不用品回収ならECOクリーン!

ECOクリーン

明朗会計業界最安値宣言!

ECOクリーンスタッフ

不用品回収のECOクリーンでは現地無料お見積りにて作業前に明確な料金案内を行いご納得頂いてから作業を行います。 他社のお見積りよりも業界最安値でご案内いたします。 コストを減らしお客様への還元に努めております。

悪質な不用品業者にはご注意ください! 料金案内前の先積み行為追加料金の請求押し買い行為
近年作業後に高額な追加請等の悪質行為を行う業者が増加しています。
※ECOクリーンはこのような行為は絶対に行いません。

お気軽にお問合せください。

下へ

不用品回収業界最安値

【2018年11月12日 16時54分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

口コミ人気ランキング" 口コミサイト

口コミサイト満足な声

価格も対応も満点口コミ評価星

依頼したのがかなり遅い時間だったのですが、とても丁寧な対応で好印象。 見積り額が他より安かったので、即決しました。価格も対応も満点でした。

安く処分でき助かった口コミ評価星

引越し後に予想以上の粗大ゴミが出て、予算的にもピンチだったけど、 エコクリーンに処分を依頼したら、結構安く処分できて本当に助かった。

費用を抑えられた口コミ評価星

細々とした不用品が大量に合ったので、一気に処分したかったので各社に問い合わせたところ、 こちらが一番費用を抑えられたので、次回もお願いしたいです。

エコクリーンを選んだ理由

他社に負けない優れた対応!

不用品回収他社比較

不用品回収業界最安値

【2018年11月12日 16時54分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
3つの理由

圧倒的な「スタッフ対応」

不用品回収の【ECOクリーン】スタッフはしっかりとした研修制度で厳しい指導のもと、お客様1人1人に親切丁寧 に対応することを心掛けています。

エコクリーンスタッフ

お客様コメント

  • 佐藤様
  • 東京都中野区弥生町 佐藤様

    受付スタッフ、作業スタッフ供にとても丁寧な対応で安心して依頼する事ができました。次回も何かあればこちらにお願いしたいです。

 

緊急対応最短30分で急行

拠点数が1000箇所以上あるのでどこでも近くに不用品回収スタッフがいます。 全国を多数のスタッフでカバーする事により、どこよりも早く急行できます。

対応エリアはこちら

拠点数

お客様コメント

  • 安部様
  • 大阪府大阪市平野区平野東 安部様

    今日中に処分したい粗大ごみがあり、問合せたところ、自宅は都市部から離れているのにものの40分で来てくれました!宅配ピザみたいです(笑)

 

低価格のサービス

他社よりも多くの拠点を作ることにより、現場までの移動コストを減らしています。また熟練スタッフが多く在籍しているので 作業にかかる時間が短縮でき、一日に10件以上の現場を回ることが出来ます。

スタッフ一人当たりの平均作業件数

お客様コメント

  • 村上様
  • 福島県いわき市錦町 村上様

    壊れてしまった冷蔵庫を処分する際、数社に見積りをしてもらったのですが、タントツでこちらがやすかったのでお願いしました。

確かな実績 30,000件/年!

顧客満足度93% 有名企業と取引

不用品回収業界最安値

【2018年11月12日 16時54分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

申込簡単3ステップ



不用品回収なら全てお任せください。 専門の作業スタッフ丁寧・親切に対応いたします。

その他各種サービスにも対応

お引越しサービス遺品整理

法人様お片付けゴミ屋敷のお片付け



戸建て・マンション・アパート・オフィス・店舗

様々な不用品に対応しております。

不用品対応品目例

不用品回収業者、自治体での不要品処分費用の相場金額

家具や家電などは買い替えや故障によって不要になった場合、処分をすることとなりますが、小型家電や家具などの場合、自治体の粗大ごみとして処分をすることが可能です。
自治体で処分する場合の費用相場としては50kg当たり500円程度となり、どんな種類のごみでも重さに対して課金されることがほとんどです。

なお、粗大ごみなどは自治体のクリーンセンターなどで集中して収集作業をすることが多いため、不用品は直接持ち込みを行う必要があります。もし自家用車に不用品を積載できない場合には、別途料金を支払い、代行収集を依頼することになります。

