生活家電とは生活をしていく上で必要不可欠なのが家電製品で、冷蔵庫や洗濯機などがあります。
生活家電は一般ごみや粗大ごみと違って、リサイクル費用を支払わなければ処分できないようになっています。
生活家電を捨てるときの捨て方や注意点いついて詳しく紹介しています。
そろそろ家電を買い替えようと考えている人には参考になる情報です。

生活家電の処分方法

生活家電の処分方法

家電製品を捨てたいと思ったときに最初に考えられるのが行政です。
行政に依頼して生活家電を捨てるのが一番安心できる捨て方です。
行政に依頼して生活家電を捨てるときの受付から捨てるまでの流れを紹介します。
生活家電を捨てるときに気を付けなければいけない注意点も補足説明をします。
しっかりと読んでから生活家電を行政に依頼すればいいのかを学んでください。

◇家電製品の粗大ごみとして捨てるときの受付から処分まで

家電製品を粗大ごみとして捨てるには事前に受付を済ませておかないと勝手には捨てられません。
粗大ごみの受付センターがあるので電話かインターネットで申し込んで回収費と料金を確認します。
回収費と料金がはっきりしたら、回収シールを最寄りのスーパーやコンビニで購入します。
購入したシールを家電1台ずつに貼り付けて初めて捨てられるようになります。
シールを張らずに回収日に指定の場所に置いておいても回収してくれません。

◇家電リサイクル法を順守する

家電製品委は家電リサイクル法というものがあり、法律に従って捨てなければいけません。
具体的に家電リサイクル法が適用されるのは、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4つの家電製品です。
これらの家電は「購入店への引き取り」もしくは、「指定取引所に持ち込む」という方法でしか処分できないようになっています。

生活家電を処分するときの注意点

生活家電を処分するときの注意点

生活家電を捨てるときには、いくつか決まりごとがあって、決まりごとに合わせて処分しなければいけません。
起き茶・回収場所・拐取家電など制約が多い中、規則にのっとって処分すれば格安で家電商品を処分できます。
家電商品を処分するときの決まり事や注意点を詳しく紹介します。

◇粗大ごみの大きさ

粗大ごみとしてあつかっている大きさがあります。
30㎝以上の大きさのゴミを粗大ごみと言います。
逆に考えると30㎝未満のゴミは一般ごみとして捨てられます。
家電製品は分解できないので、家電のサイズがそのままとなります。
その他の家具などは切れば30㎝未満にできます。
そういった粗大ごみは一般ごみとして処分した方が料金は安くなります。

◇粗大ごみを運ぶ

粗大ごみを収集する場所は決まっていて、そこまで運ばなければいけません。
生活家電でも1つ人で運べるくらいの大きさのものであれば問題はありませんが、2人で運ばなければいけない家電もあります。
一軒家で1回にある場合は比較的に運びやすいのですが、マンションなどでエレベーターがないような3階以上にある場合は大変です。
自治体の粗大ごみの回収に生活家電を出す場合は、今いる場所をしっかりとわかったうえで依頼しないと大変です。
高齢者の場合は、家族や身内で運んでくれる人を見つけなければとても運べません。
回収場所まで運んでもらえる人を見つけてから依頼するようにしましょう。

◇粗大ごみの収集料金は自治体で違うの?

基本的に自治体の粗大ごみの回収料金は安くなっていますが、自治体によって料金はバラバラです。
できれば依頼する家電製品などの料金を確認しておかないと、依頼してみて意外に高かったという事にならないようにしないと後で困ります。

◇パソコンを処分するときは特に注意が必要

粗大ごみの中でも注意しなければいけないものがあります。
それがパソコンです。
パソコンは他の家電製品とはだいぶ違っていて、処分に困る粗大ごみの1つです。
パソコンの場合は通常の粗大ゴミでは捨てられません。
パソコンを捨てる場合は、「メーカーによる回収」もしくは「地域の認定回収業者による引き取り」をしてもらわなければ処分できないようになっています。
パソコンを処分したい場合は、注意が必要です。

