東京都で不用品回収ならECOクリーンへお任せ下さい!

明朗会計業界最安値宣言!

ECOクリーンスタッフ

ECOクリーンでは現地無料お見積りにて作業前に明確な料金案内を行いご納得頂いてから作業を行います。 他社のお見積りよりも業界最安値でご案内いたします。
コストを減らしお客様への還元に努めております。

悪質な不用品業者にはご注意ください!
料金案内前の先積み行為追加料金の請求押し買い行為
近年作業後に高額な追加請等の悪質行為を行う業者が増加しています。
※ECOクリーンはこのような行為は絶対に行いません。

お気軽にお問合せください。

下へ

業界最安値

【2019年05月18日 12時45分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

人気ランキング
口コミサイト
他社比較


業界最安値

【2019年05月18日 12時45分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

3つの理由

業界最安値

【2019年05月18日 12時45分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

申込みの流れ

東京都の不用品回収なら全てお任せください。 専門の作業スタッフ丁寧・親切に対応いたします。

その他各種サービスにも対応

お引越しサービス遺品整理

法人様お片付けゴミ屋敷のお片付け

 

戸建て・マンション・アパート・オフィス・店舗

様々な不用品に対応しております。

不用品対応品目例



業界最安値

【2019年05月18日 12時45分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

安心サービス宣言

引越し会社や、不用品回収業社の中には、近年、作業後に高額な追加請求等の悪徳行為を行う業者が増えています。

「モノを運ぶ」・「モノを捨てる」といった行為そのものの特異性が、悪徳業者を生んでいる理由であると考えられるのですが、こうした、
・「料金ご案内前の先積み行為」
・「追加料金の請求」
・「押し買い行為」

といったお客様への直接的な金銭被害を及ぼす業者だけでなく、対応が乱暴だったり、威圧的な発言や佇まいのスタッフを雇用している不用品回収業者は昔から非常に多く、こうした業者のせいで、この業界の品位を下がっていると私達は危険視しています。

引越し会社や、不用品回収業社、俗にブルーカラーと言われる人間が対応をしているからといって、不明瞭な価格設定・引き届いていない対応で良いといういった時代は、「とうに終わりを告げた」といったことを、全ての不要回収業者は自覚する必要があるのです。

「ECOクリーン」は、全ての私たちはお客様に対し、価格・対応どちらをとっても『最高の回収業務だった』と必ず感じていただく不用品回収業界のプロとしての仕事をすることお約束いたします。

東京都内どこでもあなたの満足価格で回収します。 以下の不用品回収対応地域をご覧ください。

東京都不用品回収対象地域

不用品回収地域

東京都内(島しょ)
  • 大島町
  • 利島村
  • 新島村
  • 神津島村
  • 三宅村
  • 御蔵島村
  • 八丈町
  • 青ヶ島村
  • 小笠原村

業界最安値

【2019年05月18日 12時45分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

ご存知でしたか?東京都の不用品回収状況

東京都の不用品回収として東京都でも毎年多くの方が不用品回収サービスを利用しています。公共の機関では即日対応が出来ないケースもあります。公共機関を利用しますと、回収場所までの運びだしなども必要になってきますので、困難な場合には専門業者に依頼することをお勧めします。

不用品回収においては、粗大ごみという扱いで東京都でも自治体の機関に依頼をして回収してもらうことも可能です。コンビニで指定されたシールを購入してゴミに貼り、申込をして回収場所に出すといった行程になるところが多いです。しかし、即日の対応が出来ないことも多いですし、持ち込むといっても家庭用の乗用車に積めないこともあります。そういった場合には、専門の業者に依頼をすれば即日対応可能なところもありますし、運びだしから回収まで全て行ってくれますのでお勧めです。

料金はそれぞれの業者で設定が異なりますので、事前に見積もりを取ったりサイトを見て比較してから依頼をすると良いでしょう。当日引取りに来てくれるところもあります。

不用品の回収は、公共の機関を利用して粗大ごみとして出すことも可能です。しかしすぐに来てもらいたいという場合、それが出来ないこともあるでしょう。急いでいる場合や大量に不用品が出た場合、自分で回収場所まで運べない場合には、専門の業者に依頼をすることをお勧めします。

そもそも粗大ごみとは?