また、エアコン・テレビ・冷蔵庫は家電リサイクル法によって処分を行うことができません。そのためリサイクル券を購入後、リサイクルを扱う特定産廃業者へ直接持ち込むか、家電販売店に引き取りを依頼することとなります。

一方、不用品回収業者の回収料金に関して、高額なのでは?と不安に思う人もいるようですが、見積もりや出張料を無料としている業者もECOクリーン含めいくつかあります。引き取りにかかる費用はわかりやすく計算しますので、納得して依頼できるのではないでしょうか。
業者に依頼した場合の回収費用は不用品の大きさなどによって変わりますが、費用相場としては以下のようになります。

  • 家電:3,000~6,000円
  • 家具:3,000~10,000円
  • 寝具:5,000~10,000円
ECOクリーンでは、明朗会計に見積もりを提示しています。見積もり後の引き取りキャンセルは無料ですので安心してお申し込みください。

不用品回収業者と自治体、それぞれのメリット・デメリット

不用品回収業者と自治体に不用品の処分を依頼した場合、それぞれにメリットとデメリットがあります。

まず、自治体に不用品処分を依頼する場合のメリット・デメリットについて見ていきましょう。一番のメリットとしては「処分費用が安いこと」にあるでしょう。どんな不用品でも50kg当たり500円程度の処分費用となります。ただし自己搬入が前提で、車での持ち込みができない場合は、自治体が指定する代行業者に依頼する必要があります。

またデメリットとして、回収時間が決められている点があげられるでしょう。土日や祝日、夜間などは閉庁しているため、開庁時間内の処分を検討しなければいけません。

そのほかにも自治体の場合、回収できないものや不用品として回収してはいけないものがあります。例えば、大きな家具などの粗大ごみは受け入れができない場合もあるようです。
そして不用品として回収してはいけないものとしては、家電リサイクル法に指定されたテレビやエアコン、冷蔵庫などがあげられます。これらはすべてリサイクルして使用しなければいけないため、リサイクル券を購入後に専門の業者へ引き取りを依頼しなければいけません。

一方、不用品回収業者のメリットとしてあげられるのは、どんな不用品でも引き取りが可能ということです。例えば、リサイクル券が必要な冷蔵庫やテレビ、エアコン、大きな家具なども回収しています。また業者によっては時間を問わず訪問可能としていることもあり、忙しい方には最適でしょう。

ただし、不用品回収業者のデメリットとしてあげられる点もあります。
不用品回収業者の場合、費用面では若干高額な傾向にあります。引き取りの費用相場も小型家電でも数千円程度となり、まとめて引き取ってもらうことを検討すると、最終的に大きな費用となってしまうこともあるでしょう。「無料回収」とうたっている業者でも、車への搬入搬送といった回収以外の部分で費用を請求されることもあるので注意したいところです。

よくある質問

見積りしたその日に回収できますか?
はい可能です。最短で依頼したその日に作業が出来ますので、お急ぎの方もご安心下さい。
作業時間はどのくらい掛かりますか?
最短で10分から、物量次第で1日程度のお時間を頂いております。その他ご要望がございましたら作業スタッフまでお申し付け下さい。
キャンセルは出来ますか?
はい可能です。作業依頼前のキャンセル料金は頂いておりません。
部屋から出せない大きな家具も大丈夫ですか?
組立式の家具であれば分解・解体して搬出致します。解体できない大きな家具でもベランダ等から搬出可能ですのでご安心下さい。
作業前、こちらでなにかする事はありますか?
特にございません。準備・片付けも全て当社スタッフにて行わせて頂きます。
昼間は仕事なので、夜間でも大丈夫ですか?
はい。受付時にその旨をお伝え頂けれはご希望に合わせてお伺い致しますのでご安心下さい。

もっとQ&Aを見る→ECOクリーンよくある質問

安心サービス宣言

引越し会社や、不用品回収業社の中には、近年、作業後に高額な追加請求等の悪徳行為を行う業者が増えています。
「モノを運ぶ」・「モノを捨てる」といった行為そのものの特異性が、悪徳業者を生んでいる理由であると考えられるのですが、こうした、
・「料金ご案内前の先積み行為」
・「追加料金の請求」
・「押し買い行為」

