雑誌から新書、単行本など何かのタイミングで購入する本。「話題の本は欠かさず購入する」という方も多いのではないでしょうか。
引っ越しのタイミングや、読み飽きた本などを処分したいという場合、どのような方法があるのでしょうか。また、サブカルチャーの代表である同人誌の処分方法なども、ご紹介してまいります。

本の処分方法にはどんなものがある?

本の処分方法にはどんなものがある?

読み飽きた本、引っ越し荷物として持っていけない本など手放したい本が手元にある場合、どのように処分したらよいでしょうか。

ごみとして処分する

古い本などは、自治体のごみ回収日にごみとして処分することが可能です。「古紙の日」や「新聞・雑誌類の日」などに出すことができます。この場合、自治体が回収して紙類のリサイクルを行うので、おすすめです。

書籍も紙ですので、燃えるゴミとして出すこともできますが、こちらは焼却処分となり、リサイクルはできません。少しでもリサイクルを意識するのであれば、古紙・新聞雑誌の回収日に出しましょう。

古本買取店へもっていく

漫画単行本、新書、ハードカバーの本があれば、古本買取店へ持ち込んで買い取ってもらうことも一案です。状態がよく、全巻そろっている漫画本であれば、高額買取が期待できますし、ハードカバーが予想以上に高い買取額を示すことがあります。
買取依頼を行う前に、本に溜まったホコリなどを払っておくとよいでしょう。

寄付する

絵本や児童書、文庫本などは近隣の私設文庫や児童館、カフェなどで引き取ってもらえることがあります。特に絵本などは、幼稚園や保育園で引き受けてくれることもあるので確認してみましょう。

本の寄付を受け付けてくれる団体も存在しています。不要な本が5冊以上まとまっているのであれば、寄付をすることも検討しましょう。
また、知人や友人に譲るといったところも一案です。

フリマやオークションに出す

フリーマーケットで本を並べ、蚤の市を開いてみる方法もあります。本の掘り出し物を探す古書フリークの人が集まりやすいフリマを選ぶと買い手が付きやすくなるでしょう。
オークションの場合は、古書市場において飽和しているタイトルに関しては買い手が付きにくい場合も考えられます。ニーズを調べて出品するなど下調べが必要です。

また、Amazonの中古市場では個人出品ができます。古本などは、自分の言い値で価格を付けることができるため、高額販売することも可能です。
ネット検索がきっかけで買い求める人も見られるので、古い写真集や時代を反映する雑誌、楽譜集などはAmazonを利用することも一案です。

不用品回収業者に依頼する

本も10冊以上集まると、重くて持ち運びにくくなります。
重くて買取専門店に持ち込むのが面倒になってしまった場合や、値段が付かず持ち帰りになってしまった本などは、不用品回収業者に依頼することもおすすめです。
不用品回収を依頼すると費用がかかりますが、不要な本をすべて回収してくれるので、一度にすっきりしたいという場合にはおすすめです。

チリ紙交換に出す

「チリ紙交換」というシステムもあります。
これは古紙専門の回収業者でリサイクル素材としての新聞や段ボール箱、雑誌などを回収してくれます。その見返りとして、チリ紙を渡してくれるという仕組みです。

交換レートとしては、リサイクルしやすい新聞紙2か月分でポケットティッシュ1~2個分といったところが多いでしょう。また、トイレットペーパーと交換してくれることもあります。しかし、このところでは地域を回るチリ紙交換車が少なくなり、なかなか出会えないという声もあります。

本の処分にかかる費用相場とは

本の処分にかかる費用相場とは

本の処分の費用を知りたい、という方も少なくありません。
たとえば、自治体が運営するごみ処理場への直接持ち込みの場合は50kg当たり500円~1,000円ほどの費用がかかります。

不用品回収業者へ依頼する場合は、中サイズの段ボール1箱に入る量(本20冊程度)で1,000円、それより大きなサイズ(本40冊程度)で2,000円ほどが相場となります。
費用は不用品回収業者ごとに異なりますので、事前に見積りをもらい受けて比較するとよいでしょう。

ゴミとして出しづらい同人誌・・・おすすめの処分方法はある?

ゴミとして出しづらい同人誌・・・おすすめの処分方法はある?

同人誌とは、個人で作成する雑誌です。人気の漫画・アニメタイトルの二次創作が主で、個人作家が創作したアナザーストーリーを漫画本に仕立て、同人誌即売会などで販売することが一般的です。「薄い本」などと呼ばれることもあります。

同人誌は一般書店には流通しないうえ、購入者層に年齢制限をかけたものも存在しています。成人向け描写がメインの二次創作物も存在するため、古紙回収などに出しにくいという声もあります。

同人誌の処分の場合、「シュレッダー処理をする」「同人誌を取り扱う専門店に買取を依頼する」「同人誌専門の回収業者に処分を依頼する」ということが可能です。
同人誌を買取に出す場合は、タイトルやジャンル、同人作家によっても大きく価値が変わってしまうため、手放したい同人誌のジャンルとニーズを確認してからよい方法を選択しましょう。

古本買取店に持って行く際の注意点

古本買取店に持って行く際の注意点

古本を買い取ってもらう場合には、いくつかの注意点があります。

・ISBNコードがない本(非売品の本)は買取不可。ただし、古書として価値があるものは買取してもらえることがある
・百科事典は買取不可
・状態が悪い本、汚れやニオイがあるものは買取不可
・カバー表紙がないものや、書き込みがあるものは買取不可

古本の買取は、次のユーザーに販売するための仕入れと位置付けているため、どんな本でも買取可能ということはありません。買取を依頼する際には、ホコリを払っておくといった配慮をすると価値が高まります。
また、漫画本は全巻揃えておくと、価値がぐんと跳ね上がりますよ。

溜まった本を処分したい!古本から同人誌まで処分方法を紹介!まとめ

まとめ

手放したい古い本は、引き取り手を見つけるにも難航してしまいます。
買取が成立しなかった本や、断捨離などの一環ですべて手放したいという場合などは、不用品回収業者を利用することも一案です。
同人作家さんが持っている同人誌等二次創作物の在庫処分も、信頼できる不用品回収業者の利用を検討してみてくださいね。

不用品回収業界最安値

【2018年12月13日 11時46分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事