そもそも粗大ごみとは?

東京都の場合、高さ・幅・奥行きのいずれか1辺が30cmを超える石油・電気・ガス器具、寝具、家具、自転車(耐久消費財)などを粗大ごみと定義しています。
ただし、自治体によっても処分能力の違いから粗大ごみの定義はそれぞれに異なります。
そのため、判断に迷った時は自治体の環境関連の窓口で「粗大ごみの仕分け方法」などを示す早見表などをもらい受けて確認するとよいでしょう。

粗大ごみを処分する時は、『粗大ごみ受付センター』へwebまたは電話で申し込みを行ったうえで、コンビニエンスストアや一部の商店から粗大ごみ回収ステッカー(手数料シール)を購入・貼付のうえ、指定された場所へ持参することになります。

粗大ごみの処分にはどんな方法がある?

粗大ごみの処分にはどんな方法がある?

手元にある粗大ごみはどのように処分しなければいけないのでしょうか。
一般的な処分方法についてまとめました。

①自治体のごみとして出す

自治体の粗大ごみ回収の時に出します。
東京都の場合は、あらかじめ申し込みを行い、手数料シールを貼付したのちに、指定場所や自宅の前に出すだけで回収してもらえます。

東京都以外の自治体では、処分場へ直接搬入することが一般的のようです。

②不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を利用することで、持ち運ぶことや、車に載せることができない大きな家具などの回収を代行してもらえます。

費用が掛かりますが、家の中の不用品をすべてなくせるメリットがあります。

不用品回収業者と廃品回収の違いって?

「不用品回収業者」と「廃品回収」の違いがわからない、という声も寄せられています。

不用品回収業者は、顧客から料金をもらって不用品を引き取ります。

不用品の中には、リサイクルが可能な品物や、廃品になる物の引き取りも行います。回収後の不用品は、リサイクル業者に売却する・顧客から処分費用を受け取り、処分を代行するというような形をとります。

一方、廃品回収はリサイクル目的で特定の品物を回収します。
リサイクルを行った後の商品を販売することで対価を得るため、いわば「仕入れのための回収」と受け取ることができます。

粗大ごみは自治体のごみとして出す方がいい?

粗大ごみは自治体のごみとして出す方がいい?

粗大ごみは、自治体のごみとして出す方がいいのかと疑問を持つ方も見られます。
自治体の粗大ごみ処分の場合、数百円~千円程度の手数料で処分することができるので、費用を掛けずに処分したいという場合は、自治体のごみとして出した方がよいでしょう。

そんな中、何らかの理由で、粗大ごみを家の外まで運び出すことができない人もいることでしょう。また、粗大ごみの収集指定場所まで車に載せることもできない、という場合もあるはずです。

こんな時は、数千円程度の費用が掛かっても、人手や車を確保できる不用品回収業者を利用する方が解決する場合があります。

粗大ごみとして収集できないごみもある?

「家電リサイクル法」に該当するテレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機などは、粗大ごみとして処分することはできません。

家電メーカーよるリサイクルが義務付けられており、処分する際には、リサイクル料が発生します。家電の大きさや、自社でリサイクル施設を持っているか否かでも費用が変わりますが、液晶・プラズマテレビ15型以上の規模で2,916円からの費用負担となります。

パソコンや小型家電なども同様、できる限りリサイクルをすることが奨励されています。
そのため、粗大ごみとして収集できない場合があります。

このほか、タイヤやベッドスプリングなどのように、適正処理困難物となることから「粗大ごみ」として収集できない物もあります。こういった不要物の破棄を検討している場合は、不用品回収業者に依頼することも検討しましょう。

東京都の粗大ごみ回収は「ECOクリーン」がおすすめ!

東京都の粗大ごみ回収は「ECOクリーン」がおすすめ!