といったお客様への直接的な金銭被害を及ぼす業者だけでなく、対応が乱暴だったり、威圧的な発言や佇まいのスタッフを雇用している不用品回収業者は昔から非常に多く、こうした業者のせいで、この業界の品位を下がっていると私達は危険視しています。
引越し会社や、不用品回収業社、俗にブルーカラーと言われる人間が対応をしているからといって、不明瞭な価格設定・引き届いていない対応で良いといういった時代は、「とうに終わりを告げた」といったことを、全ての不要回収業者は自覚する必要があるのです。
「ECOクリーン」は、全ての私たちはお客様に対し、価格・対応どちらをとっても『最高の回収業務だった』と必ず感じていただく不用品回収業界のプロとしての仕事をすることお約束いたします。

なぜ無許可の不用品回収業者を利用してはいけないのか

まず不用品回収業を営むには、一般家庭から不用品を回収するために必要な「一般廃棄物収集運搬業許可」や法人企業からの回収を行うために必要な「産業廃棄物収集運搬業許可」、リサイクル品の買取りなどに必要な「古物商許可」などが必要になります。
実際には、どのように経営するかによって必要な許可が変わってきますが、基本は上記の3つになります。

ここで浮き彫りとなるのが「無許可の回収業者」です。
一般家庭の不用品回収事業を行うためには「一般廃棄物収集運搬業許可」が必要ですが、行政からの許可を受けずに不用品回収を行っている業者もまれに存在しています。
なぜ無許可の不用品回収業者を利用してはいけないのかというと、以下のような理由があげられます。

①回収した不用品の不適正処理

まだ使える部品や金属だけを取り出し、残りを不法投棄してしまうのです。部品や金属は業者に売ればお金になるため、それで儲けを得ようとしています。


②海外への密輸出の可能性

不用品から取り出した部品を使って、回収した冷蔵庫やテレビの修理を行い、海外へ密輸することもまれにあります。こちらもブローカーへ流した時点でお金が入りますので、儲けが得られるといった仕組みです。


③火事の懸念

中には、回収した不用品を野ざらしの上、山積みにすることもあるようです。乾電池やバッテリーなどが含まれているものが混載されていれば、何らかのきっかけで爆発事故や火事に発展しかねません。不法投棄ともとらえられるような山中での保管であれば、山火事にもつながります。


④環境汚染の懸念

古い家電にはフロンやPCBなどといった環境汚染物質が含まれているものがあります。回収したものを不法投棄した場合、金属が腐食する、環境汚染物質が土中へしみこむというような結果も考えられます。


このように、無許可の回収業者に依頼をすると、さまざまな危険があるのです。回収業者に依頼をする際には、信頼できる業者かどうかをしっかりと確認しましょう。

不用品回収業者とのよくあるトラブル事例

不用品回収業者と消費者の間で、度々トラブルが生じることがあります。そこで、よくあるトラブル事例を紹介します。


①不当な料金請求

「回収は無料」というので回収を依頼したら、不用品の回収に関しては無料だけど、車に積載する料金や、処分場への搬送費用に処分代金などを請求されたというケースがあります。


②見積もり以上の追加料金を請求された

事前に見積もりを出してくれたので納得して依頼したら、車に載らなかった、過積載になるなど理由をつけられて大きな車両の利用料金などを追加で請求されたという、見積もり以外の請求事案も存在します。


③部屋のものを壊された!

部屋の中にあるタンスなど大きな家具の処分を依頼したら、壁に穴をあけられてしまった、ぞんざいな扱いで畳や壁紙に傷がついてしまった、というようなトラブルもあるようです。


もし、上記のようなトラブルに合った場合は泣き寝入りせずに消費生活センターへ相談してみましょう。

不用品回収の申し込みに対してクーリングオフは可能?

「クーリングオフ」とは、訪問販売など特定の取引で商品契約を行った後、契約を撤回したい場合に、一定期間内であれば無条件で契約の撤回ができるという制度です。クーリングオフ期間内であれば、消費者側は理由を提示することなく契約の解除や申し込みの撤回を行うことができます。

不用品回収は、一般的には「訪問購入取引」という形態での消費者取引となりますが、押し買いや不当な回収費用請求などでトラブルが頻出しています。また、「回収費用と不用品を返してほしい、クーリングオフはできるのか?」という相談も、消費生活センターに多く寄せられるようになりました。
結論から言うと、不用品回収のクーリングオフはグレーの部分が多く、難しい場合があるようです。
ルールとしては、不用品回収は「訪問購入取引」にあたるため、8日間のクーリングオフ期間が適用されます。しかし、下記のケースでは自らの契約意思が含まれているため、クーリングオフに該当しないという見解も出されているようです。

