そろそろ今使っている布団を買い替えようかと思っている人でどう処分すればいいのかがわからない人には参考になる情報を紹介しています。
一言に布団と言ってもベッドもあれば、畳に敷くタイプもあります。
布団と一緒にベッドも処分したいと思っている人は良く読んでできるだけ得をするような処分方法を学んで下さい。
今から布団の処分方法について詳しく紹介します。

布団は燃えるゴミ?それとも燃えないゴミ?

布団は燃えるゴミ?それとも燃えないゴミ?

いらなくなった布団を処分するときに、布団本体と付属のカバーやまくらなども処分したいときはどのようにして処分したらよいのでしょうか。
布団の処分方法としては、粗大ゴミで回収してもらう方法や、細かくカットして可燃ごみとして処分する方法があります。
簡単に布団の処分と言っても、ベッドごと処分する必要があるときもあるのでケースバイケースとなります。
布団の処分方法について詳しく見てみましょう。

◇布団といっても色々な種類がある

敷き布団や掛け布団、毛布は粗大ゴミに分類される自治体がほとんどで、寝具で用いられるタオルケットは、資源ゴミとしてリサイクルされる自治体もあります。
布団カバー類も資源ゴミとして出すことができますが、汚れや破れなどが著しいときは小さくカットして燃えるゴミとして出せます。

ただし、自治体によって取り扱いが異なるので、自治体にゴミ収集のルールを確認したのちに処分するようにしましょう。
ベッドのマットレスは、ウレタン製・金属のスプリングやコイルが入った製品があります。
劣化しないよう加工されていても、汗を吸うほか金属疲労などで経年変化します。
寿命としては10年間が1つの目安にするとよいでしょう。
コイルが壊れて飛び出てしまったなどという場合は、寿命を問わず買い替えとなります。

粗大ごみの捨て方5選

粗大ごみの捨て方5選

布団を処分するときに依頼先にはいくつか考えられます。
依頼先とブランド布団などによっては処分するのではなく買い取りをしてくれる業者もあります。
布団は度の業者がどのような処分をしてくれるのかを詳しく見ていきましょう。

◇自治体のゴミとして出す

自治体の粗大ゴミとして処分することができます。
処分費用は自治体によって異なりますが、50キロ当たり500円程度の処分費用となります。

◇布団販売店で下取り

布団販売店が下取りをしてくれることがあります。ただし、そのお店で新品の布団を購入した場合などでないと引き取れないという条件が付く場合もあります。
羊毛や真綿布団などは、場合によってはリサイクルが可能で、店によぅては引き取ってくれる寝具店もあります。

◇引っ越し業者に依頼

引っ越し時に布団が不要になる場合もあります。
そういったときは、引っ越し業者に不要物引き取りをお願いしましょう。
引っ越し業者によっては粗大ごみの引き取りを別途費用で引き受けてくれる業者もあります。
費用面は、引っ越し業者によっても対応が異なりますが、布団1組で数千円程度と見積もってくれます。

◇不用品回収業者に依頼

車がないので、粗大ゴミとして収集場所へ搬入できないという場合などは、不用品回収業者に回収を依頼することも一案です。
不用品回収業者に依頼した場合、寝具は5,000円~10,000円程度の回収料金となり引き取りに来てくれます。
不用品回収を行う業者では、事前に見積もりを提示したうえで回収の契約を行いうのが一般的です。
顧客が納得してからの契約となるので、このような業者を選ぶことが大切です。

◇寄付

不用品を集めている団体に布団を寄付することで、後進国などで使ってもらえることがあります。
ただし、東京や横浜などにある団体へ、直接発送することが前提のようです。
このときに団体へ向けた布団の送料と、日本から先進国へ発送するための送料や事務手数料が求められ、費用はすべて含めて3,000円~5,000円ほどかかります。

自力で捨てる!捨て方いろいろ

自力で捨てる!捨て方いろいろ

布団を自力で捨てるときには、今まで発送すらなかった世代なので、たこ焼きの制度はどのようになっているのでしょうか。

◇自力で捨てる

1.布団を切る
夏掛けなどの薄い布団はゴミ袋にも比較的詰めやすいですが、ボリュームのある羽毛布団などについては、何らかの方法を考える必要があります。
例えば、布団をハサミなどで細かく切ってすべてゴミ袋に入れて一般ごみとして捨てる方法などがあります。
ただ、このような作業をするに当たっては相応の準備が求められてきます。切れ味のよいハサミや、大きな布団を扱える作業スペースが必要になるので、すぐに取り掛かるのが難しい場合もあるかもしれません。
1枚の布団であっても作業にはかなりの時間がかかると予想されるため、多忙な方には余り向かない方法とも言えます。

2.ボリュームを抑える
布団を切らずにゴミ袋に入れることも、場合によっては不可能ではありません。
例えば、ひもなどを使って布団を縛れば、ある程度ボリュームを抑えることが可能になります。
数か所をきつく縛れば、ゴミ袋に入れられるくらいの大きさにサイズダウンができる場合も同様です。
1人で難しい時には家族や友人の応援を求めるという手もあります。
縦横にひもをかけて布団をできるだけコンパクトにするのが、このような方法をとる時のポイントです。

