。

自治体の粗大ゴミ回収!民間業者の粗大ゴミ回収まとめ

まとめ

自治体に粗大ごみを出すメリットとデメリットについて民間業者を比較にしてく詳しく紹介してきました。
自治体に粗大ごみの回収を依頼するメリットはたくさんあることが分かったのではないでしょうか。
今から粗大ゴミの回収作業を頼みたいと考えている人には勉強になる情報ではないでしょうか。
粗大ごみの種類と量によって民間業者と自治体を使い分けると便利です。

業界最安値

【09月24日 23時16分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月24日 23時16分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事