  • 自宅への飛び込みによる「御用聞き商法」による契約
  • 巡回中の回収業者を自宅にいる消費者が自ら呼び止め、回収契約を依頼した場合
  • 自宅からwebや電話申し込みによる契約依頼を行った場合

また、書面でクーリングオフの通知書を作成しても、業者の所在が不確かであれば泣き寝入りになってしまいます。そのため契約時には、事業所の名称や所在地、電話番号などもきちんと確認をしましょう。
そして、不用品回収に関するクーリングオフを検討している場合は、消費生活センターに相談をすることをおすすめします。

不用品回収業者の正しい選び方

優良な不用品回収業者に依頼することで、安心して不用品を手放すことができます。
では、どういった業者を選べばよいのか、ここで不用品回収業者の正しい選び方をご紹介します。


①営業許可を持っているか

まずは、業者が「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得しているかを確認しましょう。一般廃棄物許可の場合、許可証の携行義務がない現状がありますが、社名を確認し事業所所在地の自治体役場に照会することで営業実態はある程度把握できます。


②見積書を発行してくれるか

回収してほしい不用品に対して、回収費用の見積書を発行してくれるかといったところもチェックしましょう。また、出張料や査定、見積書の発行に関して無料としているところや、見積書の内訳が明確に書かれているところは安心でしょう。


③複数の不用品回収業者に見積もりを依頼して比較検討する

不用品回収を急がない場合は、複数の業者に見積もりを依頼することも一案です。ですが、見積もり提示後の即決を迫る業者もいるでしょう。
そのため、見積もりをもらった後でキャンセルできるか事前に確認することも大切です。見積もり発行後のキャンセルができない場合は、依頼しないことも一案です。


④口コミサイトを利用してみる

情報が氾濫するインターネット上ですので得策とは言えませんが、口コミサイトを利用して不用品回収業者の評判を検索してみることもよいでしょう。
ただし、その情報を支持するかどうかはあなた次第です。


このように優良な業者を選び、不用品を安全に処分するようにしましょう。

不用品回収がよりスムーズに!不要品回収前の事前準備

不用品回収で一日中業者が家に出入りして困った、家の中で家具の解体を始められて困ったということもあるようです。不用品回収をスムーズに済ませるには、できる範囲で事前準備を済ませることも大切です。


①材質別に分別する

回収物を材質別に分別しておくと、回収業者の手を煩わせることがありません。また、小さいものなどは、袋や段ボールに入れてまとめておきましょう。


②紐でくくってまとめておく

ポールや材木など、バラバラになりやすいものはひとまとめにして紐などでくくっておきましょう。そうすれば、持ち運びやすくなります。


③回収物をまとめておく

あの部屋にこの品物、隣の部屋にこの家具というように複数の部屋に不用品が置いてある状態では、時間がかかってしまいます。こういったケースでは、間違えて不要ではないものまで持ち去られてしまう可能性も考えられます。
そのため運べるものであれば、回収物は玄関前などに一か所にまとめておきましょう。


④解体スペース・搬出経路を確保する

作業をスムーズに行うためだけでなく、家具の搬出の際に壁を壊された、床を傷つけられたというようなトラブルを防ぐためにも、解体スペースと搬出するための経路を確保しましょう。解体しなければ回収車に積載できない家具などは、外で解体してもらえるようお願いすることも一案です。


このような準備をしておくだけで、回収にかかる時間が大幅に減るでしょう。
業者を利用する際に、ぜひ実践してみてください!

