不用品回収業者が対応していないものは、危険物・食品や液体・建築系廃棄物などがあります。これ以外なら大半の不用品を処分することが可能です。自治体の粗大ゴミ回収の場合、家電リサイクル法で指定が行われている電化製品、パソコンなどは対応外になります。しかし、不用品回収の場合は、これらの処分も可能です。

軽トラック

家の中で使っている不用品の大半が対応可能です

不用品回収業者の場合、家の中で利用し続けていた家財道具類、趣味の道具類、電化製品などであれば大半の不用品を処分することが出来ます。粗大ゴミ回収の場合には、冷蔵庫や洗濯機は家電量販店、家具やベッドなどは粗大ゴミ回収、オートバイは中古車を扱っているお店などのように不用品の種類に応じて処分先を換えなければなりません。その点、不用品回収業者を使えば、まとめて処分が出来るので手間いらずなどの魅力を持ちます。さらに、回収業者の場合は、家の中から荷物を運び出してトラックに積み込みして貰うことが出来るため、女性一人で暮らしている、お年寄りなどでも安心です。最近は生前整理などで不用品回収業者を利用される人も多く、軽トラや2tトラック積み放題などのプランが便利です。

事前に見積もりを依頼しましょう

軽トラックや2tトラックに積み放題のプランを用意している不用品回収業者は多くあります。このプランは積み込めるだけ処分が出来る、料金比較がしやすいなどのメリットがありますが、定額プランですから、トラックに隙間が出来てしまうと、積み放題ではなく個別に回収して貰う方が安くなるケースもあります。お得だと思っていたら意外と高かったなどのケースがあるので注意が必要です。不用品回収業者を使ってまとめて処分する時には事前見積もりの依頼がお勧めです。見積もりを作成して貰い、定額パックの方が安いのか、それとも個別に引き取って貰った方が安いのかを把握した上で選べるわけです。ちなみに、2tトラックや軽トラ積み放題は、道路交通法に準拠した形で行うのが特徴です。

トラック積み放題の注意点について

遺品整理などでもトラック積み放題のプランを利用されるケースが増えていると言いますが、不用品回収業者が回収出来ない品目の中には血液などが付着しているものも含まれるので注意が必要です。また、料金が安く依頼した所、料金が1平米当たりのものだったなどのケースもあります。不用品回収業者に問い合わせを行う時などは、1平米当たりの料金なのか、作業スタッフの人数や1人当たりの料金、掲載が行われている料金以外に別途費用が必要になるのかなどを確認しておくと安心です。後から費用が追加請求される前に確認しておきましょう。さらに、不用品回収業者の中には無許可で営業を行っている業者もゼロではありませんので、必ず許可証を提示して貰うなどが大切です。

2tトラックや軽トラ積み放題の不用品回収の利点とは?まとめ

まとめ

トラック積み放題のプランは、不用品の量が多い時に便利な定額プランです。回収して貰えるか否かはある程度ホームページなどで確認が出来ますが、事前に回収して貰いたい品物のリストを作成しておくと便利です。不用品の量に応じて軽トラと2tトラックなどのサイズを選べるのも魅力ですが、トラックに積み込むことが出来る量は道路交通法の中で定められており、法律に違反する量は積み込むことが出来ません。予め見積もりを作成して貰う、金額を調べた上で積み放題にすべきか、それとも個別に回収して貰うべきかを判断するようにしましょう。尚、不用品回収業者に依頼をする時には、スタッフの人数や料金、1平米当たりの料金になるのか、掲げている費用以外に別途必要になるのか、必要になる場合には幾らになるのかを事前に確認しておきます。ちなみに、不用品回収業者は許可を得て営業することが義務付けられているため、無許可営業を行っている業者を利用しないようにして下さい。

不用品回収業界最安値

【2018年12月13日 13時27分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事