3.箱を活用する
ゴミ袋にすっぽりとおさまる箱を活用するのも1つのアイデア。
箱の中に布団をぎゅうっと詰め込み、ボリュームを抑えてできるだけコンパクトにします。
布団は空気の層が大きいため、圧縮すると想像以上に小さくなります。
処分しても構わない衣装箱などがあれば、中に入れて箱ごと捨ててしまいましょう。
段ボールでも間に合うことがありますので、ゴミ袋の大きさを考えながら箱を選んでみましょう。

4.圧縮袋に入れる
布団を収納する時に用いる圧縮袋は、布団を処分する時にも大いに役立ちます。
圧縮袋は、元々布団のボリュームを抑えるために開発されています。
押入れなどに入れやすいよう、布団を実物よりも大分小さくしてくれるのが布団圧縮袋の優れている点です。
ゴミとして布団を処分する時にもぜひ活用したいのが、こういったお役立ちアイテムです。
袋に入れた後に掃除機を使って空気を抜けば、ゴミ袋にも楽に入れられる大きさになるでしょう。
布団圧縮袋の代金が少しかかるのが難点ですが、できるだけコンパクトに、そしてスピーディーに処分したい方にはおすすめできる方法です。
日ごろから布団圧縮袋をストックしている家庭であれば、すぐにでもトライができるでしょう。

◇最善の捨て方

どのような捨て方がベストかは、布団の枚数やボリューム、作業をする方の体力などによって変わります。マットレスは、ウレタン製のものや金属のスプリングやコイルが入った製品があります。
劣化しないよう加工されていても、汗を吸うほか金属疲労などで経年変化していきます。
寿命としては10年間程度を目安にするとよいでしょう。
コイルが壊れて飛び出てしまったなどという場合は、寿命を問わず買い替えとなります。
マットレスは、ウレタン製のものや金属のスプリングやコイルが入った製品があります。
劣化しないよう加工されていても、汗を吸うほか金属疲労などで経年変化していきます。
寿命としては10年間程度を目安にするとよいでしょう。
コイルが壊れて飛び出てしまったなどという場合は、寿命を問わず買い替えとなります各自治体のルールを確認しておくことも、1つの注意点になるでしょう。
マットレスは、ウレタン製のものや金属のスプリングやコイルが入った製品があります。
劣化しないよう加工されていても、汗を吸うほか金属疲労などで経年変化していきます。
寿命としては10年間程度を目安にするとよいでしょう。
コイルが壊れて飛び出てしまったなどという場合は、寿命を問わず買い替えとなりますコストと労力的な負担のバランスが、方法を選択する時の決め手になってきます。また、作業に要する時間も考えておく必要があるでしょう。
1度に処分するのが難しい量の時には1点ずつ捨てていくという方法もありますので、無理をせずにトライしやすい方法で処分を進めてみてはいかがでしょうか。

<布団の買い替え時期とは/h2>

<布団の買い替え時期とは/h2 class=" />

布団はいつ交換すればいいのかよくわからないという人は多いようです

◇布団の寿命と買い替え

布団やマットレスには寿命があります。
使われる素材や材質にもよりますが、一般的には敷き布団・掛け布団ともに寿命が3~5年ほどとされています。
ただし、和式布団は、綿を打ち直すことで再び新品のような感覚で使うことができるので、寝具店で打ち直しを依頼するとさらに寿命を延ばすことができます。
布団を使い続けることで困るのは、ボリュームが減ってしまうという、いわゆるヘタりではないでしょうか。
今では「ウォッシャブル布団」も存在していますし、布団が丸ごと洗えるコインランドリーや宅配クリーニングもありますので、思い切って洗濯してみることでも布団を長持ちさせることができます。
臭いがある、カビが生えた、嘔吐やおねしょなどで汚れているという場合は、衛生的にもよくありませんので、寿命を問わず買い替えをしましょう。

においがある、カビが生えた、嘔吐やおねしょなどで汚れているという場合は、衛生的にもよくありませんので、寿命を問わず買い替えをしましょう。

◇マットレスの処分は

マットレスは、ウレタン製のものや金属のスプリングやコイルが入った製品があります。
劣化しないよう加工されていても、汗を吸うほか金属疲労などで経年変化していきます。
寿命としては10年間程度を目安にするとよいでしょう。
コイルが壊れて飛び出てしまったなどという場合は、寿命を問わず買い替えとなります

布団の処分は工夫次第で出し方が変わる!まとめ

まとめ

ここまで、布団やベッドの処分方法や依頼先について紹介してきました。
単にゴミとして処分するだけではなく、買い取りもしてもらえるケースがあることが分かったのではないでしょうか。
特に布団の買い替えをする場合は、寝具店に相談して買い取り又は無料回収をしてもらえるかどうかを確認してみてはどうでしょうか。
布団のベストの処分方法がわかるのではないでしょうか。

業界最安値

【09月24日 22時32分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月24日 22時32分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事