粗大ごみ収集は平日の日中に限られてしまいます。仕事が忙しいという人などは、粗大ごみの処分のために仕事を休むということははばかられるでしょう。
こういう時は、依頼主の時間帯に合わせて対応してくれる不用品回収業者「ECOクリーン」がおすすめです。

依頼は24時間365日対応可能、東京都内なら最短30分で急行します。出張料や見積料金は一切不要ですし、見積もり後のキャンセルもかまいません。

お客様が運び出しにくい品物や、粗大ごみとして収集できない物などもご相談下さい、もちろん、特殊作業にも対応しております。
まずは、無料見積もりから。電話やwebいずれでも受付可能です。

【東京都】粗大ごみを回収・処分するなら?おすすめの不用品回収業者を紹介まとめ

まとめ

自治体が行う粗大ごみ回収は、安価ですが収集できる品物が制限されています。
家にある不用品を処分したいという場合は、不用品回収業者を選ぶことをおすすめします。

特に、ECOクリーンは、東京都内なら24時間365日いつでもどこでも急行可能。不用品を安価に回収いたします。

東京都でのECOクリーンご利用のお客様の声を紹介します。

詳細に説明してくれたので安心して頼むことができました
私は東京都に住んでいるのですが、長年使っていた洗濯機が故障して使えなくなってしまったので不用品回収業者ECOクリーンに依頼して処分してもらうことにしました。 ただ業者に処分の依頼をするのは初めてだったので不安な点もあったのですが、詳細に説明してもらえたので安心して頼むことができました。 また予想以上に早く来てくれて直ぐに洗濯機を運び出してくれたので、不用品回収業者ECOクリーンに依頼して本当に良かったと思っています。
東京都墨田区錦糸 伊藤
大量の古い家具を一気に処分して「持たない」生活を実現
持たない暮らしというミニマリスト的な生活に憧れ、自宅にあった家具類の多くを処分することとしました。ベッドやテーブル、ソファーなどを粗大ゴミとして自分で運び出すことは大変でしたので、東京都の不用品回収を行っているECOクリーンに依頼しました。 処分費用は思った以上にリーズナブルでしたので助かりました。すっきりとした生活が実現できましたので満足しています。
東京都江東区青海 鈴木
ダブルベッドの大きな不用品回収も楽々
東京都でダブルベッドを処分する際に、区の粗大ゴミでは出すことができなかったので、不用品回収業者ECOクリーンを利用することにしました。費用の点が心配だったので、ネットと調べながら、最終的には電話で確認しました。約8,000円に抑えることができたのでほっとしました。引き取りの際も家の中から運んでくれたので助かりました。
東京都江東区永代 高橋

業界最安値

【2019年05月18日 12時45分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

東京都ゴミ処理量(平成28年度実績)

計画収集人口 13,519,301
自家処理人口 210
総 人 口 13,519,511
外国人人口 532,691
生活系ごみ 事業系ごみ
計画収集量 収集ごみ量 混合ごみ 0 0
可燃ごみ 2,262,181 1,032,792
不燃ごみ 108,855 477
資源ごみ 576,054 850
その他 1722 0
粗大ごみ 77,494 94
小計 3,043,395 1,119,592
直接搬入ごみ 混合ごみ 0 0
可燃ごみ 9,418 83,876
不燃ごみ 2,312 258
資源ごみ 2,247 992
その他 12 16
粗大ごみ 9,100 233
小計 23,089 85,375
合計 3,043,395 1,119,592
生活系ごみ搬入量 3,043,395
事業系ごみ搬入量 1,119,592
集団回収量 265,055
ごみ総排出量 4,428,042
  • 収集ごみ(混合ごみ+可燃ごみ+不燃ごみ+資源ごみ+粗大ごみ+その他)=4,054,523t/年
  • 計画収集量(収集ごみ+直接搬入ごみ)=4,162,987t/年
  • ごみ総排出量(計画収集量+集団回収量)=4,428,042t/年
  • ごみ処理量(直接最終処分量+直接焼却量+焼却以外の中間処理量+直接資源化量)=4,193,196t/年
  • 1人1日あたりごみ排出量(ごみ総排出量/総人口)=897g/人日
  • リサイクル率([資源化量合計+集団回収量]/[ごみ処理量+集団回収量])=22.09%
  • 中間処理による減量化量(施設処理量-施設処理後資源化量-施設処理後残渣処分量)=3,120,539t/年
参考:平成28年度調査結果[環境省廃棄物処理技術情報]より表作成

業界最安値

【2019年05月18日 12時45分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。