家電リサイクル法とは

家電リサイクル法とは

家電リサイクル法というのはどういうものか知っておかないと処分するときに間違った処分をしてしまって違法になってしまうことがあります。
家電製品の処分には十分な注意が必要です。

◇家電リサイクル法の対象商品

家電リサイクル法の対象商品としては、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機・エアコンがあります。
家電メーカーなどが処分することが義務化されています。
これらの家電製品をかつてに処分するのは違法となり厳罰が待っています。
また、家電リサイクル法では、消費者がリサイクル料を支払わなければいけないようになっています。
これにより消費者の負担は、回収・運搬費用+リサイクル料金となります。
家電リサイクル法の対象商品を処分するときは、消費者の負担が増加します。
これにより家電のリサイ来るが活性化してゴミの省力化につながります。

◇支払わなければいけないリサイクル料金

リサイクル家電のリサイクル費用はいったいいくらくらいになるのでしょうか?
リサイクル料は全国どこも一緒で、テレビが2000円~3000円で、冷蔵庫が3500円~5000円で、エアコンは1000円で、洗濯機が2500円となります。
これに運搬費用がプラスされるので、家電製品を処分するのには相当な費用が掛かります。

家電を処分できるのは自治体だけではない

家電を処分できるのは自治体だけではない

家電リサイクル法にのっとって処分するときに回収してくれるのは自治体以外にはないのでしょうか?
家電リサイクル法に従った処分方法は自治体以外でもいくつかあるので自分でどの処分方法をするかを決められます。
家電リサイクル法で定められた依頼先を詳しく見ていきましょう。

◇家電量販店に依頼する

冷蔵庫の買い替えを行う場合は、家電量販店にっくぃぜんされるイス手の認識を行ってから新しい冷蔵庫を購入するとします。
新しい冷蔵庫の代わりに、古い冷蔵庫を回収してもらいます。
家電量販店ではいます。

◇引っ越し業者に引き取ってもらう

引っ越しする場合、古くなった家電を処分することがあると思います。 ここでは、私が実践している処分方法を紹介したいと思います。
近くにある引っ越し業者を3社から5社ほどピックアップします。
1社ずつ引っ越し料金を見積もってもらいます。
1番安い業者の値段を使い、他社に再び見積もりの電話をかけます。

引っ越し業者に引っ越しのついでに家電製品の引問依頼を出すと若干割安で引き取ってもらえます。

◇リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクル業者に依頼すると最低でも無料で引き取ってもらえます。
ただし、全ての家電製品を引き取ってもらえるわけではありません。
別途処分量を取られることもあります。
実際に見てもらってから引き取りにお金がかからないかどうかを確認してみなければ、はっきりしたことはわかりません。

店舗運営をしているリサイクル業者ではなく無店舗で回収している業者には無許可の悪徳業者もいます。
悪徳業者かどうかを確認するためには一般廃棄物処理業許可を持っているかどうかを確認すると良いです。
持っていなければ、不法投棄される可能性もあります。
産業廃棄物処理業許可や古物商許可を広告に謳っている業者がありますが、それらの許可では家電の処分はできません。
正規の業者であれば、一般廃棄物処理業許可を持っていることが大前提です。

◇インターネットオークションで販売

まだ使える家電の場合は、粗大ゴミに出すのではなく、インターネットオークションで販売するとお金が入ってきます。
オークションサイトやフリマアプリだといつ売れるのかわからない場合も多数あります。
当然、人気商品を扱っていなければ高値では使えません。

生活家電の処分には制約があるので注意が必要まとめ

まとめ

壊れたり買い替えたりした家電製品の古い物を捨てる方法について詳しく紹介してきました。
どのようにして処分をすればよいのかがわかったのではないでしょうか。
今から家電製品を処分したいと考えている人には参考になる情報ばかりを紹介しています。

業界最安値

【07月13日 08時41分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月13日 08時41分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事