不用品回収対象地域

日本地図

北海道エリア
沖縄エリア

不用品回収業界最安値

【2018年11月12日 16時54分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

ご存知でしたか?国内のごみ総排出量

環境省は平成29年3月28日に、平成27年度における全国の一般廃棄物(ごみ及びし尿)の排出及び処理状況等の調査結果を取りまとめ発表しました。

(主な結果)

・ごみ総排出量は4,398万トン(東京ドーム約118杯分)、1人1日当たりのごみ排出量は939グラム。

・ごみ総排出量、1人1日当たりのごみ排出量ともに減少。

・最終処分量は前年比3.0%減少。リサイクル率は横ばい。

・ごみ焼却施設数は減少(1,162施設 → 1,141施設)。

・発電設備を有するごみ焼却施設数は全体の30.5%であり、調査開始以降初めて30%を超えた。

・ごみ焼却施設における総発電電力量は増加(8,175 GWh、約255万世帯分の年間電力使用量に相当)。

・最終処分場の残余容量は17年間続けて減少、最終処分場の数は概ね減少傾向にあり、最終処分場の確保は引き続き厳しい状況。

・ごみ処理事業経費は増加。

ごみ総排出量(都道府県別)(平成25年)

順位 都道府県 ごみ総排出量 (単位:1,000t) 順位 都道府県 ごみ総排出量 (単位:1,000t)
全国 44,874 24 熊本 565
1 東京 4,572 25 山口 554
2 大阪 3,300 26 青森 535
3 神奈川 3,008 27 長崎 498
4 愛知 2,572 28 愛媛 478
5 埼玉 2,414 29 奈良 471
6 千葉 2,180 30 滋賀 457
7 北海道 2,019 31 岩手 453
8 兵庫 2,011 32 沖縄 436
9 福岡 1,853 33 石川 422
10 静岡 1,274 34 大分 416
11 茨城 1,095 35 富山 405
12 広島 947 36 宮崎 404
13 新潟 894 37 秋田 392
14 京都 884 38 山形 387
15 宮城 865 39 和歌山 383
16 福島 777 40 香川 330
17 群馬 775 41 山梨 310
18 岐阜 696 42 福井 286
19 栃木 690 43 佐賀 275
20 岡山 689 44 徳島 274
21 長野 667 45 高知 260
22 三重 657 46 島根 247
23 鹿児島 581 47 鳥取 217
日本ゴミ排出量

【エコクリーン】とは

エコクリーンは全国にネットワークを持っており、日本全国で対応可能です! どんなご相談でも請け賜ります!

エコクリーンは、東京・名古屋・大阪・福岡など主要都市はもちろんのこと、 全国にネットワークを持っており日本全国対応可能です。 お陰様で日本全国のお客様より、日々たくさんのお問合せをいただいており、ご依頼いただいております。 今までさまざまな不要品回収に関わるご依頼を請け賜って参りました。 ご家庭で出た不用品の処分、お引越しの際に出た不要なお品物のお引き取りから、ご遺品の整理、 ゴミ屋敷のお掃除お片づけ、オフィスや店舗の移転に伴う大掛かりなものまで、 お客様のニーズに合わせた不用品回収を適正価格で行っております。 当社に登録のある適切な不要品業者をご紹介させて頂いておりますので安心してご相談ください。

エコクリーンからのご紹介特典として、「出張料無料」「お見積無料」「当社でのキャンペーン」を適用させて頂いております。 ※キャンペーン内容につきましては時期により変更する場合がございます。

ECOクリーンのウェブサイトを経由してお問合せを頂いたお客様限定の特典となっておりますので是非お気軽にご相談ください。 まずは現地を拝見させていただき現場状況を確認してからお見積金額をご提示しており、 ご納得頂きましたら正式に作業をご依頼ください。

エコクリーンではしつこい押売り営業等は一切しておりません。 ご依頼頂くかどうかはお客様のご判断にお任せしていますので、ご納得いくまでご検討ください。 また、ご質問やご要望なども当日お伺いする現地スタッフに遠慮無く何なりとお申し付けください。

尚、お見積からご契約、施工につきましては、各紹介した業者とお客様で直接結んで頂いております。 お見積書、領収書などをご希望のお客様は、直接各紹介した業者にお問合せ下さい。

またエコクリーンでは、インターネット広告、コールセンター、ウェブサイト運営を行う会社となり、 適切な業者をお客様にご紹介させていただいております。

エコクリーンのコールセンターでは365日24時間体制でお客様からのお問合せをお待ちしております。 事前に確認したいことがある等のお問合せからご日程についてのお問合せまで何でも請け賜ります。 事前のお見積もりは無料でございます!まずはお気軽にお電話ください。 たくさんのお客様よりお問合せをお待ちしております。

不用品回収業界最安値

【2018年11月12日 